menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開

東京の山種美術館では、開館55周年記念特別展「奥村土牛 ─山﨑種二が愛した日本画の巨匠 第2弾─」を、2021年11月13日(土)から2022年1月23日(日)まで開催する。

奥村土牛の代表作を一挙公開

奥村土牛《醍醐》1972年(昭和47年) 紙本・彩色 山種美術館
奥村土牛《醍醐》1972年(昭和47年) 紙本・彩色 山種美術館

奥村土牛(おくむら とぎゅう)は、近代・現代を代表する日本画家だ。梶田半古や小林古径に師事し、38歳で院展初入選と遅咲きでありながらも、展覧会に出品を重ねて名声を獲得。半古や古径に学んだ写生や画品を重視し、自ら「絵を通して伝わってくるのは作者の人間性」と語るように、自身の内面を投影した温かみのある作品を制作し続けた。

奥村土牛《兎》1936年(昭和11年) 絹本・彩色 山種美術館
奥村土牛《兎》1936年(昭和11年) 絹本・彩色 山種美術館

特別展「奥村土牛 ─山﨑種二が愛した日本画の巨匠 第2弾─」では、土牛と親しく交わった山種美術館の創立者・山﨑種二による土牛コレクションから、約60点の作品を紹介。院展の出品作を中心に代表作の数々を展示し、その画業をたどる。

奥村土牛《鳴門》1959年(昭和34年) 紙本・彩色 山種美術館
奥村土牛《鳴門》1959年(昭和34年) 紙本・彩色 山種美術館

山種美術館が所蔵する土牛作品は135点を数え、質・量ともに最高の水準を誇る。会場では、瀬戸内海の鳴門の渦潮を描いた《鳴門》や、師・古径を偲んで制作した《浄心》、《醍醐》、《吉野》など、土牛の代表作を目にすることができる。

奥村土牛《吉野》1977年(昭和52年) 紙本・彩色 山種美術館
奥村土牛《吉野》1977年(昭和52年) 紙本・彩色 山種美術館

また、土牛が生涯活躍の場としたのが院展であった。本展では、同館所蔵の院展出品作全35点を一堂に集めて公開する機会となる。

展覧会概要

開館55周年記念特別展「奥村土牛 ─山﨑種二が愛した日本画の巨匠 第2弾─」
会期:2021年11月13日(土)~2022年1月23日(日)
会場:山種美術館
住所:東京都渋谷区広尾3-12-36
開館時間:10:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(12月27日(月)、1月3日(月)・10(月・祝)は開館)、1月11日(火)、年末年始(12月29日(水)~1月2日(日))
入館料:一般 1,300円、大学生・高校生 1,000円、中学生以下 無料(付添者の同伴が必要)
※障がい者手帳、被爆者健康手帳の提示者、および介助者(1名)は1,100円 、左記いずれかのうち大学生・高校生は900円
※きもの特典:きものでの来館者は、一般200円引き、大学生・高校生100円引き
※入館日時のオンライン予約が可能(詳細は美術館ホームページを参照)
※会期・開館時間などは変更となる場合あり(最新情報については美術館ホームページなどを確認のこと)

【問い合わせ先】
TEL:050-5541-8600 (ハローダイヤル)

Photos(14枚)

日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真1 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真2 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真3 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真4 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真5 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真6 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真7 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真8 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真9 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真10 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真11 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真12 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真13 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真14

Photos(14枚)

日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真1 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真2 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真3 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真4 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真5 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真6 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真7 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真8 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真9 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真10 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真11 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真12 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真13 日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開|写真14

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

原宿の古着屋ベスト30選 -ブランド古着やストリートなどメンズ&レディースの人気店を網羅
原宿の古着屋ベスト30選 -ブランド古着やストリートなどメンズ&レディースの人気店を網羅
東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
東京都内人気アフタヌーンティー&スイーツビュッフェ[高級ホテル編]おすすめイベント情報カレンダー
東京都内人気アフタヌーンティー&スイーツビュッフェ[高級ホテル編]おすすめイベント情報カレンダー
池内晶子の個展が府中市美術館で - 絹糸をつないでつくる、しなやかで繊細な空間
2021.12.18(土)~2022.2.27(日) 開催予定
池内晶子の個展が府中市美術館で - 絹糸をつないでつくる、しなやかで繊細な空間
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
2021.12.7(火)~2022.2.20(日)
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開

スケジュール

深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」神戸&東京で - リアルな“金魚”超絶技巧アート、作品約300点を紹介
2021.12.2(木)~2022.1.31(月)
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」神戸&東京で - リアルな“金魚”超絶技巧アート、作品約300点を紹介
特別展「限らない世界 / 村上三郎」芦屋市立美術博物館で -「具体」にとどまらない活動を多角的に紹介
2021.12.4(土)~2022.2.6(日)
特別展「限らない世界 / 村上三郎」芦屋市立美術博物館で -「具体」にとどまらない活動を多角的に紹介
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
2021.12.7(火)~2022.2.20(日)
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
2021.12.7(火)~2021.12.19(日)
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
2021.12.7(火)~2022.1.30(日)
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
 スケジュール一覧