menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「ジャム・セッション 森村泰昌」アーティゾン美術館で、青木繁《海の幸》に向き合い「自画像的作品」を展開

展覧会「ジャム・セッション 石橋財団コレクション×森村泰昌 M式「海の幸」─森村泰昌 ワタシガタリの神話」が、東京・アーティゾン美術館にて、2021年10月2日(土)から2022年1月10日(月・祝)まで開催される。

アーティゾン美術館と森村泰昌の共演

森村泰昌《青春の自画像(Aoki)》2016/2021年 作家蔵
森村泰昌《青春の自画像(Aoki)》2016/2021年 作家蔵

「ジャム・セッション」は、石橋財団のコレクションと、現代美術家の共演による展覧会だ。2020年の鴻池朋子に続いて、2021年は森村泰昌を迎える。

青木繁《自画像》1903年 石橋財団アーティゾン美術館蔵
青木繁《自画像》1903年 石橋財団アーティゾン美術館蔵

森村泰昌は、1985年にゴッホの自画像に扮するセルフポートレイト写真を発表して以降、古今東西の絵画や写真に登場する人物に変装し、独自の解釈のもとで再現する「自画像的作品」を手がけてきた。そのなかで、石橋財団所蔵の青木繁《自画像》、《海の幸》に着想を得た作品を制作するなど、同財団の青木作品への関心を示している。

森村泰昌《ワタシガタリの神話》2021年(映像作品)より 作家蔵
森村泰昌《ワタシガタリの神話》2021年(映像作品)より 作家蔵

展覧会「ジャム・セッション M式「海の幸」─森村泰昌 ワタシガタリの神話」では、森村は改めて《海の幸》と向き合い、同作が制作された明治期以降の日本の文化や政治、思想などの変遷を主題化。“森村式”、略して“M式”「海の幸」として、新たな作品シリーズを発表する。

森村の新作や青木の絵画作品を展示

青木繁《海の幸》1904年(重要文化財) 石橋財団アーティゾン美術館蔵
青木繁《海の幸》1904年(重要文化財) 石橋財団アーティゾン美術館蔵

本展では、青木繁の肖像写真や自画像、《海の幸》の人物に扮した写真や映像など、森村の新作を40点以上展示。また、石橋財団コレクションから、青木繁の《海の幸》や《わだつみのいろこの宮》などの代表作10点を、森村独自の作品解釈、コメントとともに紹介する。

《海の幸》を起点とする大規模インスタレーション

森村泰昌《M式「海の幸」習作(色合わせ01:假象の創造)》2020年 作家蔵
森村泰昌《M式「海の幸」習作(色合わせ01:假象の創造)》2020年 作家蔵

さらに、森村によるM式「海の幸」では、明治・大正・昭和から現代、そして未来へと続く日本の文化や歴史を舞台として、青木繁《海の幸》を起点に10点のヴァリエーションを展開。幅約3m、86人の人物が登場する、大規模なインスタレーションが構成される。

展覧会概要

展覧会「ジャム・セッション 石橋財団コレクション×森村泰昌 M式「海の幸」─森村泰昌 ワタシガタリの神話」
会期:2021年10月2日(土)〜2022年1月10日(月・祝)
会場:アーティゾン美術館 6階展示室
住所:東京都中央区京橋1-7-2
時間:10:00〜18:00(金曜日は20:00まで)
※入館はいずれも閉館30分前まで
休館日:月曜日(1月10日(月・祝)は開館)、12月28日(火)〜1月3日(月)
入館料:ウェブ予約チケット 1,200円、当日チケット(窓口販売) 1,500円、学生 無料(要ウェブ予約)
※日時指定予約制(2021年8月2日(月)よりウェブ予約開始)
※上記料金で同時開催の展覧会も観覧可
※ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売
※中学生以下はウェブ予約不要
※開催情報は変更となる場合あり

■同時開催
・石橋財団コレクション選「印象派─画家たちの友情物語」
会期:2021年10月2日(土)〜2022年1月10日(月・祝)
会場:5階展示室
・石橋財団コレクション選「特集コーナー展示 挿絵本にみる20世紀フランスとワイン」
会期:2021年10月2日(土)〜2022年1月10日(月・祝)
会場:4階展示室

【問い合わせ先】
TEL:050-5541-8600 (ハローダイヤル)

Photos(8枚)

