menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』60'sモードの先駆者に迫るドキュメンタリー

ドキュメンタリー映画『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』が、2022年11月26日(土)より公開される。

マリー・クワントの“素顔”と“デザインの秘密”に迫るドキュメンタリー

『マリー・クワント スウィンギング・  ロンドンの伝説』場面カット|写真1

映画『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』は、マリークヮント(Mary Quant)のブランド創始者であり、デザイナーのマリー・クワントの素顔と、そのデザインの秘密を映し出すファッションドキュメンタリー。

ビートルズやツイッギー、ローリング・ストーンズとともにムーブメントを牽引

1960年代に、ファッションや音楽など、世界中の若者を熱狂させたロンドン発のカルチャー“スウィンギング・ロンドン”。ビートルズやツイッギー、ローリング・ストーンズとともにムーブメントの中心人物としてモードを牽引し、ミニスカートを流行させたことでも知られるマリー・クワントの姿を、当時の熱狂を知る関係者へのインタビューとアーカイブで紐解いていく。

〈映画『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』あらすじ〉

『マリー・クワント スウィンギング・  ロンドンの伝説』場面カット|写真2

第二次世界大戦後、戦争の爪痕と階級差別が残るロンドンで、若者たちは自由を求めていた。フランスのオートクチュール発の優雅で女らしいファッションに窮屈さを感じていたマリー・クワントは、1955年に自分が着たい服をクリエイトしたロンドン初のブティック《BAZAAR》をチェルシーのキングス・ロードにオープン。

開店直後からマリーがデザインした服は奪い合いになり、60年代初めには動きやすくて少女らしさを演出するミニスカートが世界中で大ブームを巻き起こした。若い女性の“ほしい”に敏感なマリーを支えたのは、夫のアレキサンダーと友人のアーチー。ブランドアイコンのデイジーはファッションから下着、メイク、インテリアと生活に広がり続け、三人はファッションビジネスの新機軸を打ち出していく。

ケイト・モス、ヴィヴィアン・ウエストウッドらが登場

『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』劇中には、ファッションモデルのケイト・モスや、デザイナーのヴィヴィアン・ウエストウッド、ザ・キンクスのデイヴ・デイヴィス、ザ・フーのピート・タウンゼント、ザ・クラッシュのポール・シムノンが登場。チェルシーの小さなショップから始まり、“革命的”ともいえる功績を残したマリー・クワントの横顔に迫る。

また、監督は、ファッショニスタとしても知られるロンドン出身の女優、サディ・フロストが務めた。

マリー・クワントの軌跡を辿る展覧会、渋谷で開催

尚、公開初日の11月26日(土)から、東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて展覧会「マリー・クワント展」を開催。ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)より来日する約100点の衣服や写真、雑誌などの関連資料を展示し、マリー・クワントのデザイナーとしての革新的な歩みと、起業家としての軌跡を辿る。映画とあわせて要チェックだ。

【詳細】
映画『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』
公開日:2022年11月26日(土) Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
監督:サディ・フロスト 
出演:ケイト・モス、ヴィヴィアン・ウェストウッド、デイヴ・デイヴィス、ピート・タウンゼント、ポール・シムノン
2021年/イギリス/英語/90分/ビスタサイズ/原題:QUANT/映倫区分G
協力:マリークヮント コスメチックス
後援:ブリティッシュ・カウンシル
配給:アット エンタテインメント

©2021 MQD FILM LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

Photos(2枚)

『マリー・クワント スウィンギング・  ロンドンの伝説』場面カット|写真1 『マリー・クワント スウィンギング・  ロンドンの伝説』場面カット|写真2

Photos(2枚)

『マリー・クワント スウィンギング・  ロンドンの伝説』場面カット|写真1 『マリー・クワント スウィンギング・  ロンドンの伝説』場面カット|写真2

キーワードから探す

ブランドプロフィール

関連用語