ホーム > ニュース > 映画 > 映画『夜に生きる』ベン・アフレック監督&主演 - 禁酒法時代のギャングの生き様、破滅的な愛を描く

映画『夜に生きる』ベン・アフレック監督&主演 - 禁酒法時代のギャングの生き様、破滅的な愛を描く

ベン・アフレック監督による、映画『夜に生きる』が2017年5月20日(土)に公開。

禁酒法時代のギャングとその破滅的な愛

ストーリーの元になっているのは、アメリカのミステリー作家、デニス・ルヘインによるエドガー賞受賞の同名小説。20年代から30年代にかけて禁酒法時代のボストンを舞台に展開する。ひと度地下に潜れば、そこには独特の闇が広がっている、そんな時代を背景に、1人の青年がギャングの世界に足を踏み入れ、運命を狂わすほどの女性に出会う様を描いた。

ベン・アフレックが監督・脚本・主演

監督から主演、脚本までを担当するベン・アフレック。『アルゴ』では作品賞、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』では脚本賞と、それぞれアカデミー賞を受賞。俳優だけではなく監督も、そして、その作風からイーストウッドの流れを感じさせ、実力、評価ともにトップクラスの彼が5年ぶりにメガホンを取る注目の作品が『夜に生きる』だ。

『夜に生きる』では、過去の作品(『ザ・タウン』『ゴーン・ベイビー・ゴーン』)でみられたように、自身の育った街ボストンが舞台となる。

ベン・アフレックの他に、映画『ネオン・デーモン』では主演を演じたエル・ファニングや、モデルとしても活躍するシエナ・ミラーが出演する。

ジョーの運命は大きく揺がす、マフィア&美女との出会い

特別映像では、美女との出会い、権力者同士の抗争による銃撃戦からカーチェイス…といったギャング映画を象徴する場面が描かれている。

ベン・アフレック演じるジョーは、第一次世界大戦に出兵後、人生で従うべきルールがないことを悟り、無法者のように淡々と日々を過ごす。そのうち、ギャングの世界へと足を踏み入れ、レモ・ジローネ扮する、イタリアン・マフィアの首領マソ・ペスカトーレと出会うマソに気に入られたジョーは、知らず知らずのうちに組織の一員へ。

ギャングの愛人・エマ(シエナ・ミラー)、優艶な美女・グラシエラ(ゾーイ・サルダナ)、そしてジョーを阻む警察本部長の娘・ロレッタ(エルファニング)に出会う頃には、ジョーの運命は大きく揺れ動くなることとなる。

『夜に生きる』ストーリー

舞台は禁酒法時代のボストン。野心と度胸さえあれば権力と金を手に入れられる狂騒の時代に厳格な家庭に育ったジョーは、警官幹部である父に反発し、やがてギャングの世界に入りこんでいく。ある日、ジョーは強盗に入った賭博場でエマと出逢い恋仲となるが、彼女は対立組織のボスの娼婦だった...それは裏社会においては絶対に越えてはいけない一線であり、ジョーの運命は大きく狂っていく......。復讐と野心と裏切り、そして悲しくも切ない愛。激動の時代を生き抜こうとするギャングたちの生きざまを描いた犯罪ドラマ。

作品情報

『夜に生きる』(原題:Live By Night)
公開時期:2017年5月5月20日(土) 丸の内ピカデリー 新宿ピカデリー他全国ロードショー
監督・脚本:ベン・アフレック
キャスト:ベン・アフレック、エル・ファニング、クリス・メッシーナ、シエナ・ミラ
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C) 2016 Warner Bros. All Rights Reserved.

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

映画『夜に生きる』ベン・アフレック監督&主演 - 禁酒法時代のギャングの生き様、破滅的な愛を描く 画像1
映画『夜に生きる』ベン・アフレック監督&主演 - 禁酒法時代のギャングの生き様、破滅的な愛を描く 画像2
映画『夜に生きる』ベン・アフレック監督&主演 - 禁酒法時代のギャングの生き様、破滅的な愛を描く 画像3
映画『夜に生きる』ベン・アフレック監督&主演 - 禁酒法時代のギャングの生き様、破滅的な愛を描く 画像4
映画『夜に生きる』ベン・アフレック監督&主演 - 禁酒法時代のギャングの生き様、破滅的な愛を描く 画像5

ニュースデータ

日時:2017-05-18 20:30