menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ブランド

Koh Gen Do江原道

江原道について

江原道(こうげんどう / Koh Gen Do)は、日本のコスメブランド。1986年、東京・麻布十番に創業した。

肌あれに悩むひとりの女優が、美しい肌を取り戻すため、香料・合成色素・石油系鉱物油を不使用を条件とした、自然派化粧品を開発したことから、ブランドがスタート。自ら試し作り上げた基礎化粧品は、厳しい目を持つメイクアップアーティストの目に留まり、その後、一般消費者へ販売されるまで成長を遂げる。

デビューから2019年7月までに、映画・ドラマ・舞台作品など国内外980作品以上で、江原道(こうげんどう / Koh Gen Do)の製品が使用されている。

ブランド創立時に作られたブランドロゴおよびパッケージデザイン、店舗デザインは、画家・金子國義が担当。

1987年、東京・麻布十番に直営サロンをオープン。同年、東洋ハーブを中心に、厳選された原料を用いた自然派スキンケアシリーズ「マイファンスィー スキンケアライン」を展開。

1988年、映画やTVの撮影現場で、江原道のスキンケア製品が評判になり、女優たちがサロンを訪れるようになる。ホワイトニングと保湿に特化した、薬用スキンケア「MD」シリーズがスタート。

1989年、ハイビジョン対応「モイスチャー ファンデーション」「フェイスパウダー」を発売。

1990年、卸事業を開始する。

1995年、「スキンケアライン」をリニューアル。全製品に活性酸素除去成分を新配合し、時代に合わせた肌悩みにアプローチする。

2000年、三代目「スキンケアライン」発売。女性ホルモン様作用に着目し、柔らかくきめ細かな肌へと導く“大豆イソフラボン”をいち早く配合した。

2005年、四代目「スキンケアライン」発売。抗酸化成分をはじめとした機能性植物エキスを新配合した。

2006年、創業20周年のタイミングで、全国バラエティショップにてベースメイク製品の販売をスタート。同時に、韓国での展開もスタート。

2008年、温泉水と6種のハーブを配合した「SPA」シリーズ誕生。オイル・アルコールフリーのクレンジングウォーターがヒットを記録する。同年、初のリクイッドファンデーション「アクアファンデーション」、五代目「スキンケアライン オリエンタルプランツ」、ミネラル顔料を使用した、初のカラーアイテム「リップスティック」を発売。

コンセプトは「素肌を、主役に。」。どんな環境下でも肌本来の美しさを演出してくれる、スキンケア発想のファンデーションや、肌の柔らかさ・滑らかさ・艶・引き締め・ハリと5つの肌力(=江原道では五能と呼ぶ)に働きかけるスキンケアシリーズなどを展開。ハイビジョン対応 ベースメイク、ベーシック スキンケア、クイック スキンケア、プレステージ スキンケア、ボディ&バス ケア、スキンケア&メイク ツールとカテゴリーを分類し、商品展開をしている。

公式サイト

https://www.kohgendo.com/

News - 江原道のニュース

Shop - 江原道 店舗・取り扱いコーナー

江原道 新丸ビル
東京都千代田区丸の内1-5-1
ビューティ
アットコスメ 東京
東京都渋谷区神宮前1-14-27
ビューティ
江原道 ジェイアール京都伊勢丹
京都府京都市下京区東塩小路町
江原道 守口京阪
大阪府守口市川原町8-3
ビューティ
江原道 阪神梅田
大阪府大阪市北区梅田1-13-13
ビューティ
江原道 大丸神戸
兵庫県神戸市中央区明石町40
ビューティウィメンズ

Shop Search - 江原道 店舗・取り扱いコーナー検索

江原道取り扱い店舗・コーナー

関連用語

スケジュール

インテグレート“すっぴん美肌”演出ピンクのベースメイク&ハートモチーフアイシャドウに新色
2020.9.21(月)
インテグレート“すっぴん美肌”演出ピンクのベースメイク&ハートモチーフアイシャドウに新色
森永乳業の新作アイス「モウ プライム 北海道十勝あずき」プチ贅沢を楽しむモウの新シリーズ
2020.9.21(月)
森永乳業の新作アイス「モウ プライム 北海道十勝あずき」プチ贅沢を楽しむモウの新シリーズ
東京国立博物館で特別展「工藝2020 -自然と美のかたち-」日本の現代工芸から探る“自然観”
2020.9.21(月)~2020.11.15(日)
東京国立博物館で特別展「工藝2020 -自然と美のかたち-」日本の現代工芸から探る“自然観”
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る