menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点

企画展「トライアローグ 横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション」が、2021年11月20日(土)から2022年1月16日(日)まで富山県美術館にて開催される。

20世紀西洋美術史をたどる

ルネ・マグリット《王様の美術館》1966年 油彩、カンヴァス 横浜美術館
ルネ・マグリット《王様の美術館》1966年 油彩、カンヴァス 横浜美術館

「トライアローグ 横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション」は、横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館の所蔵作品を組み合わせ、20世紀西洋美術の歴史をたどる展覧会だ。

アルベルト・ジャコメッティ《裸婦立像》1950年頃 富山県美術館蔵
アルベルト・ジャコメッティ《裸婦立像》1950年頃 富山県美術館蔵

会場では、3館のコレクションからピカソ、ダリ、マグリット、ポロック、ベーコン、リヒターなどおよそ60の作家の作品を厳選し、絵画を中心に写真や彫刻など約120点を展示。20世紀の西洋美術を3つの時期に区切り、その流れを一望する。

20世紀美術の幕開け

パウル・クレー《蛾の踊り》1923年 油彩転写・鉛筆・水彩、紙 愛知県美術館
パウル・クレー《蛾の踊り》1923年 油彩転写・鉛筆・水彩、紙 愛知県美術館

西洋美術の20世紀は、美術の概念や価値基準を揺さぶる多様な前衛美術運動の登場に始まる。展覧会の第1章では、世紀初頭に興ったキュビスムを筆頭に、1910年代前半に誕生した抽象芸術、そして第一次世界大戦前後に勢いづいたダダなどに至る、20世紀最初の30年間を扱う。

なかでも、ピカソが描いた女性像を比較しつつ楽しめるほか、パウル・クレーの《蛾の踊り》やヴァシリィ・カンディンスキーの《網の中の赤》など、ヨーロッパ各地で同時多発的に生まれた抽象絵画の数々も目にすることができる。

美術の転換期

ジャクソン・ポロック《無題》1946年 油彩・エナメル・新聞紙コラージュ、板 富山県美術館
ジャクソン・ポロック《無題》1946年 油彩・エナメル・新聞紙コラージュ、板 富山県美術館

既成の価値観や理性に疑問符を突きつけたダダは、無意識や偶然性を通して人の実像に迫ろうとしたシュルレアリスムへと繋がることとなる。第2章では、シュルレアリスム作品を中心に紹介。ルネ・マグリット《王様の美術館》をはじめ、サルバドール・ダリらの重要作を展示する。

また、第二次世界大戦期には、ヨーロッパからアメリカへと多数の芸術家が亡命。従来のヨーロッパ中心の構図から脱却し、世界各地の美術活動が互いに影響し合う時代に入った。本章では、戦後アメリカを代表する動きである抽象表現主義などを取り上げ、ジャクソン・ポロックの《無題》などの作品を紹介する。

多元化する美術

イヴ・クライン《肖像レリーフ アルマン》1962年原型制作 ブロンズに彩色、板に金箔 愛知県美術館
イヴ・クライン《肖像レリーフ アルマン》1962年原型制作 ブロンズに彩色、板に金箔 愛知県美術館

60年代のアメリカでは、大量生産やマスメディアを主題としたポップアートが隆盛を極める一方、表現要素をそぎ落とすことで鑑賞者の知覚経験をあらわに織り込んでいくミニマルアートが生まれ、表現の意図などに重きを置くコンセプチュアルアートなどへと展開することとなった。

展覧会の第3章では、手法が多様化するのみならず、美術に対する考え方自体が無数に枝分かれする、20世紀後半の芸術の動向を概観。ロバート・ラウシェンバーグやロイ・リキテンスタイン、アンディ・ウォーホルといったポップアートの巨匠の作品をはじめ、身体といった具象的対象を描くフランシス・ベーコンの《横たわる人物》、そして絵具の層を幾重にも重ねるゲルハルト・リヒターの《オランジェリー》などを展示する。

展覧会概要

企画展「トライアローグ 横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション」
会期:2021年11月20日(土)〜2022年1月16日(日)
場所:富山県美術館 2階展示室 2、3、4
住所:富山県富山市木場町3-20
休館日:毎週水曜日、年末年始(12月29日~1月3日)、祝翌日(1月11日)
開館時間:9:30~18:00(入館は17:30まで)
観覧料:前売り一般 700円、当日一般 900円(700円)、大学生 450円(300円)
※高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※一般前売券の販売は、9月27日(月)~11月19日(金)
前売券販売所:富山県美術館、富山県水墨美術館、アーツナビ

■終了した会場
・横浜美術館
会期:2020年11月14日(土)~2021年2月28日(日)
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
・愛知県美術館
会期:2021年4月23日(金)〜6月27日(日)
住所:愛知県名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター 10階

Photos(12枚)

展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真1 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真2 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真3 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真4 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真5 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真6 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真7 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真8 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真9 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真10 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真11 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真12

Photos(12枚)

展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真1 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真2 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真3 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真4 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真5 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真6 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真7 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真8 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真9 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真10 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真11 展覧会「トライアローグ」富山県美術館で - 20世紀西洋美術を一望、ピカソやリヒターら約120点|写真12

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語