menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

金沢21世紀美術館でミヒャエル・ボレマンスとマーク・マンダースの2人展、“作品と対話する”静寂の空間

金沢21世紀美術館にて展覧会「ミヒャエル・ボレマンス マーク・マンダース|ダブル・サイレンス」が、2020年9月19日(土)から2021年2月28日(日)まで開催される。

世界で高い評価を得る、画家ボレマンスと彫刻家マンダースの2人展

(左)マーク・マンダース《椅子の上の乾いた像》2011-2015
(右)ミヒャエル・ボレマンス《オートマト(I)》2008
Photo: Peter Cox
Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp, Gallery Koyanagi, Tokyo, Tanya Bonakdar Gallery, New York/Los Angeles & David Zwirner
(左)マーク・マンダース《椅子の上の乾いた像》2011-2015
(右)ミヒャエル・ボレマンス《オートマト(I)》2008
Photo: Peter Cox
Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp, Gallery Koyanagi, Tokyo, Tanya Bonakdar Gallery, New York/Los Angeles & David Zwirner

ミヒャエル・ボレマンスは、ベルギーを拠点に活躍する画家。抽象的なコンセプチュアル・アートに強く影響された彼の作品は、日常に潜む不穏さや危うさを、曖昧で矛盾に満ちた画題で表現する独特の雰囲気をもつ。また、同じくベルギーを拠点とする彫刻家であるマーク・マンダースは、“自画像”を自身の作品の主体とし、彫刻だけでなく、ドローイングやインスタレーションなど多彩な作品を発表してきた。

そんな2人の作風は、世界に誇るヨーロッパの美術史を素地とし、現代社会に生きる人々の普遍的価値とは何かについての内省を促すという点で共通している。

2人の作品が、静寂の中で対話する

(左)ミヒャエル・ボレマンス《枝》2003
(右)マーク・マンダース《垂直から成るコンポジション》2011-2016
Photo: Peter Cox
Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp, Gallery Koyanagi, Tokyo, David Zwirner & Tanya Bonakdar Gallery, New York/Los Angeles
(左)ミヒャエル・ボレマンス《枝》2003
(右)マーク・マンダース《垂直から成るコンポジション》2011-2016
Photo: Peter Cox
Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp, Gallery Koyanagi, Tokyo, David Zwirner & Tanya Bonakdar Gallery, New York/Los Angeles

展覧会「ミヒャエル・ボレマンス マーク・マンダース|ダブル・サイレンス」は、ボレマンスとマンダースにとって美術館では初めての2人展。互いの作品選びや展示空間に合わせた展示構成など、本展担当キュレーターを交えながら対話を重ね、構想を練って開催に至った。

ボレマンスの絵画と映像、そしてマンダースの彫刻、計60点あまりの作品が、沈黙と静寂の中、訪れる人々に語りかける。また、2人の作品と妹島和世+西沢立衛 / SANAAが設計した金沢21世紀美術館の建築がどのように対話をするかも見どころだ。

ミヒャエル・ボレマンスの主な展示作品

ミヒャエル・ボレマンス《機会の家(生涯のチャンス)》2003
ゲント現代美術館蔵
Photo: Peter Cox
Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp
ミヒャエル・ボレマンス《機会の家(生涯のチャンス)》2003
ゲント現代美術館蔵
Photo: Peter Cox
Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp

ミヒャエル・ボレマンスが手掛ける《機会の家(生涯のチャンス)》は、オランダ風の屋根に、数えきれないほどの窓がついた家を描いた作品。家は、2002年から2007年にかけて、ボレマンスが好んで描いたモチーフの一つだ。画中に描かれた人やそのサイズ、人物と家の不可解な関係と、“家”という身近なものを通して、見るものに現実と想像の世界を語りかける。

ミヒャエル・ボレマンス《天使》2013
作家蔵
Photo: Peter Cox
Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp
ミヒャエル・ボレマンス《天使》2013
作家蔵
Photo: Peter Cox
Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp

また、ボレマンスのモナリザとも評される《天使》も、違和感を覚える作品だろう。黒い顔面や、人間のサイズを超えたスケールは、一般的な天使のイメージからかけはなれた表現。力なく立つ姿からは、ボレマンスが描く人物像によく見られる、無活動、人間的な感情や感覚の喪失、孤立感が如実に現れている。

マーク・マンダースの主な展示作品

マーク・マンダース 《狐 / 鼠 / ベルト(建物としてのセルフ・ポートレイトからの断片)》1992‒1993
作家蔵
Photo: Dirk Pauwels
Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp
マーク・マンダース 《狐 / 鼠 / ベルト(建物としてのセルフ・ポートレイトからの断片)》1992‒1993
作家蔵
Photo: Dirk Pauwels
Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp

マーク・マンダースによる《狐 /鼠 / ベルト(建物としてのセルフ・ポートレイトからの断片)》は、本展の中で最も初期に発表された作品。マンダースが1986年に作家活動を開始した時からのコンセプト「建物としてのセルフ・ポートレイト(自画像)」を副題に含んだ重要な1点となっている。

マーク・マンダース《4つの黄色い垂直から成るコンポジション》2017‒2019
作家蔵
Photo: EPW STUDIO
Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp & Tanya Bonakdar Gallery, New York
マーク・マンダース《4つの黄色い垂直から成るコンポジション》2017‒2019
作家蔵
Photo: EPW STUDIO
Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp & Tanya Bonakdar Gallery, New York

創作初期の作品がある一方で、最新作も展示。《4つの黄色い垂直から成るコンポジション》は、人物の顔に4つの黄色い木片が垂直に差し込まれた印象的な彫刻作品だ。周囲を歩き回れば、物事には複数の視点があり、感じ方の変化は見る側の創造によって起きることに気づかされるだろう。

