petite robe noire

プティローブノアー

ブランドのはじまり

ジュエリーデザイナーの阿部 好世(Yoshiyo Abe)が2005年にオンラインショップ「petiterobenoire.com」をスタート。

プティローブノアーについて

petite robe noire(プティローブノアー)は日本のジュエリーブランド。女性を美しく包み、装飾品の魅力を最も引き立たせる黒のシンプルなドレス(=petite robe noire)をイメージしながらつくったコスチュームジュエリーを展開している。

熟練した日本の職人の技術を多く取り入れることで、「失われつつある制作技法」の継承に関わりたいというデザイナーの想いから、ひとつひとつのジュエリーは、手作業による丁寧な製作工程にこだわってつくられている。

デザイナーの阿部は、1980年、新潟県小千谷市生まれ。1999年に単身渡米。2001年に帰国後、アパレルブランドにてPRを担当。

2005年6月、アンティーク&ヴィンテージコスチュームジュエリーのオンラインショップ「petiterobenoire.com」を立ち上げる。

2007年12月に直営店「petite robe noire」を恵比寿にオープン。同時にウェディングのラインもスタート。

2008年10月、日本の職人と共に、昔ながらの技法でつくられたpetite robe noireのアクセサリー1st Collectionを発表。

2009年、株式会社 P.R.N.Japon として法人を設立。同年10月、パリの展示会への出展がスタート。オーガニック素材のみでつくる「香り」のラインもスタート。

2010年6月、ウェディング専用のスペースを恵比寿にオープン。

2010年10月、革を熟知した馬具職人とつくるレザーバッグのラインをスタート。

2012年4月、2店目の直営店「petite robe noire BOUTIQUE」を恵比寿にオープン。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.petiterobenoire.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

プティローブノアー取り扱い店舗

Data - プティローブノアーの関連データ

用語: アンティーク ヴィンテージ ブランド: ヴィンテージ

ブランド・デザイナー紹介