menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

展覧会「夢二が愛した日本」竹久夢二美術館で - 夢二作品の“和”に着目、旅人として眺める日本の姿

展覧会「夢二が愛した日本 ─桜さく国のボヘミアン─」が、東京・竹久夢二美術館にて、2020年10月31日(土)から2021年1月31日(日)まで、事前予約制で開催される。

夢二作品の“和”の要素

竹久夢二《加茂の露台 奈良の白壁》大正初期
竹久夢二《加茂の露台 奈良の白壁》大正初期

センチメンタルな独自の画風の美人画を手掛けた、大正ロマンの画家として知られる竹久夢二。日本画や水彩画、油彩画、そして本の挿絵といった夢二の作品には、日本の郷愁と西欧のモダニズムという和と洋の要素が巧みに織りこまれている。

竹久夢二《王春吉報》昭和2年(1927年)
竹久夢二《王春吉報》昭和2年(1927年)

「夢二が愛した日本 ─桜さく国のボヘミアン─」は、そうした夢二作品がもつ“和”の要素に着目する展覧会だ。夢二が手掛けた日本画や水彩画、そして書籍の扉絵や口絵など約200点の作品から、懐かしく、“夢の国”をも思わせる日本の姿を紹介する。

“旅人”として日本を眺める

竹久夢二《TUMABIKI》(『櫻さく嶋 春のかはたれ』口絵) 明治45年(1912年)
竹久夢二《TUMABIKI》(『櫻さく嶋 春のかはたれ』口絵) 明治45年(1912年)

京都の舞妓と奈良の風景を描いた《加茂の露台 奈良の白壁》や、『万葉集』の歌を添えた《寧楽椿市》などに見るように、夢二は日本の伝統に郷愁や愛着を持つ一方で、1つの場に留まらずさすらう旅人に自らを重ねてもいた。本展の展示作品からは、盲目的に日本を懐かしむのではない、夢二独特の批評眼が感じられるだろう。

竹久夢二《水竹居》昭和8年(1933年)
竹久夢二《水竹居》昭和8年(1933年)

もちろん、夢二ならではの美人画の数々も。新春をテーマとした《王春吉報》や、外遊先のベルリンで和服を着せたドイツ人女性をモデルに描いた《水竹居》など、センチメンタルな雰囲気を漂わせる作品を目にすることができる。

展覧会概要

展覧会「夢二が愛した日本 ─桜さく国のボヘミアン─」〈事前予約制〉
会期:2020年10月31日(土)〜2021年1月31日(日)
※オンラインによる事前予約制を導入(電話でも可)
会場:竹久夢二美術館
住所:東京都文京区弥生2-4-2
TEL:03-5689-0462
開館時間:10:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日:月・火曜日(11月3日(火・祝)・23日(月・祝)、1月11日(月・祝)は開館)、11月4(水)、12月28日(月)~1月2日(土)
入館料:一般 1,000円、大・高生 900円、中・小生 500円
※あわせて弥生美術館も観覧可
※予約が埋まっていない場合は当日券あり

Photos(8枚)

展覧会「夢二が愛した日本」竹久夢二美術館で - 夢二作品の“和”に着目、旅人として眺める日本の姿 画像1 展覧会「夢二が愛した日本」竹久夢二美術館で - 夢二作品の“和”に着目、旅人として眺める日本の姿 画像2 展覧会「夢二が愛した日本」竹久夢二美術館で - 夢二作品の“和”に着目、旅人として眺める日本の姿 画像3 展覧会「夢二が愛した日本」竹久夢二美術館で - 夢二作品の“和”に着目、旅人として眺める日本の姿 画像4 展覧会「夢二が愛した日本」竹久夢二美術館で - 夢二作品の“和”に着目、旅人として眺める日本の姿 画像5 展覧会「夢二が愛した日本」竹久夢二美術館で - 夢二作品の“和”に着目、旅人として眺める日本の姿 画像6 展覧会「夢二が愛した日本」竹久夢二美術館で - 夢二作品の“和”に着目、旅人として眺める日本の姿 画像7 展覧会「夢二が愛した日本」竹久夢二美術館で - 夢二作品の“和”に着目、旅人として眺める日本の姿 画像8

Photos(8枚)

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
東京都内のおすすめ展覧会特集 - 美術館・博物館で楽しめるアート作品&開催スケジュール
東京都内のおすすめ展覧会特集 - 美術館・博物館で楽しめるアート作品&開催スケジュール
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
日本美術の展覧会〈東京・京都・大阪ほか〉美術館での開催スケジュール&伊藤若冲の日本画など展示作品も
日本美術の展覧会〈東京・京都・大阪ほか〉美術館での開催スケジュール&伊藤若冲の日本画など展示作品も
“都市と美術”を探る展覧会〈東京の美術館・博物館〉絵画・建築・アニメなど展示作品&開催情報
“都市と美術”を探る展覧会〈東京の美術館・博物館〉絵画・建築・アニメなど展示作品&開催情報

スケジュール

東京・岡本太郎記念館で「対峙する眼」展 - 岡本太郎の絵画の“向かい合ういのち”に焦点
2020.9.30(水)~2021.1.31(日)
東京・岡本太郎記念館で「対峙する眼」展 - 岡本太郎の絵画の“向かい合ういのち”に焦点
東京・サントリー美術館「日本美術の裏の裏」展 - 生活を彩る美の“愉しみ方”、日本画や着物など展示
2020.9.30(水)~2020.11.29(日)
東京・サントリー美術館「日本美術の裏の裏」展 - 生活を彩る美の“愉しみ方”、日本画や着物など展示
文化学園服飾博物館の展覧会「世界の藍」約40カ国の衣装や布から見る“多彩な藍染の世界”
2020.10.2(金)~2020.12.18(金)
文化学園服飾博物館の展覧会「世界の藍」約40カ国の衣装や布から見る“多彩な藍染の世界”
絵本『ねずみくんのチョッキ』初の大規模展覧会が横浜赤レンガ倉庫で、絵本原画やスケッチなど約150点
2020.10.3(土)~2020.11.29(日)
絵本『ねずみくんのチョッキ』初の大規模展覧会が横浜赤レンガ倉庫で、絵本原画やスケッチなど約150点
「没後220年 画遊人・若冲 ─光琳・応挙・蕭白とともに─」岡田美術館で開催
2020.10.4(日)~2021.3.28(日)
「没後220年 画遊人・若冲 ─光琳・応挙・蕭白とともに─」岡田美術館で開催
 スケジュール一覧