menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   ウォーリアーズ オブ ラッドネス

Warriors of Radnessウォーリアーズ オブ ラッドネス

ウォーリアーズ オブ ラッドネスについて

ウォーリアーズ オブ ラッドネス(Warriors of Radness)はアメリカのファッションブランド。現在当ブランドは終了している模様。

デザイナーはリック・クロッツ(Rick Klotz)が務める。サーファーであり、元々別ブランドのデザイナーだったリックが、「活き活きとしたサーフカルチャーを表現するブランドを何年も前から始めたかった」と、楽しみ半分で始めたという「ウォーリアーズ オブ ラッドネス(Warriors of Radness)」。

クリエイティブであり独自性をもったサーファーたちがあふれるビーチを目指し、彼らに向け発信するブランド。ブランド名は、1980年後半にディズニーランドで行われていたスケートボードのコンテスト名‘Wizards of Rad'に由来している。直訳すると「過激派の戦士」。その名の通り、波はもちろん、パーティーやドラッグ、女性たちを追いかけまわす「戦士」に自分を例え、それらからインスピレーションを得て制作を行っている。

主に展開しているのはTシャツやスイムウェア、パーカなど、サーファー向けの色鮮やかなアイテム。南カリフォルニアのヴィンテージマリブサーフに強く影響を受けたブランドらしく、ヴィンテージ感にあふれた独特の色落ち感を施したTシャツも人気。デザインはもちろん、縫製まで全てカリフォルニアで行われている。

日本でもバーニーズ ニューヨークや伊勢丹、ビームスの他、有名サーフショップであるジョンズクロージングなどで取り扱いがあり、ビームスとは2011年春夏に別注アイテムも展開している。また、アメリカで最も影響力のある雑誌、GQの主催する「New Menswear Designer of the year」にノミネートされるなど、現在世界中から注目を集めるブランド。

関連用語

関連ブランド

スケジュール

京阪電車・中之島駅のホーム&電車内が居酒屋に「中之島駅ホーム酒場2018」
6月21日(木)~6月23日(土)オープン
京阪電車・中之島駅のホーム&電車内が居酒屋に「中之島駅ホーム酒場2018」
「台湾フェスティバル」上野公園で開催 - 台湾式ビアガーデン出現、ライチ種飛ばし大会も
6月21日(木)~6月24日(日)開催
「台湾フェスティバル」上野公園で開催 - 台湾式ビアガーデン出現、ライチ種飛ばし大会も
チームラボ×森ビルによる“巨大デジタルアートミュージアム”、お台場パレットタウンにオープン
6月21日(木)オープン
チームラボ×森ビルによる“巨大デジタルアートミュージアム”、お台場パレットタウンにオープン
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る