【詳細】
ミヒャエル・ボレマンス マーク・マンダース|ダブル・サイレンス
会期:2020年9月19日(土)~2021年2月28日(日)<日付指定入場制>
休場日 毎週月曜日(ただし9月21日、11月23日、2021年1月11日は開場)、9月23日、11月24日、12月29日~2021年1月1日、1月12日
開場時間:10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで、1月2日・3日は17:00まで)
※観覧券販売は閉場の30分前まで。
会場:金沢21世紀美術館 展示室7~12・14
住所:石川県金沢市広坂1-2-1
料金 一般 1,200円(1,000円) / 大学生 800円(600円) / 小中高生 400円(300円) / 65歳以上の方 1,000円(1,000円)
※( )内は団体料金(20名以上)及び前売り券料金。
※本観覧券で入場当日に限り、同時開催中のコレクション展にも入場可能。

<日付指定入場制チケットについて>
予約券購入開始日:2020年9月1日(火)10:00~展覧会観覧日前日の23:59まで購入可能
予約購入先:金沢21世紀美術館ウェブサイト
■注意事項
・希望入場日を選んで予約券を購入。
・観覧の際は、展覧会会場入り口にて、予約券の購入済みページのQRコード画面またはプリントアウトしたものを提示。
・全ての予約券は、指定の入場日付枠以外での利用不可。券面に記載の入場日付枠内に入場のこと。
・全ての予約券は、指定の入場日付枠ごとの数量限定販売(先着順・予定数量に達し次第販売終了)。
・当日券も用意あり。予約を推奨。
・購入済みの予約券の払戻し不可。
・その他詳細は金沢21世紀美術館ウェブサイトを確認。

【問い合わせ先】
金沢21世紀美術館
TEL:076-220-2800

Photos(12枚)

金沢21世紀美術館でミヒャエル・ボレマンスとマーク・マンダースの2人展、“作品と対話する”静寂の空間 画像1 金沢21世紀美術館でミヒャエル・ボレマンスとマーク・マンダースの2人展、“作品と対話する”静寂の空間 画像2 金沢21世紀美術館でミヒャエル・ボレマンスとマーク・マンダースの2人展、“作品と対話する”静寂の空間 画像3 金沢21世紀美術館でミヒャエル・ボレマンスとマーク・マンダースの2人展、“作品と対話する”静寂の空間 画像4 金沢21世紀美術館でミヒャエル・ボレマンスとマーク・マンダースの2人展、“作品と対話する”静寂の空間 画像5 金沢21世紀美術館でミヒャエル・ボレマンスとマーク・マンダースの2人展、“作品と対話する”静寂の空間 画像6 金沢21世紀美術館でミヒャエル・ボレマンスとマーク・マンダースの2人展、“作品と対話する”静寂の空間 画像7 金沢21世紀美術館でミヒャエル・ボレマンスとマーク・マンダースの2人展、“作品と対話する”静寂の空間 画像8 金沢21世紀美術館でミヒャエル・ボレマンスとマーク・マンダースの2人展、“作品と対話する”静寂の空間 画像9 金沢21世紀美術館でミヒャエル・ボレマンスとマーク・マンダースの2人展、“作品と対話する”静寂の空間 画像10 金沢21世紀美術館でミヒャエル・ボレマンスとマーク・マンダースの2人展、“作品と対話する”静寂の空間 画像11 金沢21世紀美術館でミヒャエル・ボレマンスとマーク・マンダースの2人展、“作品と対話する”静寂の空間 画像12

Photos(12枚)

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
関西のおすすめ展覧会2020〈大阪・京都・兵庫の美術館〉開催スケジュール&アート作品を紹介
関西のおすすめ展覧会2020〈大阪・京都・兵庫の美術館〉開催スケジュール&アート作品を紹介
森永×清川あさみ“月夜”イメージの刺繍デザイン「ムーンライト」マリーやチョイスも
森永×清川あさみ“月夜”イメージの刺繍デザイン「ムーンライト」マリーやチョイスも
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報
KEENのウィンターサンダル「ハウザー コレクション」“縄文土器”モチーフのリラックスシューズなど
2020.9.18(金) 発売
KEENのウィンターサンダル「ハウザー コレクション」“縄文土器”モチーフのリラックスシューズなど

スケジュール

東京国立博物館で特別展「工藝2020 -自然と美のかたち-」日本の現代工芸から探る“自然観”
2020.9.21(月)~2020.11.15(日)
東京国立博物館で特別展「工藝2020 -自然と美のかたち-」日本の現代工芸から探る“自然観”
「魔法の天使 クリィミーマミ」の原画&グッズを展示販売、「高田明美展」が銀座三越で
2020.9.23(水)~2020.9.28(月)
「魔法の天使 クリィミーマミ」の原画&グッズを展示販売、「高田明美展」が銀座三越で
「ムーミン コミックス展」松屋銀座で、トーベ・ヤンソン連載マンガ原画やスケッチなど280点以上
2020.9.24(木)~2020.10.12(月)
「ムーミン コミックス展」松屋銀座で、トーベ・ヤンソン連載マンガ原画やスケッチなど280点以上
とらや 「パリ」テーマの伝統工芸品が揃う展覧会、京都で - 「イスパハン」生菓子イメージの菓子皿など
2020.9.26(土)~2020.11.1(日)
とらや 「パリ」テーマの伝統工芸品が揃う展覧会、京都で - 「イスパハン」生菓子イメージの菓子皿など
写真家・石元泰博の展覧会が東京都写真美術で - “生命体としての都市”を探る
2020.9.29(火)~2020.11.23(月)
写真家・石元泰博の展覧会が東京都写真美術で - “生命体としての都市”を探る
 スケジュール一覧