ホーム > ニュース > 映画 > 映画『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』主演ジェシカ・チャステインにインタビュー

映画『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』主演ジェシカ・チャステインにインタビュー

映画『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』が2017年12月15日(金)に全国公開される。

第二次世界大戦中の実話

原作は、作家ダイアン・アッカーマンによるノンフィクション「ユダヤ人を救った動物園 ヤンとアントニーナの物語」。第二次世界大戦中のポーランド・ワルシャワで、動物園の園長夫妻ヤンとアントニーナがユダヤ人を動物園に匿い、300名もの命を救った姿を描いた感動の実話だ。

自らの命の危険を冒してでも、ナチス・ドイツに対して勇敢に立ち向かっていった、彼らの強い信念。そして人も動物も母性で包み込むアントニーナの深い愛情。それは絶望の淵へ立たされたユダヤ人たちを勇気づける、大きな希望となった。本当に大切なものを見つめる心、戦争でも奪えない命の輝きを描いた作品となっている。

主演ジェシカ・チャステインにインタビュー

主人公・アントニーナを演じるのは、アカデミー賞作品賞他多くの賞レースにノミネートされた『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェシカ・チャステイン。『女神の見えざる手』や『モリーズ・ゲーム(原題)』など数々の話題作に出演している。『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』では、強さと優しさを兼ね備えた美しい女性を熱演。

そんなジェシカ・チャステインにインタビューを実施。作中での演技についてや、女優として伝えていきたいメッセージを聞くことができた。

動物たちと一緒に生き生きと演技をしている姿が印象的でした。

動物達と仕事をするのは、スピリチュアルな経験でした。アントニーナは全ての生き物が奇跡だと思っていたのですが、彼女の動物との接し方にもその考えが表れています。動物達と心を通わせることで、奇跡的な存在である彼らを称えているんです。

動物達に接するにあたり気を付けたことはありますか。

動物達が安心できる、健康的な環境作りを心掛けました。そのために、動物をコントロールしようとして何かを強制することは絶対にせず、動物がやりたいことに私達人間が合わせていきました。その姿勢が動物達に伝わって、彼らが心地良さそうにしているのが私にもわかりました。

動物たちに合わせるとはどのようなことでしょうか。

例えば、赤ちゃんライオンに哺乳瓶でミルクをあげるシーン。リハーサルでミルクをあげているうちにお腹がいっぱいになってしまって、本番でミルクを飲んでくれなかったんです。そんな状態で哺乳瓶を無理に口に持っていくのは可哀そうですから、ニキ・カーロ監督の提案でお昼寝させてあげた。場面の設定を変更したのです。そうしたら、眠ってくれてうまくいったんです。

動物の触れ合いのシーンは、合成を使っているわけではないのですか?

私と動物が触れ合っているシーンは合成ではありません。例外的に、赤ちゃんの象は、現場では人形を使い、CGで生き物に加工しています。それ以外の、動物と私のシーンは全て実際の動物と一緒に撮影をしています。

赤ちゃんの象は、実は人形だったのですね。

はい。赤ちゃんの象が苦しんでいる場面では、人形を使ったせいで、大人の象のリリーが全然興味を持ってくれなくて(笑)。かなり一緒に時間を過ごしていたから知っていたのですが、リリーは、りんごが大好き。だから、赤ちゃん象の人形の下と私の体にりんごをたくさん隠して、演技をスタートしました。そうすると、リリーはりんごを探そうとして一生懸命鼻を動かしていた。彼女にとっては、ただのゲームだったんですよね。でもお互い安心して演技をすることができました。

“愛”をもって戦うヒーロー

役を選ぶにあたって意識していることはありますか。

自分が見ている世界の中をしっかりと体現しているキャラクターを大切にしています。

今回は過酷な状況の中で勇敢な行動をとった実在の人物を演じました。

アントニーナは、周囲への共感力が素晴らしいですよね。彼女は勇気のあるヒーローではありますが、命を救うために使うツールは、武器ではなく“愛“。映画の典型的なヒーロー像とは異なる、思いやりを持つヒーローである点が、彼女の魅力だと思っています。

