menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. ファッション   /  
  4. ショップ

ジェイエムウエストン 青山店が新コンセプトブティックとしてリニューアル、Scyeのユニフォーム導入

ジェイエムウエストン(J.M. WESTON) 青山店が、アーティスティック・イメージ&カルチャー・ディレクターのオリヴィエ・サイヤールによる新コンセプトブティックとしてリニューアル。

オリヴィエ・サイヤールの指揮のもと、世界に先駆けたコンセプトショップを

ジェイエムウエストン 青山店が新コンセプトブティックとしてリニューアル、Scyeのユニフォーム導入|写真3

ジェイエムウエストンが、青山・骨董通りに初上陸したのは四半世紀前。これまで、日本のファッションの最先端をいく青山という土地で、エレガントなシューズを変わらず展開してきた。その歴史の新たな1ページとなる青山店のリニューアルは、2018年にアーティスティック・イメージ&カルチャー・ディレクターに就任したオリヴィエ・サイヤールの指揮のもと行われた。

サイヤールは、ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)、イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)、コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)といった日本ブランドから感銘を受け、これまで多くの展覧会を実現させている。日本文化への関心も高い彼は、世界に先駆けたコンセプトショップに一入の思いをかけた。

芸術作品のようにアイコンシューズが並ぶ店内

ジェイエムウエストン 青山店が新コンセプトブティックとしてリニューアル、Scyeのユニフォーム導入|写真2

コンセプトには、サイヤールの記憶にある幼少期の博物館と工場、その境界線上にある図像学(iconography)を取り入れた。店内では、ヘリンボーンの寄木細工を施した「W」のモチーフが並んだフロアに、様々な形のショーケースが配置される。そこには、まるで美術館で見る芸術作品のように、ジェイエムウエストンを代表するシューズとレザーコレクションが展開されている。

ジェイエムウエストンのアイコンシューズ -“気分を変える”オックスフォードやローファー
180:シグニチャーローファー 100,000円+税

また、音響には、1963年の名品と称されるスピーカーやアンプの中では名機と言われている1979年のアンプを採用するなど、ジェイエムウエストンの世界を色濃く堪能できる店舗となる。なお、リニューアルに伴い青山店では、サイヤール監修のもとScye(サイ)と共同制作をしたユニフォームが導入される。

【店舗詳細】
ジェイエムウエストン 青山店
住所:東京都港区南青山5-11-5
営業時間:11:00~20:00
TEL:03-5485-0306

Photos(4枚)

ジェイエムウエストン 青山店が新コンセプトブティックとしてリニューアル、Scyeのユニフォーム導入|写真1 ジェイエムウエストン 青山店が新コンセプトブティックとしてリニューアル、Scyeのユニフォーム導入|写真2 ジェイエムウエストン 青山店が新コンセプトブティックとしてリニューアル、Scyeのユニフォーム導入|写真3 ジェイエムウエストン 青山店が新コンセプトブティックとしてリニューアル、Scyeのユニフォーム導入|写真4

Photos(4枚)

ジェイエムウエストン 青山店が新コンセプトブティックとしてリニューアル、Scyeのユニフォーム導入|写真1 ジェイエムウエストン 青山店が新コンセプトブティックとしてリニューアル、Scyeのユニフォーム導入|写真2 ジェイエムウエストン 青山店が新コンセプトブティックとしてリニューアル、Scyeのユニフォーム導入|写真3 ジェイエムウエストン 青山店が新コンセプトブティックとしてリニューアル、Scyeのユニフォーム導入|写真4

キーワードから探す

ブランドプロフィール

関連用語