menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

ウィリアム・モリス展が奈良県立美術館で - デザイン作品などからたどる“モダン・デザインの父”の軌跡

特別展「ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡」が、奈良県立美術館にて、2021年6月26日(土)から8月29日(日)まで開催される。

ウィリアム・モリスの軌跡をたどる

《いちご泥棒》デザイン:ウィリアム・モリス 1883年
Photo ©︎Brain Trust Inc.
《いちご泥棒》デザイン:ウィリアム・モリス 1883年
Photo ©︎Brain Trust Inc.

19世紀のイギリスで、芸術家、詩人、作家、思想家、社会運動家などとして、幅広く活躍したウィリアム・モリス。芸術と生活の統一を目指してモダン・デザインを提唱したアーツ・アンド・クラフツ運動を先導し、“モダン・デザインの父”としても知られている。

《柘榴あるいは果実》デザイン:ウィリアム・モリス 1866年頃
Photo ©︎Brain Trust Inc.
《柘榴あるいは果実》デザイン:ウィリアム・モリス 1866年頃
Photo ©︎Brain Trust Inc.

特別展「ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡」では、モリスや彼の仲間によるデザイン・工芸作品80点に加えて、写真家・織作峰子がモリスにゆかりのある風景を撮影した作品を展示し、その時々の環境とともにデザイナーとしてのモリスの足跡をたどる。

ウィリアム・モリスの活動の足跡を紹介

《るりはこべ》デザイン:ウィリアム・モリス 1876年
Photo ©︎Brain Trust Inc.
《るりはこべ》デザイン:ウィリアム・モリス 1876年
Photo ©︎Brain Trust Inc.

本展は、これまで光をあてられることが少なかったモリスの幼少期や学生時代に始まり、晩年に至るまでの、デザイナーとしてのモリスの生涯をひもとく展覧会だ。本格的に装飾芸術を取り組むようになった初期に手がけられた《柘榴あるいは果実》や、モチーフを反復させるデザインに磨きをかけた《るりはこべ》、色鮮やかな《いちご泥棒》といったデザイン作品とともに、その軌跡を紹介する。

同時代のデザイン作品

《卓上ランプ》デザイン:ウィリアム・アーサー・スミス・ベンソン ランプシェード:ジェームズ・パウエル 20世紀初頭
Photo ©︎Brain Trust Inc.
《卓上ランプ》デザイン:ウィリアム・アーサー・スミス・ベンソン ランプシェード:ジェームズ・パウエル 20世紀初頭
Photo ©︎Brain Trust Inc.

1887年には、モリスの芸術思想と実践の影響のもと、アーツ・アンド・クラフツ展覧会協会が設立されるなど、モダン・デザインにおけるモリスの重要性がより高まることとなる。会場では、ウィリアム・アーサー・スミス・ベンソンがデザインを手がけた《卓上ランプ》など、モリスの仲間による作品も目にすることができる。

晩年に手がけた書物

ウィリアム・モリス著『世界のかなたの森』ウィリアム・モリス 1894年
Photo ©︎Brain Trust Inc.
ウィリアム・モリス著『世界のかなたの森』ウィリアム・モリス 1894年
Photo ©︎Brain Trust Inc.

晩年のモリスが情熱を注いだのが書物芸術であった。1891年には私家版印刷工房を設立し、活字・用紙・挿絵・装幀にこだわりぬいて理想の書物を追究した。本展では、モリス自身が書いたファンタジー小説である『世界のかなたの森』なども展示する。

展覧会概要

特別展「ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡」
会期:2021年6月26日(土)~8月29日(日)
会場:奈良県立美術館
住所:奈良県奈良市登大路町10-6
開館時間:9:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(8月9日(月・振替休日)は開館)、8月10日(火)
観覧料:一般 1,200円、大・高生 1,000円、中・小生 800円
※団体料金の設定はなし
※身体障がい者手帳・療養手帳・精神障がい者保健福祉手帳の所持者と介助者1人、外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイドは無料

【問い合わせ先】
奈良県立美術館
TEL:0742-23-3968

Photos(6枚)

ウィリアム・モリス展が奈良県立美術館で - デザイン作品などからたどる“モダン・デザインの父”の軌跡|写真1 ウィリアム・モリス展が奈良県立美術館で - デザイン作品などからたどる“モダン・デザインの父”の軌跡|写真2 ウィリアム・モリス展が奈良県立美術館で - デザイン作品などからたどる“モダン・デザインの父”の軌跡|写真3 ウィリアム・モリス展が奈良県立美術館で - デザイン作品などからたどる“モダン・デザインの父”の軌跡|写真4 ウィリアム・モリス展が奈良県立美術館で - デザイン作品などからたどる“モダン・デザインの父”の軌跡|写真5 ウィリアム・モリス展が奈良県立美術館で - デザイン作品などからたどる“モダン・デザインの父”の軌跡|写真6

