ホーム > ニュース > ライフスタイル・カルチャー > 「リコー・シータ V」360°の全天球4K動画&静止画を撮影出来る小型カメラ、データはスマホに転送可

「リコー・シータ V」360°の全天球4K動画&静止画を撮影出来る小型カメラ、データはスマホに転送可

リコー(RICOH)から、360°の全天球イメージが撮影出来る「シータ」シリーズの新モデル「リコー・シータ V(RICOH THETA V)」が登場。2017年9月15日(金)に発売される。

360°全天球イメージの静止画&動画撮影を気軽に

2013年に、世界初のワンショットで360°撮影ができるカメラとして発売された「リコー・シータ」。今回発売される「リコー・シータ V」は、どこにでも気軽に持ち出せる小型・軽量ボディはそのままに、4K解像度に相当する高画質な360°動画撮影や360°空間音声記録に対応した高音質録音、大容量データを快適に閲覧できる高速転送を実現した最新モデルだ。

撮影した映像・写真をSNSで共有

撮影した360°全天球イメージは、FacebookやLINEに直接投稿したり、専用ウェブサイトtheta360.comにアップロードして、Twitter、Instagram、Tumblrなどの各種SNSで気軽に共有することが出来る。

動画は4K対応、静止画は1,400万画素相当の画質

動画性能が大幅にアップし、4K(3840x1920、56Mbps)、30fpsの高精細360°撮影で、リアリティ感あふれる全天球映像を実現。リアルタイムに4Kで360°映像の出力する4Kライブストリーミングも可能だ。静止画も、低感度から高感度までノイズが少ない、出力画素1,400万画素に相当する360°画像を記録出来る。

スマートフォン&タブレットから遠隔操作

また、スマートフォン、タブレットとの接続方式をBluetoothと無線LANの両方式から選択できるなど、ユーザーの使用状況に応じてフレキシブルな操作を可能に。Bluetoothのみ接続した状態でスマートフォンからの撮影ができ、カメラがスリープ状態に入った際は基本アプリから電源をオンにできるなどの便利な機能が搭載されている。また、無線LAN接続では、スマートフォンでのライブビュー表示や画像転送など全ての機能が利用できるので、撮影シーンに応じての使い分けが可能となっている。

全方位マイクで臨場感ある空間音声を録音

カメラ本体に、360°空間音声記録に対応した4chマイクを内蔵。水平方向だけでなく上下方向も含めた360°全方位の音声を記録することで、360°映像と音声がリンクした、撮影環境のままの音と映像を再現する。

商品情報

「リコー・シータ V(RICOH THETA V)」
発売日:2017年9月15日(金)
リコーストア価格:56,700円(税込)
カラー:メタリックグレー
付属品:USBケーブル、専用ケース

【仕様】
撮影距離:約10cm~∞(レンズ先端より)
撮影モード静止画:オート、シャッター優先、ISO優先、マニュアル※1
動画:オート
ライブストリーミング:オート
露出制御モード:プログラムAE、シャッター優先AE、ISO優先AE、マニュアル露出
露出補正静止画:マニュアル補正(-2.0~+2.0EV 1/3EVステップ)
ISO感度(標準出力感度):
・静止画:
オート ISO64~1600/ISO優先モード ISO64~3200/マニュアルモード ISO64~3200
・動画 ISO64~6400
・ライブストリーミング ISO64~6400
ホワイトバランスモード静止画:オート、屋外、日陰、曇天、白熱灯1、白熱灯2、昼光色蛍光灯、昼白色蛍光灯、白色蛍光灯、電球色蛍光灯、色温度
動画:オート
ライブストリーミング:オート
シャッタースピード:
・静止画
オート 1/25000秒~1/8秒/シャッター優先モード 1/25000秒~1/8秒/マニュアルモード 1/25000秒~60秒
・動画 1/25000秒~1/30秒
・ライブストリーミング 1/25000秒~1/30秒
※モード変更やマニュアル設定にはスマートフォンが必要。

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

「リコー・シータ V」360°の全天球4K動画&静止画を撮影出来る小型カメラ、データはスマホに転送可 画像1
「リコー・シータ V」360°の全天球4K動画&静止画を撮影出来る小型カメラ、データはスマホに転送可 画像2

ニュースデータ

日時:2017-09-08 11:20