ホーム > ニュース > ファッション > "シアー素材"で魅せるドレススタイル - ディオールやルイ・ヴィトン、コーチから学ぶシースルールック

"シアー素材"で魅せるドレススタイル - ディオールやルイ・ヴィトン、コーチから学ぶシースルールック

2017年春夏コレクションでは、“シアーな素材”がトレンドの1つに浮上した。透け感のある素材を取り入れた注目スタイルを紹介する。

ディオール(Dior)

まずは、2017年春夏シーズンでも1番のビックニュースを提供したディオール(Dior)のルックから。メゾン初の女性アーティスティック・ディレクターに就任したマリア・グラツィア・キウリは、シアー素材を主役級のモチーフとして採用し、女性らしさを強調したスタイルを披露した。

マリアは、服の随所にメッセージ性のあるロゴを散りばめ、女性の持つ強い精神性を提示。そこに、繊細な刺繍を施したチュールドレスや、ゆったりとギャザーの寄ったスカートを組み合わせ、勇ましいメッセージをフェミニンなムードで優しく包み込んだ。

コーチ(COACH)

レザーやスタッズを用いてロックなスタイルを披露したコーチ(COACH)も、シアー素材を積極的に取り入れた。とりわけ、重みのあるライダースに透け感のあるワンピースを合わせたり、レザーフリンジを軽やかなスカートにレイヤードさせたりする、正反対の素材同士の掛け合わせが特徴的だ。反抗的なスピリットに目覚める少女という今季の発想の一つを、巧みに形にした。

DKNY(ディー ケイ エヌ ワイ)

シアー素材を用いて、異なる要素を掛け合わせるテーマは、DKNY(ディー ケイ エヌ ワイ)にも。スポーティなウインドブレーカーは透けた生地で仕立てられ、フェミニンさがプラスされた。ドレス1着にも、ポケットやフリルが何重にも重ねられ、透ける素材だからこそできるデザインが実現している。

マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)

マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)は、ショルダーにフリルが盛られたミニワンピースに透け素材を採用。フリルを多用したり、生地自体に柄をプリントしたりすることで、本来デリケートな雰囲気を持つマテリアルを、煌びやかでゴージャスなスタイルに仕上げた。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)

首元から足元までシアーなドレスは、今季のルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のアイコン的ピースだ。透け感あるテキスタイルと透けない生地を組み合わせ、軽くて浮き上がりやすい布に重みをつけた。透けた部分の軽やかな美しさと、布を重ねてハリが出た部分のリズミカルな動きが融合し、ウォーキングをエレガントに引き立てる。

ヴァレンティノ(VALENTINO)

ヴァレンティノ(VALENTINO)は、シアー素材を採用することでブランド独自のフェミニニティーを表現。ヒエロニムス・ボスの奇怪な絵画を着想源にしたが、風になびく薄いドレスは、その幻想的な世界へ誘う鍵の役割を果たしていた。

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

"シアー素材"で魅せるドレススタイル - ディオールやルイ・ヴィトン、コーチから学ぶシースルールック 画像1

ニュースデータ

日時:2017-05-04 23:15