menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   映画   >   インタビュー

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』クリス・プラット×ブライス・ダラス・ハワードにインタビュー

「ジュラシック・パーク」シリーズ最新作、映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が2018年7月13日(金)に日本公開。

シリーズ誕生25周年、あのテーマパークが再び

2015年8月に公開され、全世界で大ヒットを記録した『ジュラシック・ワールド』。その時にテーマパーク「ジュラシック・ワールド」はハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが死闘を繰り広げたことで崩壊。

「ジュラシック」シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』として再びスクリーンに“あのテーマパーク”がやってくる。物語の舞台は、テーマパークを有するイスラ・ヌブラル島。ここでは、火山の大噴火の予兆が捉えられていた。

人が恐竜たちの運命を決める?

噴火がささやかれる背後では、恐竜たちの密輸が企てられ、競売にかけられようとしていた。迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。恐竜行動学のエキスパート、オーウェンはテーマパークの運営責任者だったクレアと共に、行動を起こす事を決意。しかし、島へ向かった矢先、火山は大噴火。

生き残りをかけた究極のアドベンチャーが再び幕を開けるのだが、前半はシリーズの王道的な内容。後半はより危険な世界に足を踏み入れるようで、人間が恐竜から逃げ回る過去の作品とは少し違うようだ。人間たちの選択によって、恐竜たちの運命が決められる、恐竜のために選択を行う展開になるという。

クリス・プラット×ブライス・ダラス・ハワードが続投

恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役はクリス・プラット、「ジュラシック・ワールド」の運営責任者であったクレア役はブライス・ダラス・ハワードが続投。監督は『怪物はささやく』でゴア賞9部門を受賞したJ・A・バヨナが務める。また、スティーヴン・スピルバーグが、前作で監督を務めたコリン・トレボロウとともに製作総指揮を務め、作品を更に“進化”させる。

クリス・プラット×ブライス・ダラス・ハワードにインタビュー

前作『ジュラシック・ワールド』に引き続き、ダブル主演を務めたクリス・プラットとブライス・ダラス・ハワード。1993年からスタートした本シリーズ作にまつわる思い出や、主演を演じることへの想いなど話を伺った。

写真:奥野和彦

子供の頃に観た『ジュラシック・パーク』シリーズに、何か特別な思い出はありますか?

クリス:もちろんです。1番思い出に残っているのは、25年前に映画館で観た第1作目の『ジュラシック・パーク』かな。今でも、昨日のことの出来事かのようにあの時のことを鮮明に覚えています。僕は当時13歳で、その作品を観る為に、張り切って列に並んだんです。だって『ジュラシック・パーク』を観る世界で初めての人になりたかったから。

僕はその素晴らしいストーリーに本当に魅了されました。そしてそれは初めて観るテクノロジーの映画でもありました。当時の技術を駆使して作られた映像には、恐竜たちがまるで生きているかのように動いていて。あの映画史に残る素晴らしい瞬間を目の当たりにした感動は、ずっと僕の心を掴み続けています。

ブライス:私も全く同じです。あの素敵な経験は永遠に忘れないでしょうね。何故なら『ジュラシック・パーク』を初めて観たとき、自分自身がワープしたような感覚に包まれた初めての作品だったから。

映画を観る上で一番素敵なことって、現実世界よりも、”ああ、自分は生きている!”と実感することではないでしょうか。感情も恐怖もより一層敏感になって、そして本当にスクリーンの中の登場人物と冒険に行けるような。

『ジュラシック・パーク』は、私にとってそれほど特別な映画でした。単なるSF映画ではなく、いつまでもそのメッセージが残り続ける訓話なのです。最高レベルのストーリーテリングですよね。

写真:奥野和彦

そんな世界的大ヒットシリーズ作の主演を演じることに、プレッシャーを感じますか?

ブライス:実は私自身プレッシャーをあまり感じていません。それよりも、何かを心待ちにしていたかのようなワクワクした気持ちで一杯です。私にとって、この作品で主演を演じることができるのは、例えるならアメリカン・フットボール選手になりたかった子供が、リーグの優勝決定戦「スーパーボール」に出れるような、本当に夢のような出来事なのです。

勿論スーパーボールで試合をする時に、プレッシャーを感じることはあるだろうけれど、それは決してマイナスな重圧ではないでしょう?何故なら、ずっと夢見てきたことを叶えてくれる最高な瞬間なのだから。

クリス:僕はプレッシャーを感じません。むしろこんなことでプレッシャーを感じてしまうのなら、俳優に向いていないんじゃないかな。

正確に言うと、プレッシャーというのは常に”存在”します。けれどそれをどう受け止めるかは自分次第。僕は、プレッシャーを”感じる”事とそれを”認識する”事というのは、全く別のものだと捉えているんです。僕が重点を置いているのは、後者の”認識する”の方で。

プレッシャーを”認識”するとは、客観的に見つめ直して、それを自分の中でどう操るかを決めていくということ。うまく操ることさえできれば、自分の原動力として活かすことができる。例えば仕事や目標に対して期限を設けて、効率よく取り掛かるとかね。この仕事をしていくうえで、プレッシャーを楽しむということは、非常に難しいことではありますが、それを感じすぎて、押しつぶされたり、流されたりしてはいけないんですよね。

写真:奥野和彦

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』では、激しいアクションシーンも目立ちましたが、そんなハードな演技に対してどんな気持ちで挑みましたか。

クリス:演技がハードになればなるほど、僕はどうも照れ臭く感じてしまって。(笑) 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の中でも、僕が恐怖におののくシーンが沢山あるけれど、実際は内心でムズムズしながら演じていたものもあります(笑)

そして僕はリアルに演じることが出来れば、その演技に対して、どんな感情を抱いていようと、作品自体には関係ないと考えています。この考えに反対する俳優は沢山いると思いますけどね。

そうお考えになるのは何故でしょう。

映画作品は、俳優の演技以外にも音楽やCG技術を加えて作っていきます。つまり僕たちの演技というのは、実際ところ巨大なパズルの1ピースにしか過ぎません。俳優だけが、登場人物の感情を伝えているわけではないのです。だから、僕がやれるだけのことをやったら、あとは監督にそのピースを託せばいい。

監督を信用することができれば、どんな演技に対しても失敗を恐れず次々チャレンジすることが出来ます。例え顔から火が出るようなシーンでも、監督がこの後うまく編集してくれるに違いないって、分かっていますからね。

そういった意味でも、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』で心から信頼できる監督と共演できたことは、本当にラッキーなことだったと思います。

Photos(27枚)

ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像1 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像2 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像3 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像4 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像5 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像6 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像7 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像8 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像9 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像10 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像11 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像12 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像13 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像14 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像15 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像16 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像17 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像18 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像19 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像20 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像21 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像22 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像23 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像24 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像25 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像26 ジュラシック・ワールド/炎の王国 画像27

関連ニュース

関連用語

ピックアップ

【映画】2019年の話題作<洋画編>スパイダーマン新作、実写ディズニー、アベンジャーズ完結編ほか
【映画】2019年の話題作<洋画編>スパイダーマン新作、実写ディズニー、アベンジャーズ完結編ほか
映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』シリーズ完結編、最強の敵サノスに挑む最後の戦い
4月26日(金)公開
映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』シリーズ完結編、最強の敵サノスに挑む最後の戦い
2019年おすすめのハリウッド大作映画を一挙紹介
2019年おすすめのハリウッド大作映画を一挙紹介
2019年実写化作品を一挙紹介 - 映画化される人気漫画&小説
2019年実写化作品を一挙紹介 - 映画化される人気漫画&小説
【映画】2019年アクション&SFの話題作を一挙紹介 - 人気シリーズが盛りだくさん
【映画】2019年アクション&SFの話題作を一挙紹介 - 人気シリーズが盛りだくさん

スケジュール

「カメラを止めるな!」初スピンオフ『ハリウッド大作戦!』池袋シネマ・ロサで期間限定上映
3月21日(木)~4月4日(木)公開
「カメラを止めるな!」初スピンオフ『ハリウッド大作戦!』池袋シネマ・ロサで期間限定上映
映画『バンブルビー』トランスフォーマー1作目以前を描く、初のスピンオフ
3月22日(金)公開
映画『バンブルビー』トランスフォーマー1作目以前を描く、初のスピンオフ
映画『ブラック・クランズマン』白人至上主義団体に潜入する黒人刑事を描いた実話、スパイク・リーが映像化
3月22日(金)公開
映画『ブラック・クランズマン』白人至上主義団体に潜入する黒人刑事を描いた実話、スパイク・リーが映像化
映画『ビリーブ 未来への大逆転』主演フェリシティ・ジョーンズにインタビュー、女性弁護士の感動実話
3月22日(金)公開
映画『ビリーブ 未来への大逆転』主演フェリシティ・ジョーンズにインタビュー、女性弁護士の感動実話
映画『美人が婚活してみたら』中村倫也×田中圭の間で揺れ動く黒川芽以、30代婚活女子のリアルを描く
3月23日(土)公開
映画『美人が婚活してみたら』中村倫也×田中圭の間で揺れ動く黒川芽以、30代婚活女子のリアルを描く
 スケジュール一覧