menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

特別展「関西の80年代」兵庫県立美術館で - 関西ニューウェーブなど、80年代関西の美術表現を紹介

兵庫県立美術館では、特別展「兵庫県立美術館開館20周年 関西の80年代」を、2022年6月18日(土)から8月21日(日)まで開催する。

80年代関西発の現代美術を紹介

田嶋悦子《Hip Island》1987年 2017年西宮市大谷記念美術館での展示風景 岐阜県現代陶芸美術館蔵 撮影:高嶋清俊
田嶋悦子《Hip Island》1987年 2017年西宮市大谷記念美術館での展示風景 岐阜県現代陶芸美術館蔵 撮影:高嶋清俊

1980年代の日本では、バブル経済とポストモダンの思潮を背景に、70年代の禁欲的な美術動向とは一転して、豊かな色彩やイメージによる表現が花開いた。従来の絵画や彫刻という枠組みを超えた表現が続々と現れ、空間全体を活用したインスタレーションが展開されるなど、その表現は現代にまで引き継がれることにもなる。

杉山知子《the drift fish》(部分) 1984年ギャラリー手での展示風景 作家蔵 撮影:成田弘
杉山知子《the drift fish》(部分) 1984年ギャラリー手での展示風景 作家蔵 撮影:成田弘

特に関西では、気鋭の若手作家が「関西ニューウェーブ」として注目を集め、前例にとらわれないその個性的な表現から、「現代美術は西高東低」とも評された。特別展「兵庫県立美術館開館20周年 関西の80年代」では、作家それぞれのリアリティに根ざした、80年代関西の作品を紹介する。

「私」のリアリティを起点に

石原友明《約束II》1984年ギャラリー白での展示風景 現・高松市美術館および作家蔵 撮影:石原友明
石原友明《約束II》1984年ギャラリー白での展示風景 現・高松市美術館および作家蔵 撮影:石原友明

1980年代は「ミーイズム」とも言われ、美術領域においては「私」のリアリティを起点に作家がそれぞれの表現を展開した。 関西ニューウェーブが注目を集める1983年から84年頃には、「私」の世界で画廊の空間全体を埋め尽くすようなインスタレーションが登場。80年代後半には、各作家はインスタレーションから絵画や彫刻、版画など各自の表現領域に戻りつつ表現の内容を深めることになったが、そこで起点となったのは他ならぬ「私」のイメージや身体、物語であり、そのリアリティであった。

吉原英里《M氏の部屋》(部分) 1986年番画廊での展示風景 作家蔵 撮影:濱田弘明
吉原英里《M氏の部屋》(部分) 1986年番画廊での展示風景 作家蔵 撮影:濱田弘明

本展では、杉山知子や石原友明などのインスタレーションに着目し、いくつかの再現を行うとともに関連資料による展示も展開。また、森村泰昌や吉原英里など、作家が自身のリアリティをもとにその表現を深めた絵画作品などを紹介する。

KOSUGI+ANDO(小杉美穂子+安藤泰彦)《芳一-物語と研究》 1987年京都アンデパンダン展(京都市美術館)での展示風景 作家蔵 ©KOSUGI+ANDO
KOSUGI+ANDO(小杉美穂子+安藤泰彦)《芳一-物語と研究》 1987年京都アンデパンダン展(京都市美術館)での展示風景 作家蔵 ©KOSUGI+ANDO

一方で「私」のリアリティを探求するとき、その先には「私」が生きる世界や芸術の普遍的な問題、たとえば生と死の問題を見出すことになろう。会場では、そうしたなかで80年代終盤に手がけられた作品を紹介。田嶋悦子や中原浩大などによる生命力あふれる大作や、KOSUGI+ANDO(小杉美穂子+安藤泰彦)といったユニット、共同制作による作品も展示する。

展覧会概要

特別展「兵庫県立美術館開館20周年 関西の80年代」
会期:2022年6月18日(土)〜8月21日(日)
会場:兵庫県立美術館 企画展示室
住所:兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1(HAT神戸内)
開館時間:10:00〜18:00(入場は17:30まで)
休館日:月曜日(7月18日(月・祝)は開館)、7月19日(火)
観覧料:一般 1,500円(1,300円)、大学生 1,100円(900円)、高校生以下無料
※( )内は前売および20名以上の団体料金(団体鑑賞を希望する場合は1ヶ月前までに要連絡)
※割引料金の設定あり
※「県民プレミアム芸術デー」7月12日(火)~18日(月・祝)は無料(無料期間に対するチケットの払い戻しは不可)
※前売券は、5月10日(火)から6月17日(金)まで販売

【問い合わせ先】
兵庫県立美術館
TEL:078-262-1011

Photos(5枚)

特別展「関西の80年代」兵庫県立美術館で - 関西ニューウェーブなど、80年代関西の美術表現を紹介|写真1 特別展「関西の80年代」兵庫県立美術館で - 関西ニューウェーブなど、80年代関西の美術表現を紹介|写真2 特別展「関西の80年代」兵庫県立美術館で - 関西ニューウェーブなど、80年代関西の美術表現を紹介|写真3 特別展「関西の80年代」兵庫県立美術館で - 関西ニューウェーブなど、80年代関西の美術表現を紹介|写真4 特別展「関西の80年代」兵庫県立美術館で - 関西ニューウェーブなど、80年代関西の美術表現を紹介|写真5

Photos(5枚)

特別展「関西の80年代」兵庫県立美術館で - 関西ニューウェーブなど、80年代関西の美術表現を紹介|写真1 特別展「関西の80年代」兵庫県立美術館で - 関西ニューウェーブなど、80年代関西の美術表現を紹介|写真2 特別展「関西の80年代」兵庫県立美術館で - 関西ニューウェーブなど、80年代関西の美術表現を紹介|写真3 特別展「関西の80年代」兵庫県立美術館で - 関西ニューウェーブなど、80年代関西の美術表現を紹介|写真4 特別展「関西の80年代」兵庫県立美術館で - 関西ニューウェーブなど、80年代関西の美術表現を紹介|写真5

キーワードから探す

関連ショップ・スポット