ホーム > ニュース > グルメ > マリー・アントワネットが着想のスイーツブッフェ第2弾、ヒルトン東京で開催

マリー・アントワネットが着想のスイーツブッフェ第2弾、ヒルトン東京で開催

フランスの王妃マリー・アントワネットの華やかで短い人生を表現するデザートフェア「マリー・アントワネットLa Finale」が、ヒルトン東京の「マーブルラウンジ」にて開催される。期間は、2017年10月1日(日)から10月31日(火)まで。

7月から9月にかけて開催中のデザートフェア「マリー・アントワネットの結婚」。すでに終了日まで予約満席の人気のブッフェが、10月よりテーマを変えてスタート。前回は世界中の女性を魅了するフランスの王妃マリー・アントワネットの結婚をテーマに展開したが、「マリー・アントワネットLa Finale」では、天真爛漫な王妃マリーが、断頭台でその華やかで短い人生の幕を閉じるまでをピンクと黒のコントラストで表現。約30種類のデザートを用意する。

天真爛漫な王妃時代を象徴するピンクのスイーツ

ラウンジ入り口に設置されるバラのアーチをくぐり抜けると漂う甘い香り。そこはマリー・アントワネットとルイ16世の世紀のロイヤル・ウエディングに招かれたかのような、華やかで煌びやかな世界だ。鏡やシャンデリア、ピンク、ブルー、ゴールドのウエディングケーキのほか、マリー・アントワネットのお輿入れをイメージし、プリンセス マリーが結婚の準備をするために揃えた愛らしい靴や扇子などもデザートと共にブッフェ台に飾られる。

また、パステルカラーで彩るバラやベリー、秋のフルーツをふんだんに用いた、愛らしいデコレーションのスイーツも見逃せない。バラの花びらを散りばめたムラング・シャンティ「フランスの薔薇」、ブラックベリーやブルーベリーを乗せたタルト「王妃の宝石箱」などは、天真爛漫な王妃時代を象徴する。

悲劇の王妃の結末を暗示する黒のデザート

対照的に、一面黒の世界で彩られるエリアには、悲劇の王妃の結末を暗示するデザート約10種類が登場。

断頭台や王妃が幽閉されていた塔、黒・ゴールドのデコレーションケーキが並ぶ。ほろ苦いフォンダンショコラの中から、キルシュ香る真っ赤なフランボワーズソースが滴る「黒い玉座」、チョコレートのシューにラズベリーを乗せた「喪帽風ルリジューズ」など、シックな黒と赤のデザートがその世界観を表現する。

詳細

「マリー・アントワネットLa Finale」デザートフェア
会場:「マーブルラウンジ」(ヒルトン東京1F)
住所:東京都新宿区西新宿6-6-2
期間:2017年10月1日(日)~10月31日(火) 14:30~17:30
料金: 1人 3,800円(こども 2,400円)、土・日・祝日 3,920円(こども 2,450円)
※消費税・サービス料別途

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

マリー・アントワネットが着想のスイーツブッフェ第2弾、ヒルトン東京で開催 画像1
マリー・アントワネットが着想のスイーツブッフェ第2弾、ヒルトン東京で開催 画像2
マリー・アントワネットが着想のスイーツブッフェ第2弾、ヒルトン東京で開催 画像3
マリー・アントワネットが着想のスイーツブッフェ第2弾、ヒルトン東京で開催 画像4

ニュースデータ

日時:2017-08-22 11:30