ホーム > ニュース > アート > 「ベルギー 奇想の系譜」展を渋谷で開催 - ボスやブリューゲル、マグリットなど

「ベルギー 奇想の系譜」展を渋谷で開催 - ボスやブリューゲル、マグリットなど

「ベルギー 奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」展を、渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて開催。会期は2017年7月15日(土)から9月24日(日)まで。


ヒエロニムス・ボス工房《トゥヌグダルスの幻視》1490-1500年頃 油彩、板
ラサロ・ガルディアーノ財団 © Fundación Lázaro-Galdiano

長い歴史にわたり数々の「奇想」と呼べる作品を生み出してきたベルギー美術。美しく不思議な想像の世界は、ミステリアスな魅力で現代に生きる私たちをも虜にする。その歴史は、幻想的なテーマを持った絵画の伝統、そして事物の外面に現れる内面の残酷さまでを描き出すような、緻密な写実表現といった北方独自の伝統に裏打ちされている。

本展では、500年にわたるベルギー美術の「奇想」の系譜を辿っていく。15世紀のヒエロニムス・ボスから20世紀のルネ・マグリット、そして現代のヤン・ファーブルに至るまで、その優れた発想と技術で美術史に功績を残しながら、同時に”謎”をも残していった芸術家たちの作品を1つの空間に集めたユニークな試みだ。

「奇想」のルーツを語るには、15世紀の画家ヒエロニムス・ボスを欠かすことはできないだろう。同時代の画家たちが、明るい色彩で聖母を描いている時、ボスが描いていたのは「地獄」だ。現実離れした幻想的な色彩で描かれた豊かでどこか不気味な空想の世界は、何時間もその前で眺めてしまいそうな複雑な示唆を孕んでいる。


ピーテル・ブリューゲル(父)[原画]《大食》1558年 エングレーヴィング、紙
神奈川県立近代美術館 葉山

また、《バベルの塔》でも知られるピーテル・ブリューゲル(父)は、「第二のボス」とも称される奇想の画家だ。彼の作品には、虫眼鏡で見たくなるような神経質なほどに細かな描写で、寓話的な物語が広がっている。

その他に20世紀の作品としては、絵それ自体が謎かけをしているような不思議な世界を、手に触れられそうなリアルな描写で表したルネ・マグリットなども出品される。登場するのは一度は耳にしたことのある有名な画家の作品ばかり。それぞれの時代を辿りながら、一貫して複雑で奇妙な想像の世界を持った作品たちを一度に見られるこの機会は、記憶に残る美術体験となるだろう。

【詳細】
ベルギー 奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで
会期:2017年7月15日(土)〜9月24日(日)
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1
休館日:7月18日(火)、8月22日(火)
開館時間:10:00〜18:00 (入館は17:30まで)
※毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

「ベルギー 奇想の系譜」展を渋谷で開催 - ボスやブリューゲル、マグリットなど 画像1
「ベルギー 奇想の系譜」展を渋谷で開催 - ボスやブリューゲル、マグリットなど 画像2
「ベルギー 奇想の系譜」展を渋谷で開催 - ボスやブリューゲル、マグリットなど 画像3
「ベルギー 奇想の系譜」展を渋谷で開催 - ボスやブリューゲル、マグリットなど 画像4

ニュースデータ

日時:2017-02-10 17:35