MOYNAT

モワナ

ブランドのはじまり

1849年にフランスにて創業。

モワナについて

モワナ(MOYNAT)は、フランスパリの老舗トランクメーカー。フランスでもっとも歴史の古いメーカー。バッグも展開している。

サヴォワ出身のポーリーヌ・モワナとパリでトランク製造のビジネスを手掛けていたクーラビエ兄弟が1849年に創業。

記念すべき第一号店は、パリ、オペラ通り(Avenue del'Opéra)の1番地にオープン。1854年には初めてウォータープルーフのトランクを発表。1867年にパリで開催された万国博覧会に出展し大成功を収める。

1880年頃に初のウィメンズハンドバッグコレクションを発表。女性の旅行への近代的アプローチのパイオニアとなった。その後、シルエットに一枚の革を使ったリバーシブルのバッグに4つのハンドルがついた「クワトロ」、イギリスのトランクにインスパイアされたレトロな「カボタン」、そして代表的なデザインのカーブを取り入れた新しい「リムジンコレクション」を発表。

1910年には破損しない軽量トランクを発表。旅行愛好家の間で瞬く間に大流行。1925年に発表されたモワナの赤いレザートランクは、アール・デコの時代の到来の幕開となった。

その後、ブランドは休止するが、LVMHのCEO ベルナール・アルノーが個人オーナーとして蘇らせる。2011年の12月、パリに旗艦店をオープン。重厚な落ち着いた雰囲気のなかに本物のラグジュアリーが揃う。

現在のモワナはモダンさと古き良き伝統が融合したアイテムを展開。クリエイティブディレクターのラメッシュ・ナイールが、ラグジュアリーなトラベルグッズブランドのバッグやトランクの魅力的なデザインにさらに磨きをかけている。

ラメッシュ・ナイール (Remesh Nair)。インド人デザイナーのラメッシュ・ナイールは、インドのデリーとニューヨークの両方でデザインを学ぶ。FIT(ニューヨーク州立ファッション工科大学)卒業。ヨウジヤマモトからキャリアをスタート。自身のブランド、レイン(Rain)をインドにて立ち上げる。クリスチャン ラクロワで働いた後、1990年代始めから、エルメスのシニアデザイナーとして活躍。マルタン マンジェラとジャンポール・ゴルチエに従事し、レザーに関わる技術の全てのスキルを磨く。2010年、モワナのアーティスティックディレクターとして就任し、ブランドを甦らせる。

[ 続きを読む ]

ブランド・デザイナー紹介