menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   映画   >   トピック

映画『探偵はBARにいる3』大泉洋にインタビュー - 相棒・松田龍平に加え北川景子、志尊淳ら出演

    Page:
  • 1
  • 2

映画『探偵はBARにいる3』が、2017年12月1日(金)より全国ロードショー。

探偵×その相棒、史上最大の危機に

東直己の推理小説「ススキノ探偵シリーズ」を原作とした映画『探偵はBARにいる』。大泉洋が演じる“探偵”と、松田龍平の演じる“相棒”が、アジア最北の歓楽街である札幌・ススキノを舞台に繰り広げる予測不能な探偵映画シリーズだ。

前作『探偵はBARにいる2』より4年を経て実現した今作では、探偵の相棒・高田が持ち込んだ人探しの話からストーリーが始まる。失踪した女子大生を調べているうちに、探偵たちは北川景子演じるモデル事務所の美人オーナー・マリと出会い、彼女に翻弄されるうちに、さらに大きな事件へと巻き込まれていく。

豪華キャスト

大泉洋×松田龍平に加え、北川景子、リリー・フランキー

主人公の大泉洋、相棒の松田龍平、キーパーソンを演じる北川景子に加え、冷酷非道な裏社会の住人・北条役はリリー・フランキー、売春組織に所属する失踪した女子大生役は前田敦子が務めるなど、主要キャストには豪華な俳優陣が揃っている。

志尊淳、これまでのイメージとは一転した“最強の男”

北城の用心棒である波留(はる)役を志尊淳が演じる。『帝一の國』など、最近の公開作やドラマで演じているキャラクターから一転、探偵・高田が思わず弱腰になるほどの強さを持つという“最強の男”として登場する。

大泉洋にインタビュー

大泉洋の出身地でもある北海道が舞台となったシリーズ3作目。本作とどのように向き合っていったのか話を聞いた。

『探偵はBARにいる3』では脚本についても、少し関わられたとお伺いしました。

『探偵はBARにいる3』はオリジナル脚本で、原作にない部分もあって、イチからのモノ作りでした。僕は、主演ということもあり、プロット(話の筋書き)の段階から読ませていただけるので、一番厳しい観客の目線で客観的な感想を僕なりに言わせていただいたという感じ。その中から脚本家やプロデューサーも同意したところは直していったんです。

作品恒例のひどい目に合うシーンへの意見は足しましたか?

さすがにそれはないですね(笑)。そこまでのMじゃないので。でも撮影は大変だろうけど面白いならやるしかないと思うタイプなので、拷問シーンに直して欲しいと言ったことはないですね。今度から直してもらおう(笑)。

他の作品でもこのように脚本に関わられることはあるのでしょうか。

脚本に関わるというか、単純に思ったことや疑問は言わせいただくことが多いです。あくまで一意見として。それでもし作品が良くなるならその方が良いと思うので。

例えば、「僕はこう思うんだけど、どうかな?」という意見に対して、プロデューサーさんも「そちらの方がいいですね」とうなずいてくれれば、作品がより良いものになるでしょうし。違うと思えばそれでも全然構いません。あくまで一意見なんです。

特に、僕にとって探偵シリーズは、ほかの作品とちょっと違うのかなという気はしていて、『探偵はBARにいる3』では、プロデューサーさんと脚本家さんともずいぶんとやり取りをして、完成まで至りました。

どのように違うのでしょうか。

僕の役者としてのステップを大きく1段あげてくれた作品ですから。思い入れはあります。それに北海道で撮るということもあり、勝手に背負っているものがあるような気がしていました。

やっぱり北海道は大泉さんにとって特別ですか。

そうですね。常に北海道がPRできることや、恩返しできることに喜びを感じているとは思います。

これまでのシリーズ作品を経ても少し変わりましたか。

いい意味で大人な物語だなあと。前作はもう少しヤンチャな感じだったし、アクションも多かったですが、『探偵はBARにいる3』はより大人が楽しめる作品になったなあと思いました。探偵の発する言葉にしても年をとってきたからか含蓄がでてきたというか。でも、今までの「探偵」シリーズらしく、笑えるシーンもある。高田とのやりとりも笑えるし、ラストのシーンも……。

