menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『ラッキー』90歳の頑固じじいが死と向き合う、生き方に迷う人に向けた感動作

名優ハリー・ディーン・スタントン最後の主演作『ラッキー』が、2018年3月17日(土)より全国で順次公開されていく。自由きままで頑固で一匹狼、90歳のお爺さんラッキーと、ちょっぴり風変わりな街の人々の交流を描いた作品だ。

ハリー・ディーン・スタントンとは?

現実主義で一匹狼、偏屈で”遺伝的に頑固だ”と言われるラッキーを演じるのはハリー・ディーン・スタントン。彼は残念ながら映画の公開の前、2017年9月に亡くなった。『エイリアン』など名脇役として多くの作品に出演。カンヌ映画祭パルム・ドールを受賞したヴィム・ヴェンダースの名作『パリ、テキサス』では、主人公を演じて脚光を浴びた。

スタントン演じるラッキー

堅物で一匹狼、90歳のおじいさん。毎日、コーヒーを飲みタバコをふかす。日課は、馴染み客が集まる行きつけのバーで、テキーラベースのカクテル“ブラッディ・マリア”を飲むこと。だが人生の終わりが近づいてるとしり「死」について考えるようになる。

デヴィッド・リンチも出演

映画監督として知られるデヴィッド・リンチは、ラッキーの友人役として出演する。ハリー・ディーン・スタントンは、リンチの作品『ワイルド・アット・ハート 』などに出演しており、長年の友人としても交流があった。そのほかでは、過去何度も共演した名優トム・スケリットも出演。

実際に、スタントンの長年の友人である出演者を想定して書いた脚本は、哲学的で示唆に富み、本人たちの“素”を思わせる会話のように見えてくる。全ての者に訪れる人生の終わりについて、スタントンの人生になぞらえて描く、彼へのラブレターとも言える作品だ。

俳優出身で監督デビュー作となるジョン・キャロル・リンチがメガホンをとる。ジョン・キャロル・リンチは、その風貌から、気のいいキャラクターから謎めいた人物まで、そして幅広いジャンルで活躍してきた俳優。コーエン兄弟監督先『ファーゴ』で、フランシス・マクドーマンドが演じた女性署長マージの夫ノームを演じて知名度をあげる。その後、『ゾディアック』『グラン・トリノ』『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』などに出演してきた。

映画について次のように話す。
「老いや、人生の終盤を生きることをテーマにした映画にはしたくなかった。一人の男が自分を見つめ、神や天国という“第二幕”といった安心材料なしで生きる姿を描きたかったんだ。」

『ラッキー』あらすじ

銀行強盗もしない、飛行機から飛び降りもしない、人助けもしない。神様も信じずに生きてきた90歳のラッキーは、今日もひとりで住むアパートで目を覚す。毎日、コーヒーを飲みタバコをふかす。バーではブラッディ・マリアを飲み、常連客たちと過ごす。そんな日々を生きる中でふと、人生の終わりが近づいていることを知る。そうして「死」について考え始める。子供の頃は怖かった暗闇、去っていったペットの亀、「エサ」として売られるコオロギ。小さな街の人々との交流の中で、ラッキーは「それ」を悟っていく。全ての者に訪れる「死」。難しい現実主義者ラッキーがたどり着いた、ある答えとは?

映画詳細

『ラッキー』
原題:Lucky
監督:ジョン・キャロル・リンチ
出演:ハリー・ディーン・スタントン(『パリ、テキサス』『レポマン』『ツイン・ピークス The Return』)、デヴィッド・リンチ(『インランド・エンパイア』『ツイン・ピークス』監督)、ロン・リビングストン(『セックス・アンド・ザ・シティ』)、エド・ベグリー・ジュニア、トム・スケリット、べス・グラント、ジェイムズ・ダレン、バリー・シャバカ・ヘンリー
公開日:2018年3月17日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開
配給・宣伝:アップリンク
(c) 2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved

Photos(3枚)

『ラッキー』場面カット|写真1 『ラッキー』場面カット|写真2 『ラッキー』場面カット|写真3

Photos(3枚)

『ラッキー』場面カット|写真1 『ラッキー』場面カット|写真2 『ラッキー』場面カット|写真3

キーワードから探す