menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   アート   >   イベント

東京国立近代美術館「福沢一郎展」シュルレアリスムの日本先駆者、戦前~戦後の社会を諷刺した約100点

展覧会「福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ」が、東京国立近代美術館で、2019年3月12日(火)から5月26日(日)まで開催される。

福沢一郎の作品約100点が集結

《Poisson d
《Poisson d'Avril(四月馬鹿)》 1930年 東京国立近代美術館蔵

福沢一郎は、1930年代の日本にシュルレアリスムを紹介し、前衛美術運動のリーダーとして活躍した作家。時代の変化と共に様々に主題と作風を変え、「謎めいたイメージ」の中に込めた知的なユーモアによって、同時代の社会や人々を諷刺的に描いた。戦時中は弾圧を受けるが、戦後は再び社会批評的な視点から人間群像の大作に取り組み、晩年は文化勲章を受章するなど波乱の人生を歩んだ。

「福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ」では、油彩・素描・写真など約100点の作品が集結。福沢が時代の中でどのように社会と向き合い表現したのかを、現代の視点から見直し、再評価していく。会場には鑑賞ワークシートも用意され、福沢一郎のシュールでユーモアに溢れたイメージを謎解き気分で鑑賞できる。

パリ留学時代の初期作品から時代順に紹介

展覧会では、福沢一郎の作品を時代順に10章に分け、福沢一郎が社会や人間に対してどのような批評の眼を向け、そして持ち前のユーモアのセンスで作品化していったかを紹介する。

《牛》 1936年 東京国立近代美術館蔵
《牛》 1936年 東京国立近代美術館蔵

福沢一郎は、パリ留学時代の初期作品から、既に社会に目を向けて描いた。シュルレアリスムの画家マックス・エルンストの作品に影響を受け、古い雑誌の挿絵を奇妙に組み合わせ、不条理なユーモアに満ちた作品を数多く制作。展覧会には、1931年の独立美術協会展で発表され注目を浴びた《Poisson d'Avril(四月馬鹿)》といった作品も展示される。

戦争を経た代表作も

《女》 1937年 富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館蔵
《女》 1937年 富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館蔵

戦前、ファシズムに抗して人間精神の自由を守ろうとする“行動主義”の思想に、福沢一郎は美術家として共鳴。所々穴が開けられて背景が透けて見える《牛》のように、力強さと裏腹に空虚さをも感じさせる作品を世に送り出した。

《敗戦群像》 1948年 群馬県立近代美術館蔵
《敗戦群像》 1948年 群馬県立近代美術館蔵

戦後、福沢一郎は混乱する世相をダンテ「神曲」に託して連作を描き、その中で代表作《敗戦群像》(1948年)を発表する。戦前から追求していたヒューマニズムの姿勢が、戦時下に経験した作家活動への弾圧を経て、新たな段階へ達したことを表している。

また、展覧会では、その後の中南米やアメリカの旅で目にした人や造形物のエネルギーに刺激を受けた作品、古代神話や旧約聖書に基づく晩年の作品まで、福沢一郎の多彩な画業を振り返る。

詳細

「福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ」
会期:2019年3月12日(火)~5月26日(日)
時間:10:00~17:00(金・土曜は20:00まで)
会場:東京国立近代美術館 1階 企画展ギャラリー
住所:東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
休館日:月曜日(3/25、4/1、4/29、5/6は開館)、5/7(火)
料金:一般1,200(900)円、大学生800(500)円
※()内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込。
※高校生以下および18歳未満、障害者手帳持参者とその付添者(1名)は無料。
※本展の観覧料で入館当日に限り、同時開催の所蔵作品展「MOMATコレクション」(4-2F)、「イメージコレクター・杉浦非水展」(2Fギャラリー4)も入場可。

Photos(8枚)

東京国立近代美術館「福沢一郎展」シュルレアリスムの日本先駆者、戦前~戦後の社会を諷刺した約100点 画像1 東京国立近代美術館「福沢一郎展」シュルレアリスムの日本先駆者、戦前~戦後の社会を諷刺した約100点 画像2 東京国立近代美術館「福沢一郎展」シュルレアリスムの日本先駆者、戦前~戦後の社会を諷刺した約100点 画像3 東京国立近代美術館「福沢一郎展」シュルレアリスムの日本先駆者、戦前~戦後の社会を諷刺した約100点 画像4 東京国立近代美術館「福沢一郎展」シュルレアリスムの日本先駆者、戦前~戦後の社会を諷刺した約100点 画像5 東京国立近代美術館「福沢一郎展」シュルレアリスムの日本先駆者、戦前~戦後の社会を諷刺した約100点 画像6 東京国立近代美術館「福沢一郎展」シュルレアリスムの日本先駆者、戦前~戦後の社会を諷刺した約100点 画像7 東京国立近代美術館「福沢一郎展」シュルレアリスムの日本先駆者、戦前~戦後の社会を諷刺した約100点 画像8

Photos(8枚)

関連ニュース

キーワードから探す

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
〈大阪・京都・兵庫〉関西の美術館&博物館情報 - おすすめ展覧会の開催スケジュール
〈大阪・京都・兵庫〉関西の美術館&博物館情報 - おすすめ展覧会の開催スケジュール
人気の新作コンビニスイーツ&ドリンクを一挙に紹介
人気の新作コンビニスイーツ&ドリンクを一挙に紹介
【映画】2020年 邦画作品を一挙紹介 - 人気漫画の実写化からオリジナルまで注目作が満載
【映画】2020年 邦画作品を一挙紹介 - 人気漫画の実写化からオリジナルまで注目作が満載
<2020年>関西の苺ビュッフェ特集、大阪や京都のホテルで楽しむいちごスイーツ食べ放題
<2020年>関西の苺ビュッフェ特集、大阪や京都のホテルで楽しむいちごスイーツ食べ放題

スケジュール

「リサ・ラーソン展 創作と出会いをめぐる旅」松屋銀座で開催 - 約220点の作品で創作の旅路を辿る
2月23日(日)~3月4日(水)開催
「リサ・ラーソン展 創作と出会いをめぐる旅」松屋銀座で開催 - 約220点の作品で創作の旅路を辿る
「ピーター・ドイグ展」東京国立近代美術館で、イギリスの“画家の中の画家"日本初個展
2月26日(水)~6月14日(日)開催
「ピーター・ドイグ展」東京国立近代美術館で、イギリスの“画家の中の画家"日本初個展
“イタリア現代陶芸の巨匠”ニーノ・カルーソ没後初の大回顧展が京都・岐阜で、作品92点が集結
2月27日(木)~4月12日(日)開催
“イタリア現代陶芸の巨匠”ニーノ・カルーソ没後初の大回顧展が京都・岐阜で、作品92点が集結
ギンザ シックスの吹き抜けアートが吉岡徳仁の新作に、雲をイメージした“光の彫刻”
2月27日(木)~10月下旬開催
ギンザ シックスの吹き抜けアートが吉岡徳仁の新作に、雲をイメージした“光の彫刻”
テクノロジーカルチャーの祭典「MAT」東京都内各所で開催、落合陽一やライゾマティクスらが参加
2月28日(金)~3月8日(日)開催
テクノロジーカルチャーの祭典「MAT」東京都内各所で開催、落合陽一やライゾマティクスらが参加
 スケジュール一覧