menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. ライフスタイル・カルチャー   /  
  4. アイテム

書籍『ダニエル・アーシャムのポケモン図鑑』“1000年後”のピカチュウなど、全91作品を収録

書籍『ダニエル・アーシャムのポケモン図鑑』が、2022年2月4日(金)に全国書店、ポケモンセンター、NANZUKA UNDERGROUND(神宮前)などで発売される。

“ポケモン”が題材、ダニエル・アーシャム初の日本語版作品集

書籍『ダニエル・アーシャムのポケモン図鑑』“1000年後”のピカチュウなど、全91作品を収録|写真1

『ダニエル・アーシャムのポケモン図鑑』は、アーティスト ダニエル・アーシャム×ポケモン(Pokémon)がコラボレーションしたアートプロジェクト第3弾「A Ripple in Time / 時の波紋」の全貌を記録した作品集だ。“フィクションとしての考古学”をテーマに制作活動を続けるダニエル・アーシャムが、子供の頃からずっと特別な存在であったポケモンをモチーフに、初となる日本語版作品集を完成させた。

全91作品を収録

書籍『ダニエル・アーシャムのポケモン図鑑』“1000年後”のピカチュウなど、全91作品を収録|写真2

本書籍に収録されているのは、ピカチュウ、イーブイなど24種の彫刻ドローイングや、ペインティングといった91作品。“1000年後に発掘された”ポケモンをイメージしたユニークな作品の数々を、あらゆる角度から楽しむことができる。

貴重なインタビュー記事も

書籍『ダニエル・アーシャムのポケモン図鑑』“1000年後”のピカチュウなど、全91作品を収録|写真7

またダニエル・アーシャム本人と、テレビアニメ『ポケットモンスター』シリーズに携わってきた湯山邦彦監督のインタビューも特別に掲載。アーシャムと湯山監督のコラボレーション制作が実現したショートアニメ作品『“A Ripple in Time” by Pokémon x Daniel Arsham』(※)における制作舞台裏が語られている。

※2022年2月に東京・神宮前のNANZUKA UNDERGROUNDで展示。

【詳細】
書籍『ダニエル・アーシャムのポケモン図鑑』3,500円
発売日:2022年2月4日(金)
展開場所:全国一般書店、展覧会「A Ripple in Time / 時の波紋」の一部会場(NANZUKA UNDERGROUND、NANZUKA 2G、3110NZ by LDH、草月会館 草月プラザ、六本木ヒルズ 66プラザ)、全国のポケモンセンター、ポケモンセンターオンライン、ネット書店
※販売情報の詳細は、展覧会「A Ripple in Time / 時の波紋」特設サイトを参照。
発行:カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
発売:美術出版社
仕様:192ページ、B5判変型

©2022 Pokémon. ©1995-2022 Nintendo/ Creatures Inc./ GAME FREAK inc.
©Daniel Arsham, Courtesy of Nanzuka
©Culture Convenience Club, 2022
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon

Photos(9枚)

書籍『ダニエル・アーシャムのポケモン図鑑』“1000年後”のピカチュウなど、全91作品を収録|写真1 書籍『ダニエル・アーシャムのポケモン図鑑』“1000年後”のピカチュウなど、全91作品を収録|写真2 書籍『ダニエル・アーシャムのポケモン図鑑』“1000年後”のピカチュウなど、全91作品を収録|写真3 書籍『ダニエル・アーシャムのポケモン図鑑』“1000年後”のピカチュウなど、全91作品を収録|写真4 書籍『ダニエル・アーシャムのポケモン図鑑』“1000年後”のピカチュウなど、全91作品を収録|写真5 書籍『ダニエル・アーシャムのポケモン図鑑』“1000年後”のピカチュウなど、全91作品を収録|写真6 書籍『ダニエル・アーシャムのポケモン図鑑』“1000年後”のピカチュウなど、全91作品を収録|写真7 書籍『ダニエル・アーシャムのポケモン図鑑』“1000年後”のピカチュウなど、全91作品を収録|写真8 書籍『ダニエル・アーシャムのポケモン図鑑』“1000年後”のピカチュウなど、全91作品を収録|写真9

Photos(9枚)

キーワードから探す

商業施設・エリア

関連用語