fashionpress[ファッションプレス]

fashionpress x fashionpress instagram 検索
menu

fashionpress[ファッションプレス]

share_icon
  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『ARGYLLE/アーガイル』マシュー・ヴォーンの痛快スパイ映画、予測不能のドラマ×アクション

マシュー・ヴォーンが監督を務める映画『ARGYLLE/アーガイル』が、2024年3月1日(金)に全国公開される。

“マシュー・ヴォーン節”全開の痛快スパイ映画

『ARGYLLE/アーガイル』場面カット|写真2

映画『ARGYLLE/アーガイル』は、スピーディーでエッジの効いたアクションとスタイリッシュな世界観、痛快なストーリーで描く“マシュー・ヴォーン節”全開のスパイ映画。『キック・アス』や『キングスマン』シリーズなどで世界中の映画ファンから人気を集めるマシュー・ヴォーンが、鮮やかで予測不能の“超展開”を映し出す。

スパイ小説の世界と現実の境界線が曖昧に?!

物語のカギを握るのは、エージェント・アーガイルが活躍するスパイ小説。派手なフィクションを描く作家エリーのベストセラー『アーガイル』が、なぜか現実のスパイ組織の行動を予言していることが発覚する。愛猫とともに平穏に暮らしていたエリーの生活は一変し、どういうわけか猫アレルギーのスパイ・エイデンと同行することに。空想のはずだった世界とその身を狙われる現実との境界線が曖昧になり始める中、敵の“一歩先”を行くために世界中を駆け巡る。しびれるアクションや大連発するカラフルスモーク、奇天烈に活躍しそうな猫に注目だ。

ヘンリー・カヴィル、ブライス・ダラス・ハワードら出演

『ARGYLLE/アーガイル』場面カット|写真8

エージェントのアーガイル役を演じるのは『マン・オブ・スティール』、『コードネーム U.N.C.L.E.』のヘンリー・カヴィル。また、『ジュラシック・ワールド』シリーズのブライス・ダラス・ハワード、『スリー・ビルボード』のサム・ロックウェルといった俳優陣が集結。『キングスマン』でクレイジーな悪役を演じたサミュエル・L ・ジャクソンや、グラミー賞受賞アーティストのデュア・リパも登場する。

アーガイル…ヘンリー・カヴィル

エリーの書くスパイ小説『アーガイル』に登場するエージェント。

『ARGYLLE/アーガイル』場面カット|写真5

エリー・コンウェイ…ブライス・ダラス・ハワード

人気作家で、ベストセラー小説『アーガイル』を執筆。愛猫アルフィーとともに幸せに暮らしていたが、小説『アーガイル』の内容が現実のスパイ組織の行動を言い当てていることが発覚。

エイダン…サム・ロックウェル

猫アレルギーのスパイ。エリー、アルフィーと列車に乗り合わせ、行動をともにすることに。

『ARGYLLE/アーガイル』場面カット|写真6

ゴールドドレスの女…デュア・リパ

豪快な運転で車も船も操る女…アリアナ・デボーズ

エリーの母…キャサリン・オハラ

アップル オリジナル フィルムズとタッグ

『ARGYLLE/アーガイル』場面カット|写真7

映画『ARGYLLE/アーガイル』に向け、『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』を手がけたアップル オリジナル フィルムズと、マシュー・ヴォーン率いるマーヴ・スタジオがタッグ。脚本は、『ザ・メッセージ』『ワンダーウーマン』のジェイソン・フュークスが手掛ける。

【詳細】
映画『ARGYLLE/アーガイル』
公開日:2024年3月1日(金)
監督:マシュー・ヴォーン
脚本:ジェイソン・フュークス
出演:ヘンリー・カヴィル、ブライス・ダラス・ハワード、サム・ロックウェル、ブライアン・クランストン、キャサリン・オハラ、デュア・リパ、アリアナ・デボーズ、ジョン・シナ、サミュエル・L・ジャクソン
製作:マシュー・ヴォーン、アダム・ボーリング、ジェイソン・フュークス 、デヴィッド・リード
製作総指揮:アダム・フィッシュバック、ジギー・カマサ、カルロス・ペレス、クラウディア・ヴォーン
原題:Argylle

© Universal Pictures

Photos(7枚)

『ARGYLLE/アーガイル』場面カット|写真2 『ARGYLLE/アーガイル』場面カット|写真3 『ARGYLLE/アーガイル』場面カット|写真4 『ARGYLLE/アーガイル』場面カット|写真5 『ARGYLLE/アーガイル』場面カット|写真6 『ARGYLLE/アーガイル』場面カット|写真7 『ARGYLLE/アーガイル』場面カット|写真8

Photos(7枚)

キーワードから探す

関連用語