FRANCESCO BIASIA

フランチェスコ ビアジア

ブランドのはじまり

フランチェスコ ビアジアは、1977年に創立したバッグを中心としたブランド。

フランチェスコ ビアジアについて

フランチェスコ ビアジアは、イタリアのバッグブランド。「ラグジュアリーだが、多くの人が楽しめるバッグ」がコンセプトとされている。ラグジュアリーで美しい色使いと、個性的なデザイン性の割りに、ベーシックでレトロな作りが人気のバッグ。素材はメタリックな素材、リアルパイソン、エナメル革を使用するなど様々なものを使用する。ポケットが多いなど収容力に優れたものが多い。

中心価格が6~7万、高くて10万程度だが、デザイン性、高い品質を考慮すれば、リーズナブルで、決して買って損はしない。アイテムとしてはバッグはもちろん、財布、ベルト、キーホルダーなどのアクセサリーを取り扱う。

日本では主要都市の西武、大丸、阪急、高島屋(日本橋・新宿)、松屋(銀座)、小田急(新宿)などの百貨店にて販売されている。2007年、銀座に旗艦店がオープンした。

ブランドの始まりは、1977年、イタリアのビチェツァでフランチェスコ ビアジアが自身の名を関してブランドを創業。80年代にはトレンドを考慮しつつ、パンクなどの影響を受けた、デザイン性の高いバッグを生産した。90年代にはミニマリズムを追求し、装飾をそぎ落としたデザインを発表した。このように、比較的トレンドを考慮したデザインも特徴の一つに上げられる。

90年代半ば、ビアジアは世界各国への進出を始める。2005年、ドルチェ&ガッバーナで働いていたデザイナーをデザインディレクターに迎え、ブランドとしての再定義など改革を行った。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.biasia.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

フランチェスコ ビアジア取り扱い店舗

Data - フランチェスコ ビアジアの関連データ

用語: ミニマリズム エナメル ラグジュアリー パイソン ブランド: ドルチェ&ガッバーナ

ブランド・デザイナー紹介