Julien Macdonald

ジュリアン マクドナルド

ブランドのはじまり

1996年、ジュリアン マクドナルドが自身の名を冠して設立したブランドを設立。また元ジバンシィのデザイナー。

ジュリアン マクドナルドについて

ジュリアン マクドナルド(Julien Macdonal)は1972年英国、南ウェールズ生まれ。ブライトン大学を経て、96年、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートのニットウェアデザイン科を卒業(王立芸術大学院)卒業。学生時代にコージ タツノで働く。

卒業コレクションがカール ラガーフェルドの目に留まり、以来、シャネルのプレタポルテとオートクチュールのアシスタントを務めた。その他、カール ラガーフェルドのニットウェアのデザインを担当。

96年、自身のブランド、ジュリアン マクドナルドを設立。この時期、トーマス ワイルドがパートナーとして、コレクションの共同デザイン、ファッションショーのプロデュース、バイヤーへのセールス、セレブリティのコーディネートなどを担当していた。

97-98年A/Wコレクションよりロンドン・ファッション・ウイーク参加。2000年、ブリティッシュ・エアウェイズのユニフォームデザインを担当。

2001年ジバンシィのデザイナーに抜擢される。2001年A/Wオートクチュールでスタート。初のコレクションでユベール・ド・ジバンシィとオードリー・ヘップバーンの頃のジバンシィを回想するようなショーを開催。かつての名作を再現したコレクションだった。

ジュリアン マクドナルドはジバンシィのレディスのプレタポルテとオートクチュール、アクセサリーのデザインを担当。2004年まで担当する。

現在は自身のブランドに注力して活動している。

[ 続きを読む ]

ブランド・デザイナー紹介