menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   セラピアン

SERAPIANセラピアン

ブランドのはじまり

セラピアン(SERAPIAN)は、1923年にステファノ・セラピアン(Stefano Serapian)によりミラノで創業。

セラピアンについて

セラピアン(SERAPIAN)は、ステファノ・セラピアンがスタートした老舗バッグブランド。素材は、創業から変わらず、100%イタリア製の高級作品にこだわり続けている。旗艦店となるヴィア ジャメーリ店を含めイタリアに位置する路面店のほか、世界の主要百貨店、有名セレクトショップ店に出店している。

セラピアンの沿革・歴史

ステファノ・セラピアンは、20代前半から小さな革製品の製作をはじめ、その後、確かな品質と独自性で瞬く間に評価される。1938年、高品質の革製品の生産のため、ミラノ最初の専門ワークショップをスタート。

1940年、公私ともに支えとなるジーナ(Gina)と出会い、後にセラピアン本社となる小さなストアをオープンする。

1945年、ステファノとジーナは、熟練革職人たちのチームの助けを借り、ユニークで革新的な技術を考案していった。

1947年、ラムレザーのストライプをハンドメイドで編み込む、ブランドのアイコン「モザイク」が誕生。セレブからあらゆる種類の色や素材のオーダーメイドのハンドバッグの受注を受けるようになる。

1960~70年、カーフレザーを基調とする最初のコレクションが誕生。国際的な展示会へ参加、一流の国際的パートナーとのコラボレーションを果たすなど、進化を続けた。

1973年、ステファノとジーナの息子にあたるArdavastがビジネスに参入。父親の革製品にかける情熱的な哲学と職人の技を引き継ぐ。

1976年、セラピアンの代表的コレクションとなる「ステパン」が誕生。創業者にちなんで名づけられた。

1980年、ブランドの特注サービスを強化。革小物からトラベルアクセサリー、イブニングクラッチ、セーリングバッグなどあらゆる製品のオーダーを取り入れる。素材や色、ディテールなど細やかな部分のオーダーまで可能にした。

公式サイト

http://serapian.jp/

Collections - セラピアンのコレクション

関連用語

スケジュール

「大哺乳類展2」国立科学博物館で開催、500点以上の剥製や骨格標本で紐解く、哺乳類の“生き残り戦略”
3月21日(木)~6月16日(日)開催
「大哺乳類展2」国立科学博物館で開催、500点以上の剥製や骨格標本で紐解く、哺乳類の“生き残り戦略”
英国ロックフェス「ダウンロード・フェスティバル」日本初上陸、幕張メッセで19年3月開催
3月21日(木)開催
英国ロックフェス「ダウンロード・フェスティバル」日本初上陸、幕張メッセで19年3月開催
クレ・ド・ポー ボーテ"本格”アイクリーム「クレームイユー レジェネランS」&目もと用集中ケアマスク
3月21日(木)発売
クレ・ド・ポー ボーテ"本格”アイクリーム「クレームイユー レジェネランS」&目もと用集中ケアマスク
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る