ラスト、エンドクレジット後に大事なシーンがありますね。

僕自身も、脚本にあった最後のシーンがなくなっていて、映画を見た時「あれ?最後のシーンってカットされちゃったのかな。」と思いました。実はクレジット表記が終わってからが面白い。あっちゃん(前田敦子)は、試写会のとき最後まで見ないで帰っちゃったらしいんですよね。だから、最後のシーンがあることを知って「えー!そんなシーンあったんですかー!」と言って驚いてました(笑)。

クレジット前に帰りたくなっちゃうんだけど、ぜひ最後まで見てほしいですね。あれは見ないともったいない(笑)。でも、見ずに帰った人たちがその事実を知って、もう一度見に来てもらうというのも嬉しいですね(笑)。

Photos(19枚)

探偵はBARにいる3 画像1 探偵はBARにいる3 画像2 探偵はBARにいる3 画像3 探偵はBARにいる3 画像4 探偵はBARにいる3 画像5 探偵はBARにいる3 画像6 探偵はBARにいる3 画像7 探偵はBARにいる3 画像8 探偵はBARにいる3 画像9 探偵はBARにいる3 画像10 探偵はBARにいる3 画像11 探偵はBARにいる3 画像12 探偵はBARにいる3 画像13 探偵はBARにいる3 画像14 探偵はBARにいる3 画像15 探偵はBARにいる3 画像16 探偵はBARにいる3 画像17 探偵はBARにいる3 画像18 探偵はBARにいる3 画像19

関連ニュース

キーワードから探す

ピックアップ

映画『雪の華』登坂広臣×中条あやみ、中島美嘉の名曲を映画化 - フィンランドが舞台のラブストーリー
2019年2月1日(金)公開
映画『雪の華』登坂広臣×中条あやみ、中島美嘉の名曲を映画化 - フィンランドが舞台のラブストーリー
【映画】2019年の話題作<洋画編>スパイダーマンやスター・ウォーズの新作が登場
【映画】2019年の話題作<洋画編>スパイダーマンやスター・ウォーズの新作が登場
【東京 最新グルメ】ランチ&食べ歩きにおすすめ、日本初レストランやカフェ特集
【東京 最新グルメ】ランチ&食べ歩きにおすすめ、日本初レストランやカフェ特集
【映画】2019年 邦画作品を一挙紹介 - 人気コミックや小説の実写化作など注目作が満載
【映画】2019年 邦画作品を一挙紹介 - 人気コミックや小説の実写化作など注目作が満載
【対談】エディ・レッドメイン×ジュード・ロウ、“はみ出し者”を描くファンタビの魅力とは?
【対談】エディ・レッドメイン×ジュード・ロウ、“はみ出し者”を描くファンタビの魅力とは?

スケジュール

映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』舞台はネット世界、ズートピアの監督が贈る新作ディズニーアニメ
12月21日(金)公開
映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』舞台はネット世界、ズートピアの監督が贈る新作ディズニーアニメ
映画『ニセコイ』中島健人&中条あやみのW主演で実写化
12月21日(金)公開
映画『ニセコイ』中島健人&中条あやみのW主演で実写化
レディー・ガガ初主演、映画『アリー/ スター誕生』ブラッドリー・クーパー監督&出演
12月21日(金)公開
レディー・ガガ初主演、映画『アリー/ スター誕生』ブラッドリー・クーパー監督&出演
ドキュメンタリー映画『バスキア、10代最後のとき』路上生活から天才アーティストになるまでを描く
12月22日(土)公開
ドキュメンタリー映画『バスキア、10代最後のとき』路上生活から天才アーティストになるまでを描く
映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』クウガからジオウまで、平成ライダー集結
12月22日(土)公開
映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』クウガからジオウまで、平成ライダー集結
 スケジュール一覧