menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」姫路市立美術館で - “刃文の美”に着目、名刀が集結

特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」が、兵庫の姫路市立美術館にて、2021年7月3日(土)から9月5日(日)まで開催される。

“刃文の美”に見る日本の心象風景

《国宝 太刀 銘 国行(来)》 /鎌倉時代中期 13世紀/刀剣博物館(公益財団法人日本美術刀剣保存協会)
《国宝 太刀 銘 国行(来)》 /鎌倉時代中期 13世紀/刀剣博物館(公益財団法人日本美術刀剣保存協会)

特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」は、日本の美意識を象徴する刀剣の“刃文”の美しさに着目した展覧会。刀身に浮かぶ白い波のような模様を指す“刃文”の美を手掛かりに、日本の風土が培ってきた豊かな心象風景を様々な視点から紐解いていく。展示室だけでなく庭園も活用した、スケールの大きい展覧会となっている。

国宝や国内の名刀など計49口の刀剣が集結

《重要文化財 太刀 銘 正恒》 平安時代後期 12世紀/一般財団法人林原美術館
《重要文化財 太刀 銘 正恒》 平安時代後期 12世紀/一般財団法人林原美術館

多様な刃文の美に迫る第1章「刀剣の光陰」では、国内の名刀29口をはじめ、所蔵コレクションなども含め合計49口の刀剣を展示。国宝1件、国指定文化財4件も登場する、姫路市立美術館始まって以来最大規模の刀剣展示となる。各時代の特徴を示しながら、「直刃(すぐは)」「のたれ」「小乱れ」といった刃文の典型や、1つ1つの刃文に見て取れる美意識の形を紹介。平安時代から現代まで続く刀剣の歴史を展観する、ダイナミックな展示となっている。

杉本博司の代表作「海景」と刀剣のインスタレーションなど

杉本博司《日本海、隠岐》/1987年
杉本博司《日本海、隠岐》/1987年
©Hiroshi Sugimoto/Courtesy of Gallery Koyanagi

第2章「風韻、そして海景」では、現代美術作家の杉本博司が蒐集してきた刀剣コレクション4件とともに、代表作の写真作品「海景」シリーズを展示。刀剣を軸にしたインスタレーションを通して、新たな視点から杉本博司の壮大な世界観を感じられそうだ。

また、刀匠・明珍宗裕と鍛冶師・明珍宗敬の明珍兄弟による実験的なインスタレーション《派生》にも注目。『玉鋼(たまはがね)』から打ち出される光と音色の表現世界を通して、現代社会に一石を投じた作品となっている。

庭園を使った“玉鋼”の体験型音響インスタレーションも

庭園アートプロジェクト「たまはがねの響 音と光のインスタレーション」(2020年度実施風景) 作曲  :  菅野由弘「星雲光響 2021」、玉鋼製明珍火箸群  :  明珍宗敬、 光インスタレーション 2021制作  :  佐野誠
庭園アートプロジェクト「たまはがねの響 音と光のインスタレーション」(2020年度実施風景) 作曲 : 菅野由弘「星雲光響 2021」、玉鋼製明珍火箸群 : 明珍宗敬、 光インスタレーション 2021制作 : 佐野誠

庭園にて展開される第3章「たまはがねの響」では、世界遺産・国宝「姫路城」、国登録有形文化財「姫路市立美術館」、そして13点の彫刻のある庭園を一望に収める唯一無二の景観そのものを作品化する試みを実施。音響インスタレーション作品《星雲光響 2021》が展開される。

《星雲光響 2021》では、日本刀に使用される特別な鋼である玉鋼(たまはがね)に着目。明珍宗敬が手がけた「玉鋼製火箸群」による独特な音色と響きを素材に、パラメトリックスピーカーを活用した臨場感あふれる音響を体感する事ができる。また、館内では、1983年の姫路市立美術館開館時にホールに配されたステンドグラス作品《芸術の曙》の“光”と、「玉鋼製火箸」の“音色”のコラボレーションを楽しめる。

「刀剣乱舞-ONLINE-」とコラボ

さらに、「国宝《太刀 銘 国行(来)(号明石国行)》」が展示されることを記念して、オンラインゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」とコラボレーション。刀剣男士・明石国行の等身大パネルが設置される他、ミュージアムショップでコラボレーション記念のグッズとして明石国行のクリアファイル・ポストカードセットが販売される。

