menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. ファッション   /  
  4. コレクション

アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う

アポクリファ(APOCRYPHA.)の2022年秋冬コレクションが、2022年3月17日(木)に発表された。

薄明時の曖昧な空気感

アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真3

今シーズンのテーマは「THE TWILIGHT」。西の空に日が沈み、ほのかに暖かな幻影を残しながら、闇夜が迫る薄明時をコンセプトにしている。コレクションを貫くのは、黄昏時の刹那に感じる、ぼんやりと霞んだおぼろげなムードだ。

アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真10

「ディテールよりも空気感を感じて欲しかった」と話すデザイナーの播本鈴二は、目の前にいる人の姿さえもあやふやになる彼誰時になぞらえ、明かりを落とした真っ暗な空間の中、ブランドのマスターピースを纏った5つのルックからショーをスタートさせた。続くのは、色の境目が曖昧なニットや、滲むような染色のデニム、光のあたり方によって見え方が変わる玉虫色のコートだ。

夕暮れの空を思わせる色彩

アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真12

カラーパレットは、群青色から茜色へと移り変わるグラデーションで構成。深みのあるネイビーのノーカラージャケットや、淡いオレンジのフーディーなど、コレクション全体で夕暮れ時の空を表現した。

官能的な記憶を宿して

アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真2

毎シーズン、書物からインスピレーションを得てクリエーションをスタートさせる播本だが、今季は純文学の官能的な描写からイマジネーションを膨らませた。いつもと異なるのは、純文学という外的なエレメントから影響を受けつつも、自身の内面に目を向けたことだ。黄昏時のパーソナルな記憶――恋慕と束縛、嫉妬にも近しいざらりとした感情、異性を想う時の胸のざわつき――を手繰り寄せ、物語を紡いでいる。

アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真16

ぬらりとした光沢のあるガウンや、素肌の温もりが透けてみえるシースルーシャツは、センシュアルかつミステリアスな印象。ブランドが軸足を置くテーラードは、ハーネスのアクセサリーをレイヤードしつつ、胸元を露わにした艶っぽいスタイリングで提案している。ニットには、「私を忘れないで」という花言葉を持つ儚げな桜を、私的な思い出と共に織り込んだ。

Photos(18枚)

アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真1 アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真2 アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真3 アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真4 アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真5 アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真6 アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真7 アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真8 アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真9 アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真10 アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真11 アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真12 アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真13 アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真14 アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真15 アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真16 アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真17 アポクリファ 2022年秋冬コレクション - たそがれ時に誰を想う|写真18

キーワードから探す

ブランドプロフィール

関連用語