menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. ファッション   /  
  4. コレクション

ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には

ウル(URU)の2019-20年秋冬コレクションを紹介。

テーマは“Visionary”=“空想的な”

ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真3

削ぎ落されたミニマルさと、落ち着いた雰囲気をいつも以上に強めた今季。エスニックなモチーフやウエスタン、ペイズリー柄などが登場した前シーズンと比べても、雰囲気の違いは明らかだ。年間テーマの「Visionary」は“幻の、空想的な”の意を示す。より研ぎ澄まされた“空想”の先に見えるものは、むしろはっきりとした“存在”であるかもしれない。そう思わせるほどに、1つ1つのウェアはシンプルながらも確固とした存在感を放っている。

ダークカラーの多用

ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真10

ブラック、ネイビーといったダークカラーが多用されているのが印象的だ。ハリのあるデニムパンツに組み合わせた、袖にボリュームを持たせたムートンジャケットや、シルバーのボタンが光るラグランスリーブのブルゾン、ゆったりとした仕立てのアノラックなどは、色彩を暗くすることでシルエットの個性が浮き彫りに。綿レーヨンで仕立てたジャケットは、身頃を広くとったフォルムと、しなやかな素材感、深いネイビーの色味が相まって、しっとりとした、静かな上品さを感じさせる。

深みのある色彩

ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真16

また、ダークカラー以外においても奥行きのある色彩表現が見て取れた。短めの丈に仕立てたスウェードシャツは、深みのあるブルーの色味が上質感を演出する。また、製品染めを施したスウェットは、もともと杢グレーの生地にブリーチを施し、アイボリーに染め上げたもの。色彩の絶妙なニュアンスが、服に独自性をもたらしている。

クラシカルなチェック柄

ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真15

クラシックなガンクラブチェックは、パンツやスタンドカラージャケット、ロングコートに採用された。ウエストにベルトを配したロングコートは、裾に向かって直線的な広がりを見せるのが特徴。ドロップショルダーで、程良く分量を持たせた袖と、立体感のある全体のフォルムによって、抜け感のあるフラットな印象に仕上げている。

Photos(20枚)

ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真1 ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真2 ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真3 ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真4 ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真5 ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真6 ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真7 ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真8 ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真9 ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真10 ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真11 ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真12 ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真13 ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真14 ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真15 ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真16 ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真17 ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真18 ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真19 ウル 2019-20年秋冬コレクション - 研ぎ澄まされた空想の先には|写真20

キーワードから探す

ブランドプロフィール