menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. グルメ   /  
  4. トピック

ブルーボトルコーヒー、京都木屋町にエリア3店舗目のカフェ - 立誠ガーデン ヒューリック京都内に

ブルーボトルコーヒーは2020年7月23日(木・祝)、京都の新店舗「ブルーボトルコーヒー 京都木屋町カフェ」を、7月21日(火)に開業予定の複合施設「立誠ガーデン ヒューリック京都」内にオープンする。

ブルーボトルコーヒー、京都・木屋町にエリア3店舗のカフェ

ブルーボトルコーヒー、京都木屋町にエリア3店舗目のカフェ - 立誠ガーデン ヒューリック京都内に|写真1

1869年創設の貴重な近代建築である元立誠小学校の校舎を保全・再生した既存棟と、それにデザインを調和させた新築棟で構成される新複合施設「立誠ガーデン ヒューリック京都」。その1階に位置する「ブルーボトルコーヒー 京都木屋町カフェ」は、京都市の京都カフェ、中京区の京都六角カフェに続く、京都エリア3店舗目のブルーボトルコーヒーとなる。

ブルーボトルコーヒー、京都木屋町にエリア3店舗目のカフェ - 立誠ガーデン ヒューリック京都内に|写真3

個性豊かな店舗や文化施設に囲まれた同店舗の空間デザインを手掛けたのは、スキーマ建築計画。「学校にまつわる様々な緑色」と「学び」をコンセプトに、黒板の緑や、鉛筆の緑、改修前に使用されていた緑の鉄柱など、元立誠小学校に縁のある様々な“緑”をカフェ全体に散りばめた、落ち着きのある空間が魅力だ。

コーヒーからビール、漬物サンドイッチまで

限定サンドイッチメニュー
「ハム with 聖護院かぶら」700円+税
「たまご with 山ごぼう、きゅうり」700円+税
限定サンドイッチメニュー
「ハム with 聖護院かぶら」700円+税
「たまご with 山ごぼう、きゅうり」700円+税

店内では、丁寧にハンドドリップしたコーヒーやエスプレッソドリンクなどの各種コーヒーメニューから、三重県の地ビールメーカー「伊勢角屋麦酒」と共同開発したビール「ブルーボトルコーヒー ペールエール」までバリエーション豊かなメニューを提供。同店限定メニューとして、京都の老舗漬物店「京つけもの 西利」の漬物を使用したサンドイッチメニュー2種類も販売予定となっている。

「マスクケース」1,200円+税
※先行発売アイテム
「マスクケース」1,200円+税
※先行発売アイテム

また、持続可能性・実用性を考慮した商品を展開している香港のブランド「Papery」とのコラボレーションによるマスクケースを先行発売。カフェやレストランで飲食を楽しむ際など、一時的にマスクを外したい場面でスマートに保管出来るアイテムだ。

店舗情報

ブルーボトルコーヒー 京都木屋町カフェ
オープン日:2020年7月23日(木)
住所:京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町 310-2 立誠ガーデン ヒューリック京都 1F
営業時間:8:00〜21:00
店舗面積:123.29㎡
店内席数:30席
※7月23日(木)の時点では、席数を減らし営業。
アクセス:
・阪急京都線 京都河原町駅(木屋町北出入口)徒歩3分
・京阪本線 祇園四条駅(4番出口)徒歩5分

Photos(4枚)

ブルーボトルコーヒー、京都木屋町にエリア3店舗目のカフェ - 立誠ガーデン ヒューリック京都内に|写真1 ブルーボトルコーヒー、京都木屋町にエリア3店舗目のカフェ - 立誠ガーデン ヒューリック京都内に|写真2 ブルーボトルコーヒー、京都木屋町にエリア3店舗目のカフェ - 立誠ガーデン ヒューリック京都内に|写真3 ブルーボトルコーヒー、京都木屋町にエリア3店舗目のカフェ - 立誠ガーデン ヒューリック京都内に|写真4

Photos(4枚)

ブルーボトルコーヒー、京都木屋町にエリア3店舗目のカフェ - 立誠ガーデン ヒューリック京都内に|写真1 ブルーボトルコーヒー、京都木屋町にエリア3店舗目のカフェ - 立誠ガーデン ヒューリック京都内に|写真2 ブルーボトルコーヒー、京都木屋町にエリア3店舗目のカフェ - 立誠ガーデン ヒューリック京都内に|写真3 ブルーボトルコーヒー、京都木屋町にエリア3店舗目のカフェ - 立誠ガーデン ヒューリック京都内に|写真4

キーワードから探す

ブランドプロフィール