menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. グルメ   /  
  4. トピック

洋館デザートカフェ京都・長楽館に“天然の花まるごと”「花茶」アフタヌーンティープランも

京都・デザートカフェ長楽館は、“天然の花をまるごと味わう”「花茶フェア」を2022年7月1日(金)から9月30日(金)まで開催する。

クラシックな洋館デザートカフェで「花茶フェア」

洋館デザートカフェ京都・長楽館に“天然の花まるごと”「花茶」アフタヌーンティープランも|写真5

デザートカフェ長楽館は、かつて迎賓館として使用されていたこともあるクラシックな洋館で、デザートやアフタヌーンティーが楽しめるスポット。京都のモダン建築の一つと数えられる趣のある空間・造りがそのまま活かされた店内では、ワンランク上のティータイムを楽しむことが可能だ。

“天然の花をまるごと”「花薬茶」

洋館デザートカフェ京都・長楽館に“天然の花まるごと”「花茶」アフタヌーンティープランも|写真3

そんなデザートカフェ長楽館では、夏の季節に合わせて「花茶フェア」を開催。期間中、アフタヌーンティーや、フレンチ ル シェーヌのランチ・ディナーをオーダーすると、中国花茶「花薬茶(ファヨウチャ)」がセレクトできるように。

洋館デザートカフェ京都・長楽館に“天然の花まるごと”「花茶」アフタヌーンティープランも|写真2

この「花薬茶(ファヨウチャ)」とは、“天然の花をまるごと”活かした中国茶のこと。花びらや茎のみでなく、つぼみまでまるごと煎じるため、天然の花そのものを味わうことができる。

洋館デザートカフェ京都・長楽館に“天然の花まるごと”「花茶」アフタヌーンティープランも|写真4

フレーバーは「カレンデュラ(キンセンカ)」「カーネーション」「コンギク」の3種を用意。天然の花の香りがリラックス効果をもたらして、心地よいティータイムを演出してくれそうだ。

【詳細】
デザートカフェ長楽館「花茶フェア」
開催期間:2022年7月1日(金)~9月30日(金)
※7月26日(火)~28日(木)・8月23日(火)・24日(水)・9月14日(水)は全館休館。
住所:京都市東山区八坂鳥居前東入円山町604

■花薬茶アフタヌーンティー 1名 5,100円
※通常アフタヌーンティー 4,500円+オプション料金 600円
営業時間:11:00~18:30(18:00L.O.)
12:00~14:00、12:30~14:30、15:00~17:00、15:30~17:30<各2時間制>
■長楽館「フレンチ ル シェーヌ」
ランチコース 8,800円・22,000円、ディナーコース 16,500円・22,000円
※全コース食後のドリンクとして、コーヒー・紅茶・花茶を選択可。
営業時間:ランチ 11:30〜15:30(14:00最終来店時間) / ディナー 17:30〜22:00(19:30最終来店時間)

※料金は別途サービス料10%。
※写真は一例。食材の入荷状況により変更の可能性あり。
※食材の入荷状況により、提供時期が予告無く変更となる場合あり。
※アフタヌーンティーの営業時間は予約状況により変更の可能性あり。
※最新の営業時間・休業日はホームページを確認。

Photos(9枚)

洋館デザートカフェ京都・長楽館に“天然の花まるごと”「花茶」アフタヌーンティープランも|写真1 洋館デザートカフェ京都・長楽館に“天然の花まるごと”「花茶」アフタヌーンティープランも|写真2 洋館デザートカフェ京都・長楽館に“天然の花まるごと”「花茶」アフタヌーンティープランも|写真3 洋館デザートカフェ京都・長楽館に“天然の花まるごと”「花茶」アフタヌーンティープランも|写真4 洋館デザートカフェ京都・長楽館に“天然の花まるごと”「花茶」アフタヌーンティープランも|写真5 洋館デザートカフェ京都・長楽館に“天然の花まるごと”「花茶」アフタヌーンティープランも|写真6 洋館デザートカフェ京都・長楽館に“天然の花まるごと”「花茶」アフタヌーンティープランも|写真7 洋館デザートカフェ京都・長楽館に“天然の花まるごと”「花茶」アフタヌーンティープランも|写真8 洋館デザートカフェ京都・長楽館に“天然の花まるごと”「花茶」アフタヌーンティープランも|写真9

Photos(9枚)

キーワードから探す

関連ショップ・スポット