menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も

    Page:
  • 1
  • 2

展覧会「フェルメール展」が、2019年5月12日(日)まで大阪市立美術館にて開催される。また、4月27日(土)から5月12日(土)までの期間は、開館時間を1時間早め、朝8:30より開館する。

西日本過去最大規模、フェルメール作品が一堂に集結

ヨハネス・フェルメール《手紙を書く女》1665年頃
ワシントン・ナショナル・ギャラリー National Gallery of Art, Washington, Gift of Harry Waldron Havemeyer and Horace Havemeyer, Jr., in memory of their father, Horace Havemeyer, 1962.10.1
ヨハネス・フェルメール《手紙を書く女》1665年頃
ワシントン・ナショナル・ギャラリー National Gallery of Art, Washington, Gift of Harry Waldron Havemeyer and Horace Havemeyer, Jr., in memory of their father, Horace Havemeyer, 1962.10.1

「フェルメール展」は、オランダ絵画黄金時代の巨匠で“光の魔術師”とも称される、ヨハネス・フェルメールの作品が日本美術展史上最多点数集まる展覧会。寡作の画家として知られるフェルメールの現存作品はわずか35点ともいわれている中で、大阪展には、西日本過去最大規模となる、日本初公開作品を含む6点のフェルメール作品を展示する。

大阪展のみで展示される作品

部屋の手前から中を覗き込むようにして描かれた《恋文》は、大阪展のみで展示される注目作品。手紙を受け取る女主人は楽器を抱え、周りにはスリッパや箒が放り出されている。寓意的に配置されたモチーフが、彼女が恋にうつつを抜かしていることを暗示。2人の人物の表情も細やかに描かれており、物語性と構図の秀逸さが際立つ作品だ。

東京展をレポート

ヤン・ファン・ベイレルト《マタイの召命》1625-1630年頃 カタリナ修道院美術館、ユトレヒト
※東京展の様子
ヤン・ファン・ベイレルト《マタイの召命》1625-1630年頃 カタリナ修道院美術館、ユトレヒト
※東京展の様子

入口から続く広々とした空間には、フェルメール(1632~75年)とほぼ同時代を生きた画家たちが描く作品群約40点が展示されている。

作品として選ばれたのは、ハブリエル・メツーやヘリット・ダウ、ヤン・ステーン、ピーテル・デ・ホーホといった画家達たちが描く肖像画や、宗教画、当時の人々の生活を映し出した風俗画など。時代を感じさせない鮮やかな色彩の絵画からは、その時代を生きた人々の文化や風習を垣間見ることができる。

ヨハネス・フェルメール《マルタとマリアの家のキリスト》1654年-1655年 スコットランド・ナショナルギャラリー、National Galleries of Scotland, Edinburgh Presented by the sons of W A Coats in memory of their father, 1927
※東京展の様子
ヨハネス・フェルメール《マルタとマリアの家のキリスト》1654年-1655年 スコットランド・ナショナルギャラリー、National Galleries of Scotland, Edinburgh Presented by the sons of W A Coats in memory of their father, 1927
※東京展の様子

そして会場の一番奥へと辿り着くと、待ち構えているのが、目玉となる「フェルメール・ルーム」だ。この部屋には、8点のフェルメール作品が集結。初期から晩年にかけてまでの作品群を一堂に集結させた、貴重な展示室となっている。

繊細な光の表現や斬新な構図

※東京展のみ展示
※東京展のみ展示

アムステルダム国立美術館所蔵の《牛乳を注ぐ女》は、女性が牛乳を注ぐのに没頭している、日常の一面を切り取った作品。部屋に差し込む、細かい粒子で構成される光が女性や部屋にある物を照らし、彫像のように立ち尽くす様を陰影や深みのある色彩で描き出している。

ヨハネス・フェルメール《真珠の首飾りの女》1662-1665年頃 ベルリン国立美術館
© Staatliche Museen zu Berlin, Gemäldegalerie / Christoph Schmidt
※東京展のみ展示
ヨハネス・フェルメール《真珠の首飾りの女》1662-1665年頃 ベルリン国立美術館
© Staatliche Museen zu Berlin, Gemäldegalerie / Christoph Schmidt
※東京展のみ展示

《真珠の首飾りの女》は、静かな部屋の中で身支度を整え、真珠の首飾りを結ぼうと鏡に向かう女性を描いた作品。机の上には白粉をはたくブラシや銀色の器が並び、光に照らされる白い壁を中心に据えるなど、斬新な構図から画家の空間表現へのこだわりが感じられる。

日本初公開作品も

ヨハネス・フェルメール《ワイングラス》1661-1662年頃 ベルリン国立美術館
© Staatliche Museen zu Berlin, Gemäldegalerie / Jörg P. Anders
※日本初公開、東京展のみ展示
ヨハネス・フェルメール《ワイングラス》1661-1662年頃 ベルリン国立美術館
© Staatliche Museen zu Berlin, Gemäldegalerie / Jörg P. Anders
※日本初公開、東京展のみ展示

日本初公開となる《ワイングラス》は、ワインを飲む女性と黒い帽子の男性を描いた作品だ。楽譜や古楽器のリュートが置かれた“愛”を暗示する室内に、“節制”を連想させる、馬具を持った女性の柄のステンドグラスと、室内での色恋沙汰を戒める意味合いを、絵画の中のモチーフに持たせている。繊細なタッチと絶妙な配色で、真っ赤な帽子をかぶった女性を印象的に描いた《赤い帽子の娘》もまた日本初公開作品で、東京展のみ12月20日(木)まで展示される。

Photos(40枚)

「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像1 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像2 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像3 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像4 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像5 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像6 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像7 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像8 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像9 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像10 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像11 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像12 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像13 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像14 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像15 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像16 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像17 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像18 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像19 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像20 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像21 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像22 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像23 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像24 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像25 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像26 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像27 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像28 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像29 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像30 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像31 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像32 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像33 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像34 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像35 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像36 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像37 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像38 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像39 「フェルメール展」大阪で、《取り持ち女》など西日本過去最大規模の作品集結&日本初公開作品も 画像40

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

関西の美術館&博物館情報〈大阪・京都・兵庫ほか〉展覧会の開催スケジュール
関西の美術館&博物館情報〈大阪・京都・兵庫ほか〉展覧会の開催スケジュール
南紀白浜「アドベンチャーワールド」7頭のパンダ家族がいる動物園×水族館×遊園地、アクセス方法も
南紀白浜「アドベンチャーワールド」7頭のパンダ家族がいる動物園×水族館×遊園地、アクセス方法も
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品

スケジュール

「古代エジプト展」東京・仙台など全国で - ミイラのCTスキャン結果を世界初公開、棺など200点以上
2021.4.16(金)~2021.6.27(日)
「古代エジプト展」東京・仙台など全国で - ミイラのCTスキャン結果を世界初公開、棺など200点以上
長崎県美術館でまんが雑誌『りぼん』の特別展、『天使なんかじゃない』『ママレード・ボーイ』など16作品
2021.4.16(金)~2021.5.27(木)
長崎県美術館でまんが雑誌『りぼん』の特別展、『天使なんかじゃない』『ママレード・ボーイ』など16作品
特別展「国宝 燕子花図屏風─色彩の誘惑─」根津美術館で - “色彩”からみる屏風ややきもの
2021.4.17(土)~2021.5.16(日)
特別展「国宝 燕子花図屏風─色彩の誘惑─」根津美術館で - “色彩”からみる屏風ややきもの
レオナール・フジタ展がポーラ美術館で - “旅と色彩”に着目、世界中で描かれた“色鮮やかな”絵画
2021.4.17(土)~2021.9.5(日)
レオナール・フジタ展がポーラ美術館で - “旅と色彩”に着目、世界中で描かれた“色鮮やかな”絵画
展覧会「デミタスカップの愉しみ」群馬・東京で - ジャポニスム装飾などの陶磁器約380点
2021.4.17(土)~2021.6.13(日)
展覧会「デミタスカップの愉しみ」群馬・東京で - ジャポニスム装飾などの陶磁器約380点
 スケジュール一覧