RICOTTA

リコッタ

ブランドのはじまり

2015年、東京に誕生。

リコッタについて

リコッタ(RICOTTA)は、日本のファッションブランド。ディレクター は鈴木勇夢(ISAMU SUZUKI)が務める。

日本の伝統的な洋服である"袴"の新しい着こなしの提案をしており、日本人の持つ繊細や柔軟な東京スタイルを、世界に発信。

アイテムは、日本ならではの染色技術や生地を使い、MADA IN JAPANに徹底的こだわった洋服作りをしている。

リコッタのロゴの中央にある2種の○は、アルファベットの《o》であると同時に、日本伝統の『気(エネルギー)』を溜めて、放出するイメージに由来している。空手の呼吸法も大きく円を描くことで、気をコントロールする。そのような日本の力をモダンかつ、インターナショナルな形にしたのがリコッタのロゴである。

一部の商品は、日本語で名付ける事でそのイメージを強調している。形も日本の袴スタイルをイメージ。ただ、様々なスタイルとコーディネートしてもモダンに着られる様、細部まで形にこだわっているため、きまった形でなく、スーツスタイルやHIPHOPスタイルなど着る人が自由な発想でコーディネートすることができる。

■セカンドラインについて
リコ トウキョウ(RICO TOKYO)は、リコッタのセカンドライン。ディレクターは中村友洋(D-CORD)(TOMOHIRO NAKAMURA)が務める。リコッタの代表的デザインであるマキパン(MAKIPAN)をデイリーユースとして着こなせように、クリーンでシンプルな大人に向けたライン。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.ricotta-japan.com/

Data - リコッタの関連データ

用語: セカンドライン

ブランド・デザイナー紹介