menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超

展覧会「小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌」が、東京ステーションギャラリーにて、2021年10月9日(土)から11月28日(日)まで開催される。その後、鳥取県立博物館に巡回する。

小早川秋聲の大回顧展

小早川秋聲《國之楯》1944年 京都霊山護国神社(日南町美術館寄託)
小早川秋聲《國之楯》1944年 京都霊山護国神社(日南町美術館寄託)

小早川秋聲(こばやかわ しゅうせい)は、大正期から昭和期にかけて京都を中心に活躍した日本画家であり、異色の戦争画《國之楯》を描いたことで知られている。初の大規模回顧展となる「小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌」では、新発見の戦争画を含む作品100点超と資料から、秋聲の清新かつ叙情的な画業を幅広く紹介する。

秋聲の足跡

小早川秋聲《長崎へ航く》1931年 個人蔵
小早川秋聲《長崎へ航く》1931年 個人蔵

鳥取県日野町黒坂にある光徳寺の長男として生まれた秋聲は、京都の日本画家・谷口香嶠に入門。1909年には京都市立絵画専門学校(現京都市立芸術大学)に入学するも、ほどなく退学して中国に渡る。香嶠亡きあとは、京都画壇の巨匠・山元春挙に師事し、文展や帝展などを中心に活躍した。

小早川秋聲《薫風》(右隻) 1924年 個人蔵
小早川秋聲《薫風》(右隻) 1924年 個人蔵

また、秋聲は旅の画家でもあった。中国、欧州各国、北米の地を踏むとともに、1931年の満州事変勃発以降はたびたび戦地に赴き、従軍画家として活躍。数多く手がけたその戦争画には、戦地の実感や、生活感のある叙情性を見てとることができる。

初期から晩年まで、100点超の作品を紹介

小早川秋聲《愷陣》1930年 個人蔵
小早川秋聲《愷陣》1930年 個人蔵

本展では、秋聲の初期から晩年にまで至る作品を展示。京都での修業時代における緻密な歴史画に始まり、《薫風》や《愷陣》、《長崎へ航く》など、戦前に手がけた作品を紹介する。また、文展や帝展に出品された大作も目にすることができる。

小早川秋聲《御旗》1934年 京都霊山護国神社(日南町美術館寄託)
小早川秋聲《御旗》1934年 京都霊山護国神社(日南町美術館寄託)

さらに、叙情性ある《御旗》や、陸軍省に受け取りを拒否された経緯をもつ《國之楯》へと至る戦争画の数々を紹介するとともに、仏画や仙人などを描いた戦後の小品も展示する。

展覧会概要

展覧会「小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌」
会期:2021年10月9日(土)〜11月28日(日)
会場:東京ステーションギャラリー
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1
開館時間:10:00~18:00(金曜日は20:00まで)
※入館は閉館30分前まで
休館日:月曜日(11月22日(月)は開館)
入館料:一般 1,100円、高校・大学生 900円、中学生以下 無料
※障がい者手帳などの持参者は100円引き(介添者1名は無料)
※日時指定の事前購入制(ローソンチケットで販売、詳細については美術館ウェブサイトを参照)
※ローソンチケットの残数に余裕のある場合に限り美術館で当日券を販売
※開催内容は変更となる場合あり

■巡回情報
・鳥取県立博物館
会期:2022年2月11日(金・祝)〜3月21日(月・祝)
住所:鳥取県鳥取市東町2-124
・京都文化博物館〈終了〉
会期:2021年8月7日(土)〜9月26日(日)
住所:京都府京都市中京区三条高倉

【問い合わせ先】
東京ステーションギャラリー
TEL:03-3212-2485

Photos(12枚)

日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真1 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真2 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真3 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真4 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真5 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真6 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真7 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真8 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真9 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真10 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真11 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真12

Photos(12枚)

日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真1 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真2 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真3 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真4 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真5 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真6 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真7 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真8 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真9 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真10 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真11 日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超|写真12

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
「めぐるアール・ヌーヴォー展」国立工芸館で - 異文化間の“還流”に着目、ミュシャや杉浦非水など展示
2021.12.25(土)~2022.3.21(月) 開催予定
「めぐるアール・ヌーヴォー展」国立工芸館で - 異文化間の“還流”に着目、ミュシャや杉浦非水など展示
〈2022年〉東京・神奈川など関東おすすめ展覧会スケジュール、美術館&博物館のアート展情報
〈2022年〉東京・神奈川など関東おすすめ展覧会スケジュール、美術館&博物館のアート展情報
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
2021.12.7(火)~2022.2.20(日)
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
銀座メゾンエルメス フォーラムの展覧会「転移のすがた」“共鳴”する現代アーティストたちの芸術的感性
2021.12.17(金)~2022.4.3(日) 開催予定
銀座メゾンエルメス フォーラムの展覧会「転移のすがた」“共鳴”する現代アーティストたちの芸術的感性

スケジュール

特別展「限らない世界 / 村上三郎」芦屋市立美術博物館で -「具体」にとどまらない活動を多角的に紹介
2021.12.4(土)~2022.2.6(日)
特別展「限らない世界 / 村上三郎」芦屋市立美術博物館で -「具体」にとどまらない活動を多角的に紹介
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
2021.12.7(火)~2021.12.19(日)
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
2021.12.7(火)~2022.1.30(日)
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
2021.12.7(火)~2022.2.20(日)
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
スタジオジブリの原点を辿る「アニメージュとジブリ展」宮城・大阪などで、“編集者”鈴木敏夫の仕事に迫る
2021.12.9(木)~2022.1.10(月)
スタジオジブリの原点を辿る「アニメージュとジブリ展」宮城・大阪などで、“編集者”鈴木敏夫の仕事に迫る
 スケジュール一覧