menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

A24製作映画『アフター・ヤン』AIロボットと家族が紡いだ思い出と“ある秘密”、テーマ曲は坂本龍一

A24製作の映画『アフター・ヤン』が、2022年10月21日(金)より公開される。

A24の新作映画、“AIロボット”と家族の物語

『アフター・ヤン』場面カット|写真2

映画『アフター・ヤン』は、『X エックス』や『LAMB/ラム』、『ライトハウス』、『カモン カモン』など話題作を次々に手掛けてきた気鋭のスタジオA24製作による新作映画。監督・脚本は、小津安二郎へのオマージュを込めた前作『コロンバス』が世界中で話題を映像作家コゴナダが務める。

突然動かなくなってしまったAIロボット・ヤンが残した秘密とは?

『アフター・ヤン』場面カット|写真4

『アフター・ヤン』で描かれるのは、AIロボットのヤンと、一緒に暮らしてきた家族の記憶と関係性の物語。近未来を舞台にを舞台に、人間と人工知能のあわいを静謐な映像と心に響く音楽とともに描き出した。

遠くない未来。AIロボットのヤンは、ある一家のもとでベビーシッターとして、養女のミカとともに慎ましくも幸せな日々を送っていた。しかしある日、ヤンは突然の故障で動かなくなってしまう。父親のジェイクはふさぎ込む娘のためにヤンの修理の手段を模索するが、その過程でヤンが撮り溜めた断片的な記録映像を発見する。そこには、家族に向けられたヤンの温かなまなざしと、ある秘密が残されていた……。

コリン・ファレルなど多彩なキャスト

『アフター・ヤン』場面カット|写真6

キャストとして、『THE BATMAN-ザ・バットマン-』での怪演も記憶に新しいコリン・ファレルをはじめ、『ウィズアウト・リモース』のジョディ・ターナー=スミス、「アンブレラ・アカデミー」のジャスティン・H・ミン、子役マレア・エマ・チャンドラウィジャヤなど多彩な面々が集結。

コゴナダの前作『コロンバス』で主演を務めたヘイリー・ルー・リチャードソンが物語の鍵を握る謎めいた女性を演じる。

『アフター・ヤン』場面カット|写真3

■主人公ジェイク…コリン・ファレル
茶葉の販売店を営む。残された記録映像を手がかりにヤンのミステリアスな過去をたどっていく。

■カイラ...ジョディ・ターナー=スミス
ジェイクの妻。

『アフター・ヤン』場面カット|写真5

■ミカ...マレア・エマ・チャンドラウィジャヤ
中国系の幼い養女。ヤンを本当の兄のように慕っていた。

『アフター・ヤン』場面カット|写真7

■ヤン...ジャスティン・H・ミン
“テクノ”と呼ばれる人型AIロボット。ジェイクらの一家とともに暮らしていたが突然の故障で動かなくなってしまう。

オリジナル・テーマ曲は坂本龍一

『アフター・ヤン』場面カット|写真9

Photos(9枚)

『アフター・ヤン』場面カット|写真2 『アフター・ヤン』場面カット|写真3 『アフター・ヤン』場面カット|写真4 『アフター・ヤン』場面カット|写真5 『アフター・ヤン』場面カット|写真6 『アフター・ヤン』場面カット|写真7 『アフター・ヤン』場面カット|写真8 『アフター・ヤン』場面カット|写真9 『アフター・ヤン』場面カット|写真10

Photos(9枚)

キーワードから探す

関連用語