ホーム > ファッションニュース > グルメ > 焼鳥の名店「目黒 鳥しき」が分店「目黒 鳥かど」をオープン

焼鳥の名店「目黒 鳥しき」が分店「目黒 鳥かど」をオープン

目黒の焼鳥の名店『鳥しき』。その店主である池川義輝は、これまで新規出店のオファーを断り続けて来た。この店を守るという強い思いのもと。 焼手は、あくまで自分だけ、誰にも触らせず己の魂を込める…と。それでも世界を含め、顧客も年々増え予約はなかなか取れない状況。また焼鳥業界の社会的地位も上げたい…その強い思いが今回の『鳥かど』出店への決断となった。

かしわ

『鳥しき』とは?

『鳥しき』は、池川義輝が、2007年1月9日、目黒にオープン。炭火での焼き方にも徹底的に拘り、火加減に合わせて串に刺すお肉を配置、その大きさなどまで細かく調整している。おまかせコースでは、かしわ、ササミ、手羽などの串・単品などが次々に提供され、その料理を楽しめる。申告制でお腹が一杯になったらストップをかける。親子丼も人気のメニュー。オープン後、瞬くまに予約困難なお店となり、2010年には、「世界初」焼鳥で、ミシュラン一つ星を獲得。世界から予約が殺到している。毎月1日に2ヶ月先の1ヶ月の予約を受付け、即満席の状態。

ぼんじり

分店『鳥かど』

分店『鳥かど』は、鳥しきの出店から丁度10年が過ぎる2017年1月9日にオープン。”かど”は、門出のかどを意味している。その他、この”かど”という言葉には才能、 才気、刀の切っ先、一族、一門など多くの想いが込められている。

焼き手は、『鳥しき』で三年間修行した小野田幸平。メニューは「鳥しき」と同じだが、新メニューもラインナップ。焼鳥に合う、ワインや日本酒を添えて楽しむ。

店内は黒漆喰でまとめたミニマル・デザイン。大きな暖簾とセンターの家紋、無垢の白木の贅沢なカウンターを使用している。シンガポールのブランディングチーム「ジェットセッタ-」が担当しており、海外の顧客が”禅”の世界を楽しめるよう意識している。

ササミ
厚揚げ

店舗情報

鳥かど
住所:東京都目黒区目黒2-8-7 鈴木ビルB1F
TEL:03-6417-9967
席数:26席 カウンター18席 4名個室×2
営業時間:18:00~24:00
定休:日曜日定休 ※2017年3月をメドに無休予定
メニュー:本店と同じ ※新メニュー単品少々あり
おまかせ 串・単品 4,500円~(ストップ申告制)(税別)

鳥しき
住所:東京都品川区上大崎2-14-12
TEL:03-6417-9967
営業時間:18:00~23:00
定休日:月曜日・祝日
※毎月最初の営業日の14時より、電話で2ケ月先の月の予約を受け付け

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

焼鳥の名店「目黒 鳥しき」が分店「目黒 鳥かど」をオープン 画像1
焼鳥の名店「目黒 鳥しき」が分店「目黒 鳥かど」をオープン 画像2
焼鳥の名店「目黒 鳥しき」が分店「目黒 鳥かど」をオープン 画像3
焼鳥の名店「目黒 鳥しき」が分店「目黒 鳥かど」をオープン 画像4
焼鳥の名店「目黒 鳥しき」が分店「目黒 鳥かど」をオープン 画像5
焼鳥の名店「目黒 鳥しき」が分店「目黒 鳥かど」をオープン 画像6
焼鳥の名店「目黒 鳥しき」が分店「目黒 鳥かど」をオープン 画像7
焼鳥の名店「目黒 鳥しき」が分店「目黒 鳥かど」をオープン 画像8
焼鳥の名店「目黒 鳥しき」が分店「目黒 鳥かど」をオープン 画像9
焼鳥の名店「目黒 鳥しき」が分店「目黒 鳥かど」をオープン 画像10
焼鳥の名店「目黒 鳥しき」が分店「目黒 鳥かど」をオープン 画像11
焼鳥の名店「目黒 鳥しき」が分店「目黒 鳥かど」をオープン 画像12
焼鳥の名店「目黒 鳥しき」が分店「目黒 鳥かど」をオープン 画像13
焼鳥の名店「目黒 鳥しき」が分店「目黒 鳥かど」をオープン 画像14

ニュースデータ

日時:2017-01-11 23:15