Photos(6枚)

ウィリアム・モリス展が奈良県立美術館で - デザイン作品などからたどる“モダン・デザインの父”の軌跡|写真1 ウィリアム・モリス展が奈良県立美術館で - デザイン作品などからたどる“モダン・デザインの父”の軌跡|写真2 ウィリアム・モリス展が奈良県立美術館で - デザイン作品などからたどる“モダン・デザインの父”の軌跡|写真3 ウィリアム・モリス展が奈良県立美術館で - デザイン作品などからたどる“モダン・デザインの父”の軌跡|写真4 ウィリアム・モリス展が奈良県立美術館で - デザイン作品などからたどる“モダン・デザインの父”の軌跡|写真5 ウィリアム・モリス展が奈良県立美術館で - デザイン作品などからたどる“モダン・デザインの父”の軌跡|写真6

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

第14回恵比寿映像祭が東京都写真美術館ほかで -「スペクタクル後」をテーマに現代の映像表現を紹介
2022.2.4(金)~2022.2.20(日) 開催予定
第14回恵比寿映像祭が東京都写真美術館ほかで -「スペクタクル後」をテーマに現代の映像表現を紹介
「楳図かずお大美術展」東京シティビューで開催、『漂流教室』など代表作&27年ぶり101点構成の新作
2022.1.28(金)~2022.3.25(金)
「楳図かずお大美術展」東京シティビューで開催、『漂流教室』など代表作&27年ぶり101点構成の新作
立川・プレイ ミュージアムで「どうぶつかいぎ展」8人の芸術家が絵本『動物会議』を現代に“再解釈”
2022.2.5(土)~2022.4.10(日) 開催予定
立川・プレイ ミュージアムで「どうぶつかいぎ展」8人の芸術家が絵本『動物会議』を現代に“再解釈”
「山口勝弘展」神奈川県立近代美術館 鎌倉別館で -『日記』に着目し、活動の展開や戦後美術の動向を紹介
2022.2.12(土)~2022.4.17(日) 開催予定
「山口勝弘展」神奈川県立近代美術館 鎌倉別館で -『日記』に着目し、活動の展開や戦後美術の動向を紹介
弘前れんが倉庫美術館「あらためまして、こんにちは!」奈良美智ら7人が出品、弘前ならではの所蔵作品を紹介
2022.2.11(金)~2022.3.21(月) 開催予定
弘前れんが倉庫美術館「あらためまして、こんにちは!」奈良美智ら7人が出品、弘前ならではの所蔵作品を紹介

スケジュール

堀清英の写真展が銀座シャネル・ネクサス・ホールで、アレン・ギンズバーグ着想の作品や初公開の新作など
2022.1.19(水)~2022.2.20(日)
堀清英の写真展が銀座シャネル・ネクサス・ホールで、アレン・ギンズバーグ着想の作品や初公開の新作など
企画展「シンガポール・スタイル1850-1950」福岡で、東南アジアで開花したファッションの変遷
2022.1.19(水)~2022.3.27(日)
企画展「シンガポール・スタイル1850-1950」福岡で、東南アジアで開花したファッションの変遷
展覧会「THE HEROES ⼑剣×浮世絵」東京ほかで、ボストン美術館所蔵の武者絵&名⼑を一挙公開
2022.1.21(金)~2022.3.25(金)
展覧会「THE HEROES ⼑剣×浮世絵」東京ほかで、ボストン美術館所蔵の武者絵&名⼑を一挙公開
「ムーミンコミックス展」長崎県美術館で、トーベ・ヤンソンのスケッチや弟ラルスの原画など約280点
2022.1.21(金)~2022.3.27(日)
「ムーミンコミックス展」長崎県美術館で、トーベ・ヤンソンのスケッチや弟ラルスの原画など約280点
企画展「ミニマル/コンセプチュアル」愛知県美術館で、60-70年代の美術動向を18作家の活動から紹介
2022.1.22(土)~2022.3.13(日)
企画展「ミニマル/コンセプチュアル」愛知県美術館で、60-70年代の美術動向を18作家の活動から紹介
 スケジュール一覧