menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   >  
  2. ニュース   >  
  3. アート   >  
  4. イベント

原田治 展 「かわいい」の発見、世田谷文学館で - ミスドの景品を手掛けたイラストレーター

「原田治 展 『かわいい』の発見」が、東京・世田谷文学館にて2019年9月23日(月・祝)まで開催される。

日本の“かわいい”文化に影響を与えたイラストレーター・原田治

©Osamu Harada / Koji Honpo

原田治は、シンプルな線描と爽やかな色彩を駆使したイラストレーションを得意とし、その後の日本の“かわいい”文化に影響を与えたイラストレーター。1950年代、60年代のアメリカンコミックやTVアニメ、ポップアートなどから影響を受けている。1970年代後半から90年代にかけて、原田による「オサムグッズ(OSAMU GOODS)」が女子中高生を中心に爆発的な人気を博した。また、ミスタードーナツの景品にも、原田のキャラクターが使用されていた。

「an・an」第47号 1972年 平凡出版 アートディレクション:堀内誠一
表紙イラストレーション:原田治
「an・an」第47号 1972年 平凡出版 アートディレクション:堀内誠一
表紙イラストレーション:原田治

没後初の全国巡回展となる「原田治 展 『かわいい』の発見」では、原田がイラストレーターとして活動するきっかけとなった、1970年代「an・an」の仕事をはじめ、カルビー「ポテトチップス」のマスコットキャラクター、浅田彰『逃走論』の書籍の装幀など、広告・出版・各種グッズといった多分野にわたる作品を紹介する。

また、幼少期から20代前半までの初期資料や、エッセイ集『ぼくの美術帖』関連資料なども交え、原田の活動の全貌に迫る。小学校時代のスケッチブックや、デビュー前にニューヨークに滞在していた時の作品など、初公開資料にも注目だ。

人気を博した代表作「オサムグッズ」

スクールバッグ 1980年代
スクールバッグ 1980年代
©Osamu Harada / Koji Honpo

代表作の「オサムグッズ」は、1976年に誕生。1974年に誕生したサンリオの「ハローキティ」と共に、80年代に大流行したキャラクター雑貨やファンシーグッズの先駆的な存在となった。「オサムグッズ」のデザインからは、「かわいい」には、時代性や趣味性を超える普遍性が必要だという原田の考えが見て取れる。

新作から復刻商品までグッズ販売も

また、会場では、新装復刊された原田の著書『ぼくの美術帖』や、「オサムグッズ」を販売。「オサムグッズ」は、先行販売される新作グッズから昔懐かしい復刻グッズまで、多彩なラインナップを揃える。

【詳細】
原田治 展 「かわいい」の発見
会期:2019年7月13日(土)~9月23日(月・祝)
会場:世田谷文学館
住所:東京都世田谷区南烏山1-10-10
TEL:03-5374-9111
FAX:03-5374-9120
開館時間:10:00~18:00(展覧会入場、ミュージアムショップの営業は17:30まで)
休館日:毎週月曜日(ただし月曜が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
観覧料:一般800(640)円、65歳以上・高校・大学生600(480)円、障害者手帳持参者 400(320)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※9月16日(月・祝)は60歳以上無料

Photos(6枚)

原田治 展 「かわいい」の発見、世田谷文学館で - ミスドの景品を手掛けたイラストレーター 画像1 原田治 展 「かわいい」の発見、世田谷文学館で - ミスドの景品を手掛けたイラストレーター 画像2 原田治 展 「かわいい」の発見、世田谷文学館で - ミスドの景品を手掛けたイラストレーター 画像3 原田治 展 「かわいい」の発見、世田谷文学館で - ミスドの景品を手掛けたイラストレーター 画像4 原田治 展 「かわいい」の発見、世田谷文学館で - ミスドの景品を手掛けたイラストレーター 画像5 原田治 展 「かわいい」の発見、世田谷文学館で - ミスドの景品を手掛けたイラストレーター 画像6

Photos(6枚)

原田治 展 「かわいい」の発見、世田谷文学館で - ミスドの景品を手掛けたイラストレーター 画像1 原田治 展 「かわいい」の発見、世田谷文学館で - ミスドの景品を手掛けたイラストレーター 画像2 原田治 展 「かわいい」の発見、世田谷文学館で - ミスドの景品を手掛けたイラストレーター 画像3 原田治 展 「かわいい」の発見、世田谷文学館で - ミスドの景品を手掛けたイラストレーター 画像4 原田治 展 「かわいい」の発見、世田谷文学館で - ミスドの景品を手掛けたイラストレーター 画像5 原田治 展 「かわいい」の発見、世田谷文学館で - ミスドの景品を手掛けたイラストレーター 画像6

関連ニュース

キーワードから探す

関連用語

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
〈大阪・京都・兵庫〉関西の美術館&博物館情報 - おすすめ展覧会の開催スケジュール
〈大阪・京都・兵庫〉関西の美術館&博物館情報 - おすすめ展覧会の開催スケジュール
おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
[2020年]夏スイーツ特集 - ホテルのかき氷からコンビニアイスまで一挙紹介
[2020年]夏スイーツ特集 - ホテルのかき氷からコンビニアイスまで一挙紹介
ドクターマーチン2020年おすすめサンダル5選、メンズ&レディースに人気「グリフォン」など
ドクターマーチン2020年おすすめサンダル5選、メンズ&レディースに人気「グリフォン」など

スケジュール

バウハウスの“造形教育”紹介する展覧会が東京ステーションギャラリーで、ポスターやチェアなど約300点
7月17日(金)~9月6日(日)開催
バウハウスの“造形教育”紹介する展覧会が東京ステーションギャラリーで、ポスターやチェアなど約300点
現代アートの国際展「ヨコハマトリエンナーレ2020」横浜で開催、“共存”をめぐる対話の場
7月17日(金)~10月11日(日)開催
現代アートの国際展「ヨコハマトリエンナーレ2020」横浜で開催、“共存”をめぐる対話の場
現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介
7月18日(土)~9月22日(火)開催
現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介
東京都現代美術館「おさなごころを、きみに」展、メディアアートなどで行き来する“大人/こども”のこころ
7月18日(土)~9月27日(日)開催
東京都現代美術館「おさなごころを、きみに」展、メディアアートなどで行き来する“大人/こども”のこころ
“虎”を極めた画家・大橋翠石の展覧会が岐阜で、虎や仔猫を描いた絵画150点超
7月18日(土)~8月30日(日)開催
“虎”を極めた画家・大橋翠石の展覧会が岐阜で、虎や仔猫を描いた絵画150点超
 スケジュール一覧