menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

W・ヴェンダース製作総指揮、ドキュメンタリー映画『もしも建物が話せたら』建築物の心の声を描く異色作

ヴィム・ヴェンダース製作総指揮のドキュメンタリー映画『もしも建物が話せたら』が、2016年2月20日(土)より、渋谷アップリンクほか全国で順次公開される。

本作は、「もしも建物が話せたら、私たちにどのような言葉を語り掛けるのだろうか」をテーマに、ヴィム・ヴェンダース、ロバート・レッドフォードを含む6人の監督が、思い入れのある建築物の心の声を描きだすオムニバス・ドキュメンタリー。


監督:ヴィム・ヴェンダース
ベルリン・フィルハーモニー(ドイツ・ベルリン)

『リバー・ランズ・スルー・イット』のロバート・レッドフォードは、自身が11歳の時にかかったポリオの予防接種を開発したソーク研究所、製作総指揮のヴィム・ヴェンダースは地元からベルリン・フィルハーモニー、『100,000年後の安全』のマイケル・マドセンは、世界で最も人道的だと言われ、再犯率がヨーロッパで最も低いノルウェーのハルデン刑務所と、名監督6人がそれぞれ思い出の詰まった文化的建物を選択。

それぞれの街で人々との思い出を共有しながら物語を描きだす事で、建物には命が吹き込まれ、一人称で我々に語りかける……。6人の監督の個性が一つに集結した、これまでにない新感覚のドキュメンタリー映画だ。

【作品情報】
『もしも建物が話せたら』
公開日:2016年2月20日(土) 渋谷アップリンクほか全国で順次公開
製作総指揮:ヴィム・ヴェンダース
監督:ヴィム・ヴェンダース、ミハエル・グラウガー、マイケル・マドセン、ロバート・レッドフォード、マルグレート・オリン、カリム・アイノズ
©Wim Wenders

Photos(6枚)

『もしも建物が話せたら』場面カット|写真1 『もしも建物が話せたら』場面カット|写真2 『もしも建物が話せたら』場面カット|写真3 『もしも建物が話せたら』場面カット|写真4 『もしも建物が話せたら』場面カット|写真5 『もしも建物が話せたら』場面カット|写真6

Photos(6枚)

キーワードから探す