menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   エンリーベグリン

HENRY BEGUELINエンリーベグリン

ブランドのはじまり

1984年、エンリーベグリンがイタリアのエルバ島で創業。

エンリーベグリンについて

エンリーベグリン(HENRY BEGUELIN)のバッグは高級素材を使用し、ハンドメイドですべて作られる。シンプルだがどこか温かさが伝わってくるデザイン。ステッチの丁寧なところなど、ディテールへのこだわりも強い。「オミノ」と呼ばれる小人の刺繍がブランドのシグニチャーで、この小人は、まさにブランドのもつさりげない温かさを、表現している。

高級バッグではあるが、他のブランドに比べ、スタイリッシュでもなく、特別洗練されているわけでもない。しかし、他と決定的に異なるのが、ブランドの持つ不思議な優しさや味わい深さがあり、同じタイプのバッグでも、世の中に一つしかないのではないかと思わせる。(事実使用するごとに味がでるためたった一つのバッグになるといった評価も受ける)

エンリーベグリンはブランドとして、始めはベルトとバッグからスタート。その後、靴、カゴバッグ、家具とレパートリーを増やしていった。日本ではバッグの他に、財布、靴(ブーツ)、手帳、名詞入れなどの小物類にも人気がある。

コム デ ギャルソンとカンを使用して作られるベルトでコラボレーションも展開。

公式サイト

http://www.henrybeguelin.it/

Shop - エンリーベグリンの取り扱いショップ・店舗

Shop Search - エンリーベグリンの取り扱いショップ・店舗

エンリーベグリン取り扱い店舗

関連用語

関連ブランド

スケジュール

「ニッポンクラフトビアフェスティバル」大手町で開催、20社40銘柄以上のクラフトビールを堪能
4月28日(土)~4月30日(月)開催
「ニッポンクラフトビアフェスティバル」大手町で開催、20社40銘柄以上のクラフトビールを堪能
日本初のオットー・ネーベル回顧展が京都で開催 - シャガール、カンディンスキーらの作品もあわせて紹介
4月28日(土)~6月24日(日)開催
日本初のオットー・ネーベル回顧展が京都で開催 - シャガール、カンディンスキーらの作品もあわせて紹介
ストリートフードの祭典「グルメストリートフード」国連大学で、次世代“屋台めし”や人気フードカート出店
4月28日(土)~4月29日(日)開催
ストリートフードの祭典「グルメストリートフード」国連大学で、次世代“屋台めし”や人気フードカート出店
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る