menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『宮本から君へ』池松壮亮×蒼井優で究極の“人間賛歌”を映画化、監督・脚本に真利子哲也

漫画家・新井英樹による漫画『宮本から君へ』が映画化。2019年9月27日(金)に、全国の劇場で公開される。

漫画『宮本から君へ』が実写映画化

『宮本から君へ』場面カット|写真1

1990年にモーニングで連載がスタートした原作『宮本から君へ』は、熱血営業マン・宮本浩の七転八倒の奮闘を描いた漫画作品。社会に蔓延する様々なテーマを容赦ない描写で描いた、“極限の人間賛歌”とも言えるその世界観で、各界の熱烈なファンに支持されている。

究極の“人間賛歌”

※メイキング写真
※メイキング写真

2018年4月にはテレビ東京で実写ドラマが放送されると、第56回ギャラクシー賞テレビ部門「奨励賞」を受賞。ドラマ版では、主人公の宮本浩が営業マンとして奮闘する姿に焦点を置いたサラリーマン篇が描かれたが、今回の映画版では、宮本浩とヒロインの中野靖子を中心に繰り広げられる“人間賛歌”にフォーカス。本作が“伝説の漫画”として語り継がれる理由の一つでもある決闘シーンなどがどのように映像化されるのか、本作の見どころとなりそうだ。

主演・池松壮亮×ヒロイン・蒼井優

『宮本から君へ』場面カット|写真3

主人公の宮本浩を演じるのは、ドラマ版に引き続き池松壮亮。「宮本浩という人は、僕にとってどの歴史上の人物よりも星であり、ヒーローでした」と語るほどの原作ファンである池松が、再び熱血営業マン・宮本役に体当たりで挑む。

『宮本から君へ』場面カット|写真4

ヒロインの中野靖子役も、ドラマ版から蒼井優が続投。2018年の『斬、』から続けての共演に加え、出身地や大学など多くの共通点を持ち、互いに役者として認め合う存在の2人が、感情をむき出しにして激しくぶつかり合う宮本と靖子を絶妙なコンビネーションで演じる。

松山ケンイチ、柄本時生らドラマ版キャストも続投

『宮本から君へ』場面カット|写真14

宮本を囲む登場人物たちには、ドラマ版のキャストが再集結。松山ケンイチ、柄本時生、星田英利、古舘寛治といった懐かしの面々が揃う。

また映画版から加わる新キャストも発表。どうしようもない遊び人だが、靖子(蒼井優)の心に住み着く元恋人役に井浦新、宮本が立ち向かう巨漢の“怪物”・真淵拓馬役に一ノ瀬ワタルが抜擢。そのほかピエール瀧や佐藤二朗らが出演する。

宮本浩次×横山健のコラボ主題歌

(撮影:佐内 正史)
(撮影:佐内 正史)

主題歌は、ロックバンド、エレファントカシマシのヴォーカル&ギターの宮本浩次の書き下ろしによる「Do you remember?」に決定。ドラマ版ではエレファントカシマシとして主題歌を担当していただが、今回は宮本ソロとしての参加。ギターには、宮本のオファーにより横山健を迎えている。

Photos(17枚)

『宮本から君へ』場面カット|写真1 『宮本から君へ』場面カット|写真2 『宮本から君へ』場面カット|写真3 『宮本から君へ』場面カット|写真4 『宮本から君へ』場面カット|写真5 『宮本から君へ』場面カット|写真6 『宮本から君へ』場面カット|写真7 『宮本から君へ』場面カット|写真8 『宮本から君へ』場面カット|写真9 『宮本から君へ』場面カット|写真10 『宮本から君へ』場面カット|写真11 『宮本から君へ』場面カット|写真12 『宮本から君へ』場面カット|写真13 『宮本から君へ』場面カット|写真14 『宮本から君へ』場面カット|写真15 『宮本から君へ』場面カット|写真16 『宮本から君へ』場面カット|写真17

関連ニュース

キーワードから探す