menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

展覧会「夢二が愛した日本」竹久夢二美術館で - 夢二作品の“和”に着目、旅人として眺める日本の姿

展覧会「夢二が愛した日本 ─桜さく国のボヘミアン─」が、東京・竹久夢二美術館にて、2020年10月31日(土)から2021年1月31日(日)まで、事前予約制で開催される。

夢二作品の“和”の要素

竹久夢二《加茂の露台 奈良の白壁》大正初期
竹久夢二《加茂の露台 奈良の白壁》大正初期

センチメンタルな独自の画風の美人画を手掛けた、大正ロマンの画家として知られる竹久夢二。日本画や水彩画、油彩画、そして本の挿絵といった夢二の作品には、日本の郷愁と西欧のモダニズムという和と洋の要素が巧みに織りこまれている。

竹久夢二《王春吉報》昭和2年(1927年)
竹久夢二《王春吉報》昭和2年(1927年)

「夢二が愛した日本 ─桜さく国のボヘミアン─」は、そうした夢二作品がもつ“和”の要素に着目する展覧会だ。夢二が手掛けた日本画や水彩画、そして書籍の扉絵や口絵など約200点の作品から、懐かしく、“夢の国”をも思わせる日本の姿を紹介する。

“旅人”として日本を眺める

竹久夢二《TUMABIKI》(『櫻さく嶋 春のかはたれ』口絵) 明治45年(1912年)
竹久夢二《TUMABIKI》(『櫻さく嶋 春のかはたれ』口絵) 明治45年(1912年)

京都の舞妓と奈良の風景を描いた《加茂の露台 奈良の白壁》や、『万葉集』の歌を添えた《寧楽椿市》などに見るように、夢二は日本の伝統に郷愁や愛着を持つ一方で、1つの場に留まらずさすらう旅人に自らを重ねてもいた。本展の展示作品からは、盲目的に日本を懐かしむのではない、夢二独特の批評眼が感じられるだろう。

竹久夢二《水竹居》昭和8年(1933年)
竹久夢二《水竹居》昭和8年(1933年)

もちろん、夢二ならではの美人画の数々も。新春をテーマとした《王春吉報》や、外遊先のベルリンで和服を着せたドイツ人女性をモデルに描いた《水竹居》など、センチメンタルな雰囲気を漂わせる作品を目にすることができる。

展覧会概要

展覧会「夢二が愛した日本 ─桜さく国のボヘミアン─」〈事前予約制〉
会期:2020年10月31日(土)〜2021年1月31日(日)
※オンラインによる事前予約制を導入(電話でも可)
会場:竹久夢二美術館
住所:東京都文京区弥生2-4-2
TEL:03-5689-0462
開館時間:10:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日:月・火曜日(11月3日(火・祝)・23日(月・祝)、1月11日(月・祝)は開館)、11月4(水)、12月28日(月)~1月2日(土)
入館料:一般 1,000円、大・高生 900円、中・小生 500円
※あわせて弥生美術館も観覧可
※予約が埋まっていない場合は当日券あり

Photos(8枚)

展覧会「夢二が愛した日本」竹久夢二美術館で - 夢二作品の“和”に着目、旅人として眺める日本の姿|写真1 展覧会「夢二が愛した日本」竹久夢二美術館で - 夢二作品の“和”に着目、旅人として眺める日本の姿|写真2 展覧会「夢二が愛した日本」竹久夢二美術館で - 夢二作品の“和”に着目、旅人として眺める日本の姿|写真3 展覧会「夢二が愛した日本」竹久夢二美術館で - 夢二作品の“和”に着目、旅人として眺める日本の姿|写真4 展覧会「夢二が愛した日本」竹久夢二美術館で - 夢二作品の“和”に着目、旅人として眺める日本の姿|写真5 展覧会「夢二が愛した日本」竹久夢二美術館で - 夢二作品の“和”に着目、旅人として眺める日本の姿|写真6 展覧会「夢二が愛した日本」竹久夢二美術館で - 夢二作品の“和”に着目、旅人として眺める日本の姿|写真7 展覧会「夢二が愛した日本」竹久夢二美術館で - 夢二作品の“和”に着目、旅人として眺める日本の姿|写真8

Photos(8枚)

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

東京都内人気アフタヌーンティー&スイーツビュッフェ[高級ホテル編]おすすめイベント情報カレンダー
東京都内人気アフタヌーンティー&スイーツビュッフェ[高級ホテル編]おすすめイベント情報カレンダー
展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」東京・宮城・静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画
2021.9.18(土)~2021.11.7(日)
展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」東京・宮城・静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画
「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」富山県美術館で - 代表作の大障壁画全68面を一挙公開
2021.9.18(土)~2021.11.7(日)
「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」富山県美術館で - 代表作の大障壁画全68面を一挙公開
「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介
2021.11.6(土)~2021.12.19(日) 開催予定
「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介
「民藝の100年」東京国立近代美術館で - “日常の美”が潜む道具類など展示、「編集」手法にも着目
2021.10.26(火)~2022.2.13(日)
「民藝の100年」東京国立近代美術館で - “日常の美”が潜む道具類など展示、「編集」手法にも着目

スケジュール

写真家ロベール・ドアノー“パリの音楽”をテーマとした展覧会、美術館「えき」KYOTOで
2021.10.23(土)~2021.12.22(水)
写真家ロベール・ドアノー“パリの音楽”をテーマとした展覧会、美術館「えき」KYOTOで
エナ(ENA)初個展「f_a_c_e」“即日ソールドアウト”気鋭アーティストの作品が六本木に
2021.10.23(土)~2021.10.30(土)
エナ(ENA)初個展「f_a_c_e」“即日ソールドアウト”気鋭アーティストの作品が六本木に
企画展「木島櫻谷」京都・福田美術館&嵯峨嵐山文華館で、約110年ぶり公開の動物画など作品100点以上
2021.10.23(土)~2022.1.10(月)
企画展「木島櫻谷」京都・福田美術館&嵯峨嵐山文華館で、約110年ぶり公開の動物画など作品100点以上
「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察
2021.10.23(土)~2022.1.23(日)
「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察
戦後日本のデザイン運動の先駆け「デザインコミッティー」の展覧会、川崎市岡本太郎美術館で
2021.10.23(土)~2022.1.16(日)
戦後日本のデザイン運動の先駆け「デザインコミッティー」の展覧会、川崎市岡本太郎美術館で
 スケジュール一覧