menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. グルメ   /  
  4. トピック

コーヒー専門店「フラッシュコーヒー」国内2号店東京・大手町にオープン、新作ピンクベリーモカも

シンガポール発のコーヒー専門店「フラッシュコーヒー(Flash Coffee)」は、国内2店舗目となる「フラッシュコーヒー オーテモリ(FLASH COFFEE OOTEMORI)」を、東京・大手町の「オーテモリ(OOTEMORI)」地下2階にオープンする。

「フラッシュコーヒー」国内2店舗目が東京・大手町に

コーヒー専門店「フラッシュコーヒー」国内2号店東京・大手町にオープン、新作ピンクベリーモカも|写真1

「フラッシュコーヒー」は、シンガポールをはじめインドネシア、タイ、台湾、香港、韓国を中心に200店舗以上を展開するグローバルコーヒーチェーンストア。モバイルアプリ上で注文・カスタマイズ・支払が可能な"グラブ・アンド・ゴー(Grab & Go)"というシステムを導入しているため、待ち時間なくドリンクを受け取ることができるのも特徴だ。

コーヒー専門店「フラッシュコーヒー」国内2号店東京・大手町にオープン、新作ピンクベリーモカも|写真2

看板メニューであるコーヒーは、受賞歴のあるバリスタが監修。高品質なアラビカ種コーヒー豆を使用したドリンクを、手軽な価格で楽しむことが可能だ。2021年には東京・表参道にて日本初上陸を果たし、連日人気を博している。

コーヒー専門店「フラッシュコーヒー」国内2号店東京・大手町にオープン、新作ピンクベリーモカも|写真3

そんなフラッシュコーヒーが、2店舗目となる「フラッシュコーヒー オーテモリ」をオープン。店内は、フラッシュコーヒーのブランドカラーであるイエローを基調に、ビビッドなピンクカラーが目を惹くデザインを採用した。広々とした明るい店内で、こだわりのコーヒーを味わうことができる。

新作ドリンク「ピンクベリーモカ」も

「ピンクベリーモカ」S 490円/R 550円
「ピンクベリーモカ」S 490円/R 550円

また4月1日(金)から、オーテモリ店、表参道店で新作のシーズナルドリンク「ピンクベリーモカ」を期間限定で発売。クリーミーな味わいのホワイトモカをベースに、甘酸っぱいラズベリーシロップをミックス。仕上げにピンクカラーのストロベリーフレーク、桜フレーク、抹茶パウダーを飾った、見た目も華やかなドリンクとなっている。

【詳細】
「フラッシュコーヒー オーテモリ」
オープン日:2022年3月25日(金)
所在地:東京都千代田区大手町1-5-5 大手町タワー オーテモリ 地下2階
TEL:03-5843-2988
営業時間:平日 7:00~20:00、土日祝 11:00~18:30
定休日:年中無休(年末年始を除く)

<メニュー例>
シーズナルドリンク「ピンクベリーモカ」
販売期間:2022年4月1日(金)~6月30日(木)
価格:S 490円/R 550円(アイス/ホット)

Photos(6枚)

コーヒー専門店「フラッシュコーヒー」国内2号店東京・大手町にオープン、新作ピンクベリーモカも|写真1 コーヒー専門店「フラッシュコーヒー」国内2号店東京・大手町にオープン、新作ピンクベリーモカも|写真2 コーヒー専門店「フラッシュコーヒー」国内2号店東京・大手町にオープン、新作ピンクベリーモカも|写真3 コーヒー専門店「フラッシュコーヒー」国内2号店東京・大手町にオープン、新作ピンクベリーモカも|写真4 コーヒー専門店「フラッシュコーヒー」国内2号店東京・大手町にオープン、新作ピンクベリーモカも|写真5 コーヒー専門店「フラッシュコーヒー」国内2号店東京・大手町にオープン、新作ピンクベリーモカも|写真6

Photos(6枚)

キーワードから探す