過去の役からも、女性だからこそ表現できる、独特なヒーロー像を感じます。

今まで演じてきたキャラクターは、男性社会の中で働いている女性の役が多かったのですが、現実の世界でも女性を取り巻く状況は同じだと考えています。

『ゼロ・ダーク・サーティ』と『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』は方向性が違いますが、どちらも映画で見るようなステレオタイプな女性像とは正反対の女性だと思うのです。女性がこうあるべきだという固定観念は、ある意味映画の影響で出来上がってしまっている側面があると思うので、それは映画の中から変えていけたら良いですね。

『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』の舞台は現代よりも女性の立場が弱かった時代。女性の生き方に関して感じたことはありますか。

作品では、1930年代のリアルなジェンダーが描かれています。映画の前半では、夫が全ての選択をし、妻は従うだけですが、徐々に夫婦間のパワーバランスが変化していきます。私個人は、人間関係は平等であればあるほど、お互いの愛情は強くなっていくと考えているので、アントニーナにとって、夫婦間の関係性が変化していったことは大事なことだったと思います。

女優としてジェシカ・チャステインが伝えていきたいこと

女優をやっていく上での一番のモチベーションは何ですか。

今まで語られていない物語を語ることが一番のモチベーション。また、観客が自分の姿を投影できるような人物を演じたり、作ったりすることです。あとは、演じることで固定概念をなくして、女性達の後押しをしていきたい。それも私にとって重要なことです。

女優として、自分が意見を発信していく力をお持ちだと感じますか。

私も持っていますが、それは誰もが持っている力だと思います。現代において素敵なことは、SNSという情報発信できるプラットフォームが誰にとってもあること。誰もが発言することができます。何か困難なことがあった時に、それがうやむやにならないよう個々が声を上げ続けられることはとても良いこと。過去であれば、問題が起こっても世に出ないまま無視されていたかもしれません。

SNSで女性のためにいろいろな発言をしていますが、きっかけを教えてください。

『ゼロ・ダーク・サーティ』が公開された後に、アメリカ国内で、他のキャストと、私の間で喧嘩があったっていう噂を書かれたんです。フェイクニュースです。すぐにFacebookに、記事は嘘で、彼女とは仲が悪くないということを伝えました。

そもそも映画業界に入ったときは、自分の意見を言うこと自体が恥ずかしかったし、あのような形でメディアを否定するような事を発言するのは「気難しい女優だよね」って言われそうで怖かったのですが、そうやって意見を表明することによって、嘘の噂に振り回されるような存在ではない、ということを認識してもらえたんです。

だから、その出来事以降は、他の女優や、女性達をサポートする意味でも声を上げ続けています。

作品を通したメッセージ

最後に、アントニーナの姿勢を通して、観客に届けたいことは何でしょうか。

アントニーナは権力も無く、有名でもない普通の女性でしたが、愛と思いやりを使うことで300人の命を救いました。彼女が“正しい”と思ったことをするため、また愛のために払った犠牲にはすごくインスピレーションを受けますよね。この作品を見てくださった人達が、そんな「愛」を感じ、刺激を受け、自身も他の人の人生に何か変革をもたらすことができるんだと感じてくれたら、とても嬉しく思います。

『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

【作品詳細】
『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』
公開時期:2017年12月15日(金)、TOHO シネマズ みゆき座他にて
監督:ニキ・カーロ
脚本:アンジェラ・ワークマン
出演:ジェシカ・チャステイン、ヨハン・ヘルデンベルグ、マイケル・マケルハットン、ダニエル・ブリュール
原作:ユダヤ人を救った動物園(亜紀書房)
原題:The Zookeeper’s Wife
©2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

映画『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』主演ジェシカ・チャステインにインタビュー 画像1
映画『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』主演ジェシカ・チャステインにインタビュー 画像2
映画『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』主演ジェシカ・チャステインにインタビュー 画像3
映画『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』主演ジェシカ・チャステインにインタビュー 画像4
映画『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』主演ジェシカ・チャステインにインタビュー 画像5
映画『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』主演ジェシカ・チャステインにインタビュー 画像6
映画『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』主演ジェシカ・チャステインにインタビュー 画像7
映画『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』主演ジェシカ・チャステインにインタビュー 画像8
映画『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』主演ジェシカ・チャステインにインタビュー 画像9
映画『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』主演ジェシカ・チャステインにインタビュー 画像10
映画『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』主演ジェシカ・チャステインにインタビュー 画像11

ニュースデータ

日時:2017-12-07 17:00