menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『滑走路』“非正規歌人”萩原慎一郎による歌集を実写化、水川あさみ主演で

映画『滑走路』が、2020年11月20日(金)に全国で公開される。

“非正規歌人”による魂の叫び - 滑走路

『滑走路』場面カット|写真16

原作となるのは、32歳で命を絶った“非正規歌人”萩原慎一郎の歌集「歌集 滑走路」でデビュー作にして遺作。彼は非正規の契約で働いていた自らの経験を基に短歌を発表し続けた歌人だ。「歌集 滑走路」に描かれる、生きる希望、そして苦悩は、多くの人々の胸に突き刺さり、多くの共感を集めた。

映画『滑走路』では、原作となる歌集をモチーフにし、オリジナルストーリーとして繊細で濃密な人間の闇と美しさを描いていく。

さまざまな人生が交差する群像を豪華キャストで描く

物語は、将来への不安を抱える切り絵作家、非正規雇用問題に向き合う官僚、中学校でいじめにあう学級委員長、と3つの物語が重なり合いつつ進んでいく。

『滑走路』場面カット|写真1

翠(みどり) - 水川あさみ
切り絵作家。30代後半にさしかかり将来への不安を抱える。

『滑走路』場面カット|写真9

若手官僚・鷹野 - 浅香航大
非正規雇用問題に向き合う。官僚という仕事につき、膨大な仕事量、責任感などに圧倒されつつ苦悩する。

『滑走路』場面カット|写真6

学級委員長 - 寄川歌太
中学二年。幼馴染をかばったことでいじめの標的にされる。大切なものを守ること、貫くことで自分が辛い状況に陥っていく。

『滑走路』場面カット|写真10

陽子 - 坂井真紀
学級委員長の母。シングルマザーとして育てる。

拓己 - 水橋研二
翠の夫。高校の美術教師として働く。

雨宮 - 吉村界人
鷹野の同期。少し高飛車で表面的には強いサラリーマンだが本音をなかなか言えない繊細なところもある。

『滑走路』場面カット|写真5

明智役 - 染谷将太
鷹野が死の原因を探る青年の元同僚。

天野 - 木下渓
学級委員長のクラスメート。包み込む様な優しい強さを持つ。

裕翔 - 池田優斗
学級委員長の幼馴染。親友を裏切りたくないが、かといって自分がいじめられてしまう怖さも持つ。

脚本・桑村さや香×西谷弘監督

『滑走路』場面カット|写真15

『滑走路』の脚本を務めるのは、劇場アニメ『ジョゼと虎と魚たち』の公開を控える桑村さや香。また監督は、『マチネの終わりに』『シン・ゴジラ』といった数々の話題作品で、名助監督として活躍してきた大庭功睦が担当する。

大庭監督は、オリジナルストーリーの着想源について「考案した企画の端緒となったのは、webに数多く書かれていた、原作読者の方々の書評でした。萩原さんの歌を、まるで自分自身の事が歌われたかのように感受した読者の方々が、自らを投影しつつ気持ちのこもったレビューを多数書かれているのを目にし、その深い交流に感銘を受け、“この読者の方々を登場人物に据えた群像として、ストーリーを紡げないか”と考えたのです」とコメント。さらに鑑賞者の期待を裏切らない作品を残したいと思いの丈を述べている。

Photos(18枚)

『滑走路』場面カット|写真1 『滑走路』場面カット|写真2 『滑走路』場面カット|写真3 『滑走路』場面カット|写真4 『滑走路』場面カット|写真5 『滑走路』場面カット|写真6 『滑走路』場面カット|写真7 『滑走路』場面カット|写真8 『滑走路』場面カット|写真9 『滑走路』場面カット|写真10 『滑走路』場面カット|写真11 『滑走路』場面カット|写真12 『滑走路』場面カット|写真13 『滑走路』場面カット|写真14 『滑走路』場面カット|写真15 『滑走路』場面カット|写真16 『滑走路』場面カット|写真17 『滑走路』場面カット|写真18

キーワードから探す

関連用語