Few.

フュー

ブランドのはじまり

2004年、遠藤英一がフューをスタート。現在はブランドの活動を休止している可能性が高い。

フューについて

「フュー(Few.)」は日本のストリートブランド。2004年に、デビロックにいた遠藤英一(Eichi Endo)が渋谷でブランドをスタートする。

特にシーズンごとにテーマを設けず、ヴィンテージやワークといった要素を独自に解釈した提案をしている。

2005年、中目黒に直営店Outputをオープン。

2008年、フランスの老舗ブランド「ルミノア(Le minor)」とコラボレーションアイテムを発表。ルミノアの定番でもあるボーダーのカットソーを、フューらしいユニークなパターンで再構築。

[ 続きを読む ]

Data - フューの関連データ

用語: カットソー パターン ヴィンテージ ブランド: デビロック ルミノア ヴィンテージ

ブランド・デザイナー紹介