menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   アート   >   イベント

特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介

特別展「生誕130年記念 奥村土牛」が、東京・山種美術館で2019年2月2日(土)から3月31日(日)まで開催される。

奥村土牛の名品約60点を展示

奥村土牛《鳴門》1959(昭和34)年 紙本・彩色 山種美術館
奥村土牛《鳴門》1959(昭和34)年 紙本・彩色 山種美術館

2019年に広尾開館10周年を迎える山種美術館で開催される特別展「生誕130年記念 奥村土牛」は、日本画家・奥村土牛の生誕130年を記念し、山種美術館所蔵のコレクションの中から厳選した名品約60点を展示する展覧会だ。山種美術館の創立者である山﨑種二が、様々な画家と直接交流する中でも特に奥村土牛と親しくしていたことから、135点に及ぶ日本屈指の土牛コレクションが所蔵されている。

奥村土牛《醍醐》1972(昭和47)年 紙本・彩色 山種美術館
奥村土牛《醍醐》1972(昭和47)年 紙本・彩色 山種美術館

瀬戸内海の鳴門の渦潮を描いた《鳴門》や、師と仰ぐ小林古径を偲んで制作した《浄心》《醍醐》などの代表作をはじめ、活躍の場であった院展の出品作を中心に奥村土牛の画業を紹介する。

奥村土牛《兎》1947(昭和22)年頃 絹本・彩色 山種美術館
奥村土牛《兎》1947(昭和22)年頃 絹本・彩色 山種美術館

奥村土牛は、画家志望であった父親のもとで10代から絵画に親しみ、38歳で院展初入選。遅咲きでありながら、展覧会に絵を出品し続け、40代半ばから注目を集めるようになった。「死ぬまで初心を忘れず、拙くとも生きた絵が描きたい」と語り、100歳を超えても絵を描き続けた奥村土牛ならではの、繊細で優しいまなざしを通して描かれた作品の数々を堪能できる展示内容となっている。

詳細

【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】生誕130年記念 奥村土牛
会期:2019年2月2日(土)~3月31日(日)
会場:山種美術館
住所:東京都渋谷区広尾3-12-36
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(但し、2月11日は開館、2月12日は休館)
入館料:一般 1,200円(1,000円)・大高生 900円(800円)・中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金、および前売り料金。
※障がい者手帳、被爆者健康手帳提示者、およびその介助者(1名)は無料。
※きもの割引:会期中、きもので来館すると、団体割引料金。
※リピーター割引:本展使用済入場券(有料)を提出すると、会期中入館料が団体割引料金となる。(1名1枚につき1回限り有効)
※複数割引併用不可。

Photos(14枚)

特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像1 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像2 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像3 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像4 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像5 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像6 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像7 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像8 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像9 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像10 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像11 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像12 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像13 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像14

Photos(14枚)

特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像1 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像2 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像3 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像4 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像5 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像6 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像7 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像8 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像9 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像10 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像11 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像12 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像13 特別展「生誕130年記念 奥村土牛」山種美術館で、《鳴門》《醍醐》など名品の日本画約60点を紹介 画像14

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
〈大阪・京都・兵庫〉関西の美術館&博物館情報 - おすすめ展覧会の開催スケジュール
〈大阪・京都・兵庫〉関西の美術館&博物館情報 - おすすめ展覧会の開催スケジュール
東京都内・都内近郊おでかけ情報 - デートや観光にも最適なおすすめイベントスケジュール
東京都内・都内近郊おでかけ情報 - デートや観光にも最適なおすすめイベントスケジュール
渋谷・原宿・表参道周辺のおでかけ美術館・ギャラリー&公園イベント情報スケジュール
渋谷・原宿・表参道周辺のおでかけ美術館・ギャラリー&公園イベント情報スケジュール
東京&大阪の人気レストラン、人気料理+"黄金シャンパーニュ”メゾン マムで贅沢ディナー&女子会を
11月1日(金)~12月31日(火)開催
東京&大阪の人気レストラン、人気料理+"黄金シャンパーニュ”メゾン マムで贅沢ディナー&女子会を

スケジュール

ほぼ日曜日&ほぼ日カルチャんが渋谷パルコに、展覧会・イベントスペースや“東京の文化”案内所
11月22日(金)オープン
ほぼ日曜日&ほぼ日カルチャんが渋谷パルコに、展覧会・イベントスペースや“東京の文化”案内所
舘鼻則孝新作個展にレディー・ガガ着用代表作『ヒールレスシューズ』の新作、入場無料・銀座で開催
11月22日(金)~12月22日(日)開催
舘鼻則孝新作個展にレディー・ガガ着用代表作『ヒールレスシューズ』の新作、入場無料・銀座で開催
渋谷パルコで大友克洋『AKIRA』の展覧会、コラージュアーティスト河村康輔のART WALLが復活
11月22日(金)~12月16日(月)開催
渋谷パルコで大友克洋『AKIRA』の展覧会、コラージュアーティスト河村康輔のART WALLが復活
「マル秘展 めったに見られないデザイナー達の原画」六本木で、原研哉や隈研吾のスケッチ
11月22日(金)~2020年3月8日(日)開催
「マル秘展 めったに見られないデザイナー達の原画」六本木で、原研哉や隈研吾のスケッチ
現代美術家・ピュ~ぴる12年ぶりの新作展「ゴッデス」ディーゼルアートギャラリーで開催
11月22日(金)~2020年2月13日(木)開催
現代美術家・ピュ~ぴる12年ぶりの新作展「ゴッデス」ディーゼルアートギャラリーで開催
 スケジュール一覧