ホーム > ニュース > ライフスタイル・カルチャー > すみだ水族館の新展示「ワンダークラゲ」クラゲの動きと連動した映像と音で、不思議な浮遊感を体験

すみだ水族館の新展示「ワンダークラゲ」クラゲの動きと連動した映像と音で、不思議な浮遊感を体験

東京・墨田区の「すみだ水族館」では、開業5周年を記念した新たなクラゲ展示「ワンダークラゲ」を、2017年4月29日(土・祝)より開始する。


クラゲの拍動のデータから映像を生成

「ワンダークラゲ」は、「すみだ水族館」で生まれたミズクラゲたちの動きをもとに生み出された映像や音を、クラゲの展示空間に重ねることで、ミズクラゲの持つゆったりと心地良いリズムを全身で感じながら不思議な浮遊感に浸れる体感型のクラゲ展示。

クラゲたちの持つ収縮運動は「拍動」と呼ばれ、小さなクラゲは早いリズム、大きく成長したクラゲはゆったりとしたリズムの拍動を繰り返す。「拍動」のリズムはクラゲの健康状態によっても変化するため、飼育スタッフがクラゲの日々の健康状態を知るうえで重要なバロメーターにもなっているという。


体感型展示「ワンダークラゲ」イメージ

今回投影する映像では、クラゲの成長段階ごとに実際の拍動の回数を計測し、プログラミングを経てクラゲを模したオブジェクトの動きに反映。館内のアクアラボで、ミズクラゲを赤ちゃんから育て展示している「すみだ水族館」ならではの、生体のデータに基づいた映像演出となっている。

また、飼育スタッフと同じ研究員の白衣を着て、クラゲの観察や給餌をできる体験プログラム「クラゲ研究員」も開催。今回はクラゲの動きに焦点をあて、新展示「ワンダークラゲ」とも連動しながら、クラゲたちの神秘的な生態に迫る。

【展示概要】
■新クラゲ展示「ワンダークラゲ」
展示開始日:2017年4月29日(土・祝)
展示時間:終日
展示場所:6F「クラゲ」ゾーン

■体験プログラム「クラゲ研究員」
開催日:2017年4月29日(土・祝)、4月30日(日)、5月3日(水・祝)
開催時間:11:00〜12:00
募集対象:小学校3年生〜6年生
募集定員:各回最6大名
参加料金:無料
参加方法:すみだ水族館公式サイトから事前申込みが必要。応募者多数の場合は抽選となる。
公式サイト:http://www.sumida-aquarium.com

【施設情報】
すみだ水族館
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ 5F・6F
入場料:
・一般料金 大人 2,050円、高校生 1,500円、中・小学生 1,000円、幼児(3歳以上) 600円
※中学生、高校生は、チケット売り場で生徒手帳の提示が必要。
※障がい者手帳持参者と同伴者(1名)は、一般料金の半額。
・年間パスポート 大人 4,100円、高校生 3,000円、中・小学生 2,000円、幼児(3歳以上) 1,200円
※中学生、高校生は、チケット売り場で生徒手帳の提示が必要。
※障がい者手帳の提示で年会費が半額。
・一般団体(20名様以上) 大人 1,850円、高校生 1,350円、中・小学生 900円、幼児(3歳以上) 540円

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

すみだ水族館の新展示「ワンダークラゲ」クラゲの動きと連動した映像と音で、不思議な浮遊感を体験 画像1
すみだ水族館の新展示「ワンダークラゲ」クラゲの動きと連動した映像と音で、不思議な浮遊感を体験 画像2
すみだ水族館の新展示「ワンダークラゲ」クラゲの動きと連動した映像と音で、不思議な浮遊感を体験 画像3
すみだ水族館の新展示「ワンダークラゲ」クラゲの動きと連動した映像と音で、不思議な浮遊感を体験 画像4

ニュースデータ

日時:2017-04-18 18:30