「ジャム・セッション 森村泰昌」アーティゾン美術館で、青木繁《海の幸》に向き合い「自画像的作品」を展開|写真1 「ジャム・セッション 森村泰昌」アーティゾン美術館で、青木繁《海の幸》に向き合い「自画像的作品」を展開|写真2 「ジャム・セッション 森村泰昌」アーティゾン美術館で、青木繁《海の幸》に向き合い「自画像的作品」を展開|写真3 「ジャム・セッション 森村泰昌」アーティゾン美術館で、青木繁《海の幸》に向き合い「自画像的作品」を展開|写真4 「ジャム・セッション 森村泰昌」アーティゾン美術館で、青木繁《海の幸》に向き合い「自画像的作品」を展開|写真5 「ジャム・セッション 森村泰昌」アーティゾン美術館で、青木繁《海の幸》に向き合い「自画像的作品」を展開|写真6 「ジャム・セッション 森村泰昌」アーティゾン美術館で、青木繁《海の幸》に向き合い「自画像的作品」を展開|写真7 「ジャム・セッション 森村泰昌」アーティゾン美術館で、青木繁《海の幸》に向き合い「自画像的作品」を展開|写真8

Photos(8枚)

「ジャム・セッション 森村泰昌」アーティゾン美術館で、青木繁《海の幸》に向き合い「自画像的作品」を展開|写真1 「ジャム・セッション 森村泰昌」アーティゾン美術館で、青木繁《海の幸》に向き合い「自画像的作品」を展開|写真2 「ジャム・セッション 森村泰昌」アーティゾン美術館で、青木繁《海の幸》に向き合い「自画像的作品」を展開|写真3 「ジャム・セッション 森村泰昌」アーティゾン美術館で、青木繁《海の幸》に向き合い「自画像的作品」を展開|写真4 「ジャム・セッション 森村泰昌」アーティゾン美術館で、青木繁《海の幸》に向き合い「自画像的作品」を展開|写真5 「ジャム・セッション 森村泰昌」アーティゾン美術館で、青木繁《海の幸》に向き合い「自画像的作品」を展開|写真6 「ジャム・セッション 森村泰昌」アーティゾン美術館で、青木繁《海の幸》に向き合い「自画像的作品」を展開|写真7 「ジャム・セッション 森村泰昌」アーティゾン美術館で、青木繁《海の幸》に向き合い「自画像的作品」を展開|写真8

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示
2021.11.13(土)~2022.1.30(日) 開催予定
佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示
「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察
2021.10.23(土)~2022.1.23(日)
「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察
企画展「上田薫とリアルな絵画」茨城県近代美術館で - 上田薫と現代の作家による“リアル”な絵画を紹介
2021.10.26(火)~2021.12.12(日)
企画展「上田薫とリアルな絵画」茨城県近代美術館で - 上田薫と現代の作家による“リアル”な絵画を紹介
冨安由真の個展が金沢21世紀美術館で、幼少期の夢に着想“現実と虚構が交わる”新作インスタレーション
2021.10.30(土)~2022.3.21(月)
冨安由真の個展が金沢21世紀美術館で、幼少期の夢に着想“現実と虚構が交わる”新作インスタレーション
特別展「鈴木其一・夏秋渓流図屏風」根津美術館で、異色の代表作《夏秋渓流図屏風》誕生の秘密をひもとく
2021.11.3(水)~2021.12.19(日) 開催予定
特別展「鈴木其一・夏秋渓流図屏風」根津美術館で、異色の代表作《夏秋渓流図屏風》誕生の秘密をひもとく

スケジュール

「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察
2021.10.23(土)~2022.1.23(日)
「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察
パリで活躍した画家・荻須高徳の展覧会、美術館「えき」KYOTOで - 街並みを描いた油彩画などを展示
2021.10.23(土)~2021.12.19(日)
パリで活躍した画家・荻須高徳の展覧会、美術館「えき」KYOTOで - 街並みを描いた油彩画などを展示
写真家ロベール・ドアノー“パリの音楽”をテーマとした展覧会、美術館「えき」KYOTOで
2021.10.23(土)~2021.12.22(水)
写真家ロベール・ドアノー“パリの音楽”をテーマとした展覧会、美術館「えき」KYOTOで
戦後日本のデザイン運動の先駆け「デザインコミッティー」の展覧会、川崎市岡本太郎美術館で
2021.10.23(土)~2022.1.16(日)
戦後日本のデザイン運動の先駆け「デザインコミッティー」の展覧会、川崎市岡本太郎美術館で
建築家・白井晟一の展覧会、渋谷区立松濤美術館で - 初期〜晩年の建築や書・デザインの仕事を紹介
2021.10.23(土)~2021.12.12(日)
建築家・白井晟一の展覧会、渋谷区立松濤美術館で - 初期〜晩年の建築や書・デザインの仕事を紹介
 スケジュール一覧