menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   アート   >   イベント

「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」新宿で、岡本太郎や猪熊弦一郎などの名作約150点

「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」が東京・新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館にて2018年7月14日(土)から9月9日(日)まで開催される。

クレパス画の名作約150点が集結

岡本太郎 《虫》 制作年不明 38.9×55.4cm サクラアートミュージアム蔵
岡本太郎 《虫》 制作年不明 38.9×55.4cm サクラアートミュージアム蔵

「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」では、クレパス開発と普及に関わった画家・山本鼎や、岡本太郎、梅原龍三郎、小磯良平、熊谷守一、猪熊弦一郎など、100人超の近代画壇の巨匠が描いた、知られざるクレパス画の名作約150点を紹介する。

優秀な画材・クレパス

三岸節子 《花Ⅰ》 1940年頃 37.5×27.8cm サクラアートミュージアム蔵
三岸節子 《花Ⅰ》 1940年頃 37.5×27.8cm サクラアートミュージアム蔵
©MIGISHI

クレヨンとパステルのメリットを生かした画材・クレパスは、画面によく定着し、伸びやかで発色が良いだけでなく、混色や塗り重ね、ひっかくなどの幅広い表現が可能な優れた画材。子供向けのイメージが定着しているが、油絵具の入手が困難だった第二次世界大戦直後の画家達にとっては、独自な絵画表現に使用できる画材として捉えられていた。

岡本太郎や猪熊弦一郎など

岡本太郎 《鳥と太陽》 制作年不明 35.6×25.3cm サクラアートミュージアム蔵
岡本太郎 《鳥と太陽》 制作年不明 35.6×25.3cm サクラアートミュージアム蔵

岡本太郎の《鳥と太陽》は、ダイナミックな鳥と繊細な陰影で描かれた太陽が、シンプルながらもインパクトを残す作品。一方《虫》は、塗り重ねや混色で鮮やかな色彩表現を見せている。

猪熊弦一郎 《顔》 1950年 39.3×27.8cm サクラアートミュージアム蔵
猪熊弦一郎 《顔》 1950年 39.3×27.8cm サクラアートミュージアム蔵
©The MIMOCA Foundation

油彩や水彩とは異なるオリジナリティを油彩に見出していた猪熊弦一郎の《顔》は、女性とバナナを描いた絵画。クレパスならではのこっくりとした発色を巧みに使い、表情豊かに仕上げている。

熊谷守一 《裸婦》 制作年不明 28.6×37.2cm サクラアートミュージアム蔵
熊谷守一 《裸婦》 制作年不明 28.6×37.2cm サクラアートミュージアム蔵

その他、精巧なタッチの山本鼎による風景画《江の浦風景》や、花を優雅に描いた三岸節子の 《花Ⅰ》、熊谷守一の《裸婦》、舟越桂の《習作》など、画家によって異なる多彩なクレパスの表現を見比べながら楽しめる。

クレパス体験コーナーや歴史の紹介

また、クレパス誕生のエピソード、社会背景、歴史の紹介や、懐かしい商品のパッケージ、最多色700色のクレパスなどの展示も行い、クレパスの魅力に迫る。展示室の外にはクレパスを体験できるコーナーを設置し、自由に画用紙に絵を描くこともできる。

詳細

巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―
会期:2018年7月14日(土)~9月9日(日) ※月曜休館(ただし7月16日は開館、翌17日も開館)
会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
住所:東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
料金:一般 1,000(800)円、大学・高校生 700(500)円、65歳以上 800円、中学生以下無料
※()内は前売および20名以上の団体料金
※前売券は4月24日(月)から7月13日(金)まで販売。
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保険福祉手帳を提示の場合、本人とその付添人1名は無料。被爆者健康手帳を提示の場合、本人のみ無料。

【問い合わせ先】
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

Photos(10枚)

「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」新宿で、岡本太郎や猪熊弦一郎などの名作約150点 画像1 「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」新宿で、岡本太郎や猪熊弦一郎などの名作約150点 画像2 「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」新宿で、岡本太郎や猪熊弦一郎などの名作約150点 画像3 「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」新宿で、岡本太郎や猪熊弦一郎などの名作約150点 画像4 「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」新宿で、岡本太郎や猪熊弦一郎などの名作約150点 画像5 「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」新宿で、岡本太郎や猪熊弦一郎などの名作約150点 画像6 「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」新宿で、岡本太郎や猪熊弦一郎などの名作約150点 画像7 「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」新宿で、岡本太郎や猪熊弦一郎などの名作約150点 画像8 「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」新宿で、岡本太郎や猪熊弦一郎などの名作約150点 画像9 「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」新宿で、岡本太郎や猪熊弦一郎などの名作約150点 画像10

Photos(10枚)

「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」新宿で、岡本太郎や猪熊弦一郎などの名作約150点 画像1 「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」新宿で、岡本太郎や猪熊弦一郎などの名作約150点 画像2 「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」新宿で、岡本太郎や猪熊弦一郎などの名作約150点 画像3 「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」新宿で、岡本太郎や猪熊弦一郎などの名作約150点 画像4 「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」新宿で、岡本太郎や猪熊弦一郎などの名作約150点 画像5 「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」新宿で、岡本太郎や猪熊弦一郎などの名作約150点 画像6 「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」新宿で、岡本太郎や猪熊弦一郎などの名作約150点 画像7 「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」新宿で、岡本太郎や猪熊弦一郎などの名作約150点 画像8 「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」新宿で、岡本太郎や猪熊弦一郎などの名作約150点 画像9 「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」新宿で、岡本太郎や猪熊弦一郎などの名作約150点 画像10

関連ニュース

キーワードから探す

ピックアップ

フランス風景画の変遷をたどる展覧会「樹をめぐる物語」新宿で開催 - 樹木をテーマに約110点を展示
2016年4月16日(土)~2016年6月26日(日)開催
フランス風景画の変遷をたどる展覧会「樹をめぐる物語」新宿で開催 - 樹木をテーマに約110点を展示
三鷹の森ジブリ美術館の企画展示「食べるを描く。」ジブリ作品の“食事シーン”の制作資料や場面の再現展示
2017年5月27日(土)~11月4日(日)開催
三鷹の森ジブリ美術館の企画展示「食べるを描く。」ジブリ作品の“食事シーン”の制作資料や場面の再現展示
「ターナー 風景の詩(うた)」展、新宿で開催 - 日本初公開含む120点に見る“光の画家”の真髄
4月24日(火)~7月1日(日)開催
「ターナー 風景の詩(うた)」展、新宿で開催 - 日本初公開含む120点に見る“光の画家”の真髄
映画『億男』佐藤健×高橋一生、『るろ剣』大友啓史監督による“お金”を巡るエンターテインメント
10月19日(金)公開
映画『億男』佐藤健×高橋一生、『るろ剣』大友啓史監督による“お金”を巡るエンターテインメント
東京會舘新本舘が丸の内に - 和とフレンチを融合した鉄板焼店など新レストラン誕生
2019年1月8日(火)オープン
東京會舘新本舘が丸の内に - 和とフレンチを融合した鉄板焼店など新レストラン誕生

スケジュール

「ピエール・ボナール展」が国立新美術館で開催、浮世絵に影響を受けた"色彩の魔術師"が描く絵画や版画
9月26日(水)~12月17日(月)開催
「ピエール・ボナール展」が国立新美術館で開催、浮世絵に影響を受けた"色彩の魔術師"が描く絵画や版画
「息をのむ繊細美 切り絵アート展」茨城・しもだて美術館で、現代作家11人の作品を展示
9月29日(土)~12月16日(日)開催
「息をのむ繊細美 切り絵アート展」茨城・しもだて美術館で、現代作家11人の作品を展示
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ― 光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい ―」
9月30日(日)~2019年3月30日(土)開催
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ― 光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい ―」
「マルセル・デュシャンと日本美術」東京国立博物館で、《泉》などレディメイド作品や資料150余点
10月2日(火)~12月9日(日)開催
「マルセル・デュシャンと日本美術」東京国立博物館で、《泉》などレディメイド作品や資料150余点
「フェルメール展」東京・上野で、《牛乳を注ぐ女》など国内美術展史上最多の作品集結&日本初公開作品も
10月5日(金)~2019年2月3日(日)開催
「フェルメール展」東京・上野で、《牛乳を注ぐ女》など国内美術展史上最多の作品集結&日本初公開作品も
 スケジュール一覧