【詳細】
文化観光拠点計画認定記念特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」
会期:2021年7月3日(土)~9月5日(日)
開館時間:10:00~17:00(入場は16:30まで)
※会期中の金・土曜日および7月22日(木)は特別夜間開館のため、20:00まで開館(入場は19:30まで)。
休館日:月曜日(但し8月9日は開館)、8月10日(火)
会場:姫路市立美術館
住所:兵庫県姫路市本町68-25
出品点数:63点 ※会期中展示替えあり。
観覧料:一般 1,200(1,000)円、大学・高校生 600(400)円、中学・小学生 200(100)円
※( )内は20人以上の団体料金。
※同展入場券で常設展示室も観覧可能。

Photos(20枚)

特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」姫路市立美術館で - “刃文の美”に着目、名刀が集結 画像1 特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」姫路市立美術館で - “刃文の美”に着目、名刀が集結 画像2 特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」姫路市立美術館で - “刃文の美”に着目、名刀が集結 画像3 特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」姫路市立美術館で - “刃文の美”に着目、名刀が集結 画像4 特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」姫路市立美術館で - “刃文の美”に着目、名刀が集結 画像5 特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」姫路市立美術館で - “刃文の美”に着目、名刀が集結 画像6 特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」姫路市立美術館で - “刃文の美”に着目、名刀が集結 画像7 特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」姫路市立美術館で - “刃文の美”に着目、名刀が集結 画像8 特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」姫路市立美術館で - “刃文の美”に着目、名刀が集結 画像9 特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」姫路市立美術館で - “刃文の美”に着目、名刀が集結 画像10 特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」姫路市立美術館で - “刃文の美”に着目、名刀が集結 画像11 特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」姫路市立美術館で - “刃文の美”に着目、名刀が集結 画像12 特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」姫路市立美術館で - “刃文の美”に着目、名刀が集結 画像13 特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」姫路市立美術館で - “刃文の美”に着目、名刀が集結 画像14 特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」姫路市立美術館で - “刃文の美”に着目、名刀が集結 画像15 特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」姫路市立美術館で - “刃文の美”に着目、名刀が集結 画像16 特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」姫路市立美術館で - “刃文の美”に着目、名刀が集結 画像17 特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」姫路市立美術館で - “刃文の美”に着目、名刀が集結 画像18 特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」姫路市立美術館で - “刃文の美”に着目、名刀が集結 画像19 特別展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」姫路市立美術館で - “刃文の美”に着目、名刀が集結 画像20

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
洋画の展覧会2021〈東京ほか全国〉美術館での開催情報&岸田劉生など展示作品も
洋画の展覧会2021〈東京ほか全国〉美術館での開催情報&岸田劉生など展示作品も

スケジュール

特集展示「エビスのせかい」国立歴史民俗博物館で、にぎやかな福の神・エビスの様々な信仰に迫る
2021.7.27(火)~2022.1.10(月)
特集展示「エビスのせかい」国立歴史民俗博物館で、にぎやかな福の神・エビスの様々な信仰に迫る
写真家・本城直季の大規模個展、高知県立美術館で - “ジオラマ世界”のような写真作品を一挙紹介
2021.7.31(土)~2021.9.5(日)
写真家・本城直季の大規模個展、高知県立美術館で - “ジオラマ世界”のような写真作品を一挙紹介
謎解き「ゴッホと文化財」展がそごう美術館で - ゴッホを中心に、高精度複製“クローン文化財”を紹介
2021.7.31(土)~2021.8.31(火)
謎解き「ゴッホと文化財」展がそごう美術館で - ゴッホを中心に、高精度複製“クローン文化財”を紹介
展覧会「若冲と近世絵画」相国寺承天閣美術館で - 寺院空間を彩る、若冲ら京の絵師の作品を紹介
2021.8.1(日)~2021.10.24(日)
展覧会「若冲と近世絵画」相国寺承天閣美術館で - 寺院空間を彩る、若冲ら京の絵師の作品を紹介
「山本二三展」長崎県美術館で、『天空の城ラピュタ』『もののけ姫』『時をかける少女』の背景画など
2021.8.1(日)~2021.9.5(日)
「山本二三展」長崎県美術館で、『天空の城ラピュタ』『もののけ姫』『時をかける少女』の背景画など
 スケジュール一覧