ホーム > ニュース > ファッション > 「春アウター」の着こなし術、トレンチコート&デニムジャケットのスナップ特集

「春アウター」の着こなし術、トレンチコート&デニムジャケットのスナップ特集

街中でよく見かける春アウターといえば「トレンチコート」「デニムジャケット」。定番のアイテムだからこそ、着こなし方で様々なスタイルが楽しめる。今回はそんな春アウターのコーディネート術をストリートスナップから紹介。

トレンチコートのコーディネート

春アウターの代名詞と言っても過言ではない「トレンチコート」。ヴィンテージのオーバーサイズやシングル、ダブルといった様々なフォルム、色味、デザインが展開されており、幅広いファッションを楽しめるアイテムだ。スナップでも様々なテイストのコーディネートが見受けられた。

Nao( なお )

エモダ(EMODA)のコートに、ビームス(BEAMS)で購入したという赤いボーダートップスとブーツカットデニム、そしてベレー帽を合わせて“パリジェンヌ風”の着こなしに。バッグとシューズを黒で統一することで、全体を引き締めた。

Ayaka Edure( 江連 朱佳 )

彼女は王道であるバーバリー(BURBERRY)のトレンチコートをセレクト。ボタンもベルトも全部締めて、ワンピース風にコーディネートした。足元には古着屋・サンタモニカで購入したという真っ赤なバレエシューズ、耳元にはパールのアクセサリーを選んでいる。ハイブランド×ヴィンテージの絶妙な組み合わせはぜひ参考にしたい。

Chisuzu Kobayashi( コバヤシ チスズ )

ワイズ(Y's)のコートに白シャツとフレアパンツを合わせて大人顔なコーディネート。コートはベルトで腰周りをキュッと締めて、ウエストマークで着こなした。さらに、襟を大胆に折り返すことで個性的なルックに。アクセサリーに取り入れた大きなメガネもスパイスになっている。

Yaco( ヤコ )

オーバーサイズなヴィンテージのトレンチコートに、シルバーのバッグとシューズを取り入れることで、エッジを効かせた。ヴィンテージライクなコルセットもアクセントになっている。ウェアは全て古着。

Kan( 環 )

七分丈のコートを羽織った彼女は、鮮やかな小物を取り入れて遊び心のあるスタイリングに。ブルーのキャップに、フルラ(FURLA)のピンクのミニバッグ、そしてA.D.S.R.(エー ディー エス アール)のイエローのアイウェアを合わせている。足元にはコンバース(CONVERSE)をセレクトした。

Yuki Maeno( 前野 祐貴 )

彼はバーバリー プローサム(BURBERRY PRORSUM)のコートを選んだ。ユニクロ(UNIQLO)のパンツ、ラッド ミュージシャン(LAD MUSICIAN)のシューズ、コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)のバックパックと、すべて黒で統一してスマートな着こなしに。2トーンでまとめることで、トレンチコートが際立っている。

Hodaka Mukouhara( 向原 帆高 )

ベージュのトレンチコートに、鮮やかな橙色のインナーとベルトを合わせたルック。ベルトはトレンチコートのベルトの上から、さらに重ねられている。キャスケットも同系色で合わせ、暖色系の3トーンを作り上げた。すべてヴィンテージアイテムをセレクト。

デニムジャケットのコーディネート

「デニムジャケット」は羽織ったり、腰に巻いたり、コートとレイヤードしたりと、様々なスタイルを楽しめる万能アウター。スナップでも色とりどりの着こなしが切り取られた。それぞれのスタイリングをチェックしてみよう。

Ayumi Uehara( 上原 歩 )

インディゴカラーでハリ感のあるデニムジャケットは、ケイスリーアンドコー(k3&co.)のもの。同系色のパンツに、シャネル(CHANEL)のチェーンバッグを合わせることで、ランクアップしたコーディネートに。ショート丈がセクシーなカットソーZARA(ザラ)のもの。

Shun Kawachi( 河内 駿 )

ブルーの濃度が異なるものを上下で組み合わせた「デニムonデニム」スタイル。古着のパーカーを忍ばせて、こなれたストリートスタイルに仕上げた。バックの刺繍がポイントのデニムジャケットはKENZO(ケンゾー)のもの。足元にはピンクのコンバース(CONVERSE)を取り入れてアクセントに。

Yuki( ユキ )

リリーブラウン(Lily Brown)のデニムジャケットは、アームの途中で切り返された異素材ミックスとボリューミーな袖がポイント。ふわふわのショート丈ロンパースを合わせてガーリーな雰囲気に。足元にもサテンリボンのシューレースが可愛らしいプーマ(PUMA)のスニーカー「バスケットハート」をセレクト。

Una( ユウナ )

彼女はステューシー ウィメン(STÜSSY WOMEN)のショート丈デニムジャケットと、デザイン性の高いパメオ ポーズ(PAMEO POSE)のハイウエストパンツを組み合わせた。トーンが絶妙に異なる2着を合わせているのがポイント。肩を後ろに引き少し落として着こなすことで、こなれた雰囲気に仕上がっている。

Tsukasa Uchikoshiyama( 打越山 つかさ )

オーバーサイズな古着のデニムジャケットに、ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)のスキニーデニムを組み合わせて、「ボリューミーなアウターには細身のパンツ」という定番シルエットを作った。ワッペンがたくさんついたアンブッシュ(AMBUSH)のバッグをクロスボディしてアクセントを効かせている。

Louis( 瑠衣 )

少し肌寒い日の「アウター×アウター」スタイルは、薄手でコンパクトサイズのデニムジャケットの上から、大きめのミリタリージャケットを羽織ったもの。レイヤードした2着のアウターは共にハイク(HYKE)。

Erika Mieda( 三枝 江梨香 )

彼女はミモレ丈のスカートに、シアタープロダクツ(THEATRE PRODUCTS)のボア付きデニムジャケットを選んだ。ライダースジャケットのようなデザインがポイント。キャップを取り入れて、フェミニン×ボーイッシュなミックスコーディネートに。

様々なテイストで楽しめる2大春アウター「トレンチコート」と「デニムジャケット」。スナップを参考に、春ファッションを楽しんでみては。

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

「春アウター」の着こなし術、トレンチコート&デニムジャケットのスナップ特集 画像1

ニュースデータ

日時:2017-05-12 21:35