ホーム > ニュース > ファッション > 新しい着物のカタチ「キモノロボット展」表参道ヒルズで、ビョークが唄うMVやロボットも出現

新しい着物のカタチ「キモノロボット展」表参道ヒルズで、ビョークが唄うMVやロボットも出現

世界的クリエイターたちが最先端の技術と共に着物を表現する展示会「キモノロボット(KIMONO ROBOTO)」が、表参道ヒルズにて開催する。会期は2017年12月1日(金)から12月10日(日)まで。

Photographer Warren du Preez & Nick Thornton-Jones

今回の展示会では、皇室献上作家など熟練の職人たちによる貴重な着物13点を見ることができる。その美しい作品に魅了された世界のクリエイターたちが、新しい解釈と最先端の技術をもとにした斬新な演出に挑戦している。

振袖を着たロボットが出現、ビョークはミュージックビデオで着用

束熨斗文様振袖
束熨斗文様振袖

特に注目の作品は460年の歴史を持つ京友禅の老舗「千總(ちそう)」が総力を上げ制作した、「束熨斗文様振袖(たばねのしもんようふりそで)」。江戸時代の染織技術を駆使した色鮮やかな振袖をもとに、現代の職人が2年かけて復元制作した逸品だ。

この作品の演出にはアイスランドを代表するアーティスト、ビョーク(Björk)が参加する。最新ミュージックビデオで、祝福や繁栄を意味する束ね熨斗の柄を描いた朱色の振袖を着こなした。また、会場には着物を着用したロボットが出現する。アームの先端に設置されたカメラを操作すると、職人が施した技術の詳細をディスプレイで確認できる仕掛けになっている。

ピーター・リンドバーグ、土井浩一郎の写真も

Photographer Koichiro Doi

その他にも、現代ファッション写真の巨匠、ピーター・リンドバーグ(Peter Lindbergh)は着物とファッションの出逢いを撮影。ファッション・スチールで有名な日本人写真家の土井浩一郎は、ドラマチックな静物画として着物を表現した。

【概要】
KIMONO ROBOTO
会期:2017年12月1日(金)~10日(日)
時間:11:00~21:00 ※日曜は11:00~20:00、最終日は16時終了
会場:表参道ヒルズ本館 B3F スペース オー
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10
TEL:03-3497-0310(表参道ヒルズ総合インフォメーション)
入場料:無料

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

新しい着物のカタチ「キモノロボット展」表参道ヒルズで、ビョークが唄うMVやロボットも出現 画像1
新しい着物のカタチ「キモノロボット展」表参道ヒルズで、ビョークが唄うMVやロボットも出現 画像2
新しい着物のカタチ「キモノロボット展」表参道ヒルズで、ビョークが唄うMVやロボットも出現 画像3
新しい着物のカタチ「キモノロボット展」表参道ヒルズで、ビョークが唄うMVやロボットも出現 画像4
新しい着物のカタチ「キモノロボット展」表参道ヒルズで、ビョークが唄うMVやロボットも出現 画像5
新しい着物のカタチ「キモノロボット展」表参道ヒルズで、ビョークが唄うMVやロボットも出現 画像6

ニュースデータ

日時:2017-11